あるある:なぜ近代戦シューターは全部同じに見えてしまうのか

2011年1月7日 15:17 by katakori
sp
「FPS」

Medal of HonorシリーズやCall of Dutyシリーズ、Battlefieldシリーズなど、昨今の洋ゲーを大きく牽引してきたシュータージャンルの中でも大きな人気を博しているのが近代戦物だと言えますが、一昨年のModern Warfare 2の大きな成功に続き、昨年のCall of Duty: Black Opsが達成した偉業は最早”これ以上”が存在するのかと疑問を抱くに十分な巨大な物でした。

もとよりゲーム性の面でも完成されたジャンルだと呼ばれる一人称視点のシューターではオリジナリティを出す事はなかなかに難しく、前述の成功タイトル達はその他大勢の死屍累々に立っていると言って過言ではありません。

こういった状況の中で隆盛を極める近代戦ジャンルを見分ける事は難しく、実際に幾つか購入して遊んだ経験のあるシューターファンでもない限り、あらゆるゲームが全部マリオでハードは全てファミコンで括るお母さんが如く”銃で人を撃ち殺すゲーム”に見えてしまう事は確かに否めません。

という事で、前置きが長くなりましたが、海外情報サイトに「なぜ近代戦シューターは全部同じに見えるのか」と題されたインフォグラフィックが登場、ファンからしても確かにあるある……と頷ける以下の様な内容が愉快な描かれています。インフォグラフィックのイメージは続きからご確認下さい。

  • カバーアートはホコリっぽく:銃を下げ、首をかしげ、宙を舞うホコリの中を歩くキャラクター、肩越しにヘリコプターでも飛ばしておけば尚良い
  • 最近流行の敵を選べ:ナチスは古い、ナチゾンビは現実感が乏しいがファンタジー要素を導入するにはばっちり、敵は”悪い奴”であるべきで、テロリストがロシア勢力なら完璧だ
  • 舞台には雪原か山岳地帯を:ゲーマー達はジャングルとヨーロッパの舞台にはもう飽き飽きしている、近頃の現代戦物の軍事衝突を描くにはスノーモービルか山岳地帯を入れとけばOKだ
  • とにかくヘリをもっとだ!:1台飛ばすだけではダメだ、より多くのヘリを飛ばし、クラッシュすれば尚良い
  • メインキャラクター死すべし:とにかくシナリオはショッキングでひねりの効いた物でなければならない、ので、メインキャラクターは死すべしだ

(続きを読む…)

シリーズ最新作「Dawn of War II – Retribution」のコレクターズエディションや各種ボックスアートが公開

2011年1月7日 13:00 by katakori
sp
「Dawn of War II: Retribution」

3月1日にリリースされるDawn of Warシリーズ最新作「Warhammer 40,000: Dawn of War II – Retribution」にコレクターズエディションが登場、さらに大手小売の予約特典やボックスアートが公開されました。

コレクターズエディションはTHQストアのみの取り扱いとなっており、後述の各種族向け予約特典に用意された全ての専用アビリティと装備アイテム、ポスター、6枚の種族カードが同梱され価格は39.99ドルとなっています。

また、Dawn of War II – Retributionではプレイアブルとして登場する種族別の予約特典が用意、Steamにはオルクパックが用意され、ティラニッドパックはTHQストア専用、そしてSpace Marine、Chaos Space Marine、Eldar、Imperial Guardについてはその他のデジタル販売サイトにて利用可能との事で、対象種族向けの専用アビリティと装備アイテムが特典として同梱される模様です。

なお、これら種族別のプレオーダー価格は30ドルとなっており、ローンチ後にはSpace Marine、Chaos Space Marine、Eldar、Imperial Guard向けの特典がSteamにて販売されるとの事。

という事で、以下各種族のボックスアートのご紹介となりますが、これまでのテイストと少し違う様な……そうでも無い様な、実にW40Kらしい仕上がりになっており、特にエルダーとオルクのパッケージアートは色々な意味で必見の仕上がりとなっています。素晴らしい!

「Dawn of War II: Retribution」
エルダーのポーズと色……ださ、もとい、かっこいいwww

(続きを読む…)

2月末から開催されるGDCにて遂に「Thief 4」が公式の場に姿を現す、さらに「Battlefield 3」も登場

2011年1月7日 12:03 by katakori
sp
「Thief 4」 シーフ 4

2月28日から3月4日に掛けて開催される今年のGDCにて、2009年5月のアナウンス以来続報が途絶えていたThiefシリーズ最新作「Thief 4」が遂に姿を現す事となる模様です。

これは昨晩GDC公式サイトにてEidos Montrealのサウンドデザイナー及びオーディオディレクタを務めるPaul Weir氏によるパネル情報が掲載された事から明らかになったもので、パネルのサマリーにはタイトルが公の場で初めて言及される場になる事が記されています。

このパネルはThief 4の開発に利用されているカスタムサウンド生成システム”GRAMPS”について言及される物で、AAAタイトル開発における音場の生成を技術がどのように支援するか議論するという内容。GDCだけにテクニカルな内容が主なテーマとなっていますが、スクリーンショットや映像の登場に期待が高まります。

GDCでは「Battlefield 3」のパネルも開催

また、GDCでは期待のシュータータイトル「Battlefield 3」に関するパネルも開催されるとの事で、DICEのChristina Coffin氏が登壇し、PS3版のBattlefield 3開発におけるSPUベースのディファードシェーディング技法に関するパネルが行われるとの事。シェーダー周りの内容だけにイメージが登場する可能性は非常に高いと考えられ、こちらも続報が楽しみなパネルだと言えそうです。

情報元:VG247

Game Informer2月号の表紙は「The Elder Scrolls V: Skyrim」、謎のルーン文字が掲載

2011年1月7日 11:36 by katakori
sp
「Elder Scrolls V: Skyrim」 エルダースクロール V

先ほどGame Informer2月号にてサイレントヒル新作が発表される事をお伝えしましたが、新たに最新号のアートワークがGame Informerにて公開、特集記事が掲載される「The Elder Scrolls V: Skyrim」のエンブレムと謎のルーン文字がシンプルにレイアウトされたインパクトの高い表紙となっています。

今回の特集記事は14ページに渡るボリュームで、Bethesdaが提供した20以上のスクリーンショットに加え、新しいゲームプレイに関する情報やエンジン、そして物語に関するディテールが掲載されるとの事。

「Elder Scrolls V: Skyrim」 エルダースクロール V

背表紙には謎のルーン文字が

「Elder Scrolls V: Skyrim」 エルダースクロール V

また、今回の表紙には何やら意味深なルーン文字による文章がレイアウトされており、物語に関する重要な情報がここに記載されているとの事。

このルーン文字はアナウンス時に公開されたトレーラー後半に登場した謎の言語による歌と同一の物との事で、Game Informerにはこれを解読する為のヒントが掲載された頁を公開、最新号の発売に向けてファンに対する謎解きを提供しています。

筆者も是非挑戦したいと考えていますが、シリーズのファンの方は是非ご自分の力でSkyrimのストーリー背景に迫ってみては如何でしょうか。

情報元及びイメージ:GameInformer

噂:Edge誌最新号で”Assassin’s Creed”新作発表?Game Informer最新号では未発表の続編タイトルが発表

2011年1月6日 18:28 by katakori
sp
Assassin's Creed アサシンクリード

Edge誌が提供する次号予告のティザーイメージから今月号のEdge誌でUncharted 3が表紙を飾ると見事に言い当てたConnected Consolesが新たにEdge誌最新号で”Assassin’s Creed”の新作が発表されるのではとの予想を発表しました。

これは新たにEdgeから送られて来たイメージからConnected Consolesが予想した物で、イメージにはAssassin’s Creedシリーズでお馴染みのアブスターゴ社のロゴに似たイメージが描かれている事が確認できます。

Assassin’s Creedシリーズについては先日からナンバリング新作がフランス革命を舞台に描かれるとの噂や、第二次世界大戦が舞台やらRTSタイトルがリリースされる等、様々な憶測が飛び交っており、真偽の程が最新号のEdge誌で確認されるか、続報に期待が高まります。

Game Informer最新号では未発表の続編タイトルが発表

さらにお馴染みGame Informer誌でも何らかのアナウンスが用意されている様子で、編集長のAndrew Reiner氏が自身のtwitterにて、未発表の続編タイトルがGame Informer最新号で発表される事を明らかにしています。

また、Game Informer最新号では「Elder Scrolls V: Skyrim」の特集も行われる事で、こちらの続報にも期待!です。

[CES 2011] MicrosoftがテーブルトップPCの新バージョン「Surface 2.0」を発表、大幅な省スペース化を実現

2011年1月6日 18:04 by katakori
sp

本日CES会場で行われたMicrosoftのカンファレンスにて同社のSteven Sinofsky氏がテーブルトップPCの新バージョン「Surface 2.0」のデモンストレーションを行いました。これまでdoope!ではSurface用Dungeons & Dragonsアプリの”SurfaceScapes“(参考リンク:SurfaceScapesその2)やロボットコントロールのデモンストレーションなどでご紹介しましたが、新バージョンの”Surface 2.0″では機能面のみならずテーブルトップPCとしての概念から大きな進化が果たされた驚きのデバイスとなった事が明らかになっています。

これまでテーブルの中にハードウェアとモニタが収められていたSurfaceでしたが、新しいSurface 2.0ではこれまでで最も大きなゴリラグラスとSamsungが開発を手掛けたモニタ”SUR40″を利用する事で非常に薄いデバイスへと形を大きく変容させ、壁に掛け壁面デバイスとして利用するなど、より柔軟な設置が可能なハードウェアとなっています。

また、モニタデバイス自体がカメラの様な機能を果たす”PixelSense”技術を搭載、モニタのピクセルに搭載された赤外線センサーでモニタに接触する物体をスキャンする事で、正確なマルチタッチコントロールを実現するだけでなく、モニタに置いた書類や壁面にかざした書類をスキャンし、Surface 2.0に特定の処理を行わせる事が可能になっています。この機能は今回のデモンストレーションでも行われ、書類に記された本文が正確に解読された事が併記されています。

なお、Surface 2.0はAMDのマルチコアとGPUによって動作しているとの事で、製造はMicrosoftと提携したSamsungが行うとの事。

また、Sinofsky氏はSurface 2.0を得る最初の顧客がロイヤル・バンク・オブ・カナダになる予定である事を明らかにしており、セールスについて十分なポテンシャルを得る為、Surface 2.0は現行モデル(※ 12,500ドル~)よりも安価なデバイスになる予定である事が明かされています。

リリーススケジュールについては言明されていませんが、今後Surface 2.0を利用した更なる技術デモの登場も予想され、今からどのようなイノベーションが実現されるのか、とても楽しみです。

祝:マーベルの父”スタン・リー”御大がハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム入り!

2011年1月6日 16:46 by katakori
sp
「Stan Lee」 スタン・リー
いい笑顔!!!

ハリウッド大通りとヴァイン通り沿いに敷き詰められた2400を超える星形プレートで知られる”ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム”ですが、昨日ハリウッドで今年の殿堂入りを発表するセレモニーが開催、アメリカンコミックの第一人者であり、マーベルの父として知られるコミック原作者スタン・リー氏がハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム入りを果たした事が明らかになりました。

1922年生まれ(大正11年!!)で現在88歳のスタン・リー御大ですが、御大が産んだスパイダーマンやハルク、ファンタスティック・フォー、X-メンの面々達などを含む多くのキャラクターは今も我々ゲーマーやオタクを最前線で牽引するパワフルなキャラクター達ばかりであり、今も勢力的に活動を続けるそのバイタリティには舌を巻くばかりです。

なお、今回のハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム入りについて御大は「この星を実際ここへ敷く方にお礼を申し上げたいのだが、いかんせん彼の名前を知らないのでお礼を伝える事が出来ないんだよ」とコメント、さらに御大は若い頃の思い出話に触れ、同じくカメオ出演好きで知られるヒッチコック監督から「スタン、映画スターになろうと時間を浪費してはいけないよ、そこには競争が多すぎる。カメオ出演するといい」と助言を与えられた事を明かしています。ヒッチコック譲りだったのか……。

なお、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星プレート中央には、受賞者が映画やTV、音楽、ラジオ、演劇へのいずれの貢献を果たしたかがアイコンで記されており、スタン・リー御大は映画部門での殿堂入りを果たした事となります。という事で、これからも御大にはますます元気で活躍して欲しいと心から願うばかりです。

なお、今回のハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにはスポーンのクリエイターであるTodd McFarlane氏も選出されており、こちらもファンには嬉しい殿堂入りとなっています。

情報元及びイメージ:G4

「THQ」がバービー人形で知られる大手玩具メーカー”マテル社”と契約、最新リリーススケジュールも発表

2011年1月6日 13:03 by katakori
sp
「THQ」

ギレルモ・デル・トロ監督との契約や、板垣伴信氏率いるヴァルハラゲームスタジオとの提携など、意欲的な動きを続ける「THQ」が新たにバービー人形やフィッシャープライス等で知られ、ハズブロと並ぶ世界最大手の玩具メーカー”マテル社”とマスターズ・オブ・ザ・ユニバースのゲーム化権利を含む多数年の契約にサインした事が明らかになりました。

アニメやライブアクション、フィギュアなどの展開を順調に続けてきたマスターズ・オブ・ザ・ユニバース(※ 参考リンク:Googleイメージ)のゲーム化も気になる所ですが、THQはマテル社との契約がWii用ペンタブレットのuDrawとPictionaryの展開に大きなポテンシャルを秘めていると記しており、今年のホリデーシーズンに向け、コアゲームだけでなくカジュアル方面への強化を示唆しています。

また、昨晩THQは小売販売店向けに最新のリリーススケジュールを発表、 WWE All-Starsの発売日などが明らかになっています。リリーススケジュールの詳細については以下からご確認下さい。

  • de Blob 2 (DS, PS3, Wii, 360) – 2月22日 (北米)、2月25日 (イギリス)
  • uDraw GameTablet w/uDraw Studio (uDrawゲームタブレット) – 2011年早期
  • Pictionary (uDrawゲームタブレット) – 2011年早期
  • Dood’s Big Adventure (uDrawゲームタブレット) – 2011年早期
  • Dawn of War II: Retribution (PC) – 3月
  • Fantastic Pets (X360 Kinect) – 3月18日
  • Homefront (PC, PS3,360) – 3月8日 (北米)、3月11日 (イギリス)
  • WWE All Stars (PSP, PS3, Wii, 360) – 4月1日
情報元:CVG, VG247

[CES 2011] 2011年の家電市場は前年比10%成長の9640億ドル規模に、CEAのアナリストが予想

2011年1月6日 12:34 by katakori
sp
家電市場

各社の基調講演なども順調に進められ、今年も大量の新サービスや新製品、新情報の発表が行われているCES 2011ですが、昨年の大規模ゲームショーでも感じられた勢いと同様に、今回のCESからもショーとしての質や規模が増している印象を受けます。

そんなCESを運営するCEA(Consumer Electronics Association)が今年の世界的な家電市場の規模について発表、世界経済の成長を倍も上回る10%もの成長を遂げ、9640億ドル規模の市場に成長するとの見解を発表しました。

これはCEAのアナリストSteve Koenig氏が明らかにした物で、景気後退の煽りを受けた2009年の市場規模が7700億ドル規模だった事に対して、2010年の市場がスマートフォンの成功等に起因し13%成長を実現し8730億ドルだったとこれまでの市場を分析。2010年のスマートフォン市場が前年比51%成長を果たしており、CEAは2011年の同市場がさらに59%成長を果たすと分析、さらにモバイルPC市場が26%成長を遂げると見込んでいます。

また、CESは2011年における各地域の成長予測についても言及、北米が15%成長を果たし、ヨーロッパが23%成長、日本は8%の成長を遂げるとの予想を明らかにしています。

なお、ゲームコンソールについては2010年の市場成長が既に飽和状態に近いと分析、大きな伸びは期待出来ないとの予想が明らかにされています。

情報元及びイメージ:VG247

[CES 2011] PC用モーションコントローラー”Sixense”のデモに「Portal 2」とゲイブが登場、驚きの新要素が明らかに

2011年1月6日 12:04 by katakori
sp
アパーチャサイエンス印のキューブ……

先ほどソニーのプレスカンファレンスも無事に終わり、いよいよスタートした世界最大の家電製品トレードショーCES 2011ですが、Intelの基調講演では昨年のCESにも登場したPC用のモーションコントローラー”Sixense”のデモンストレーションが行われ、なんとゲイブも登壇、Sixenseを利用した「Portal 2」のプレイデモが行われました。

プレイが実演されたレベルは未見の物で、映像ではお馴染みのポータルガンにHalf-Life 2に登場したグラビティガン的な機能が追加されており、距離を空けた状態でオブジェクトを移動させ、さらにオブジェクトをトラクタービームで変形させる様子まで収録、本作のゲーム性に大きく影響を与える機能である事は間違い無く、続報に期待が高まります。

また、今回のIntelの基調講演でのPortal 2は本日正式に発表されたGPU機能を内包する第2世代のCore iプロセッサ”Sandy Bridge”で動作しており、第1世代のCore iプロセッサから75%の高速化、C2Dコアからは850%もの高速化が実現されている事が発表、”Sandy Bridge”がLGA1156ソケットと互換性を持っていない事も明らかにされています。

こちらの映像ではモーションコントロールの様子が確認出来ます
今後のPCゲームについてマイクロトランザクションなどビジネス的な展望を語るゲイブ
情報元:Joystiq, CtrlAltKill

Vonderhaar氏が「Call of Duty: Black Ops」の次期パッチに言及、グリップAKやセカンドチャンスにフォーカス

2011年1月6日 11:39 by katakori
sp
「Call of Duty: Black Ops」 コールオブデューティー ブラックオプス

セールスと共にマルチプレイの賑わいも盛況な「Call of Duty: Black Ops」ですが、新たに次期アップデートである1.06以降に調整が加えられる内容についてTreyarchのDavid Vonderhaar氏が公式フォーラムにて言及、遂にグリップ装備のAK74Uへの調整やセカンドチャンスに纏わる調整等に手が入れられる事が明らかになりました。

Vonderhaar氏の投稿によると、Treyarchはグリップを装備したAK74Uのセンタリングが速すぎると感じているとの事で、他の銃でのグリップ装備に従った調整を既に加えたとの事。(※ 1.06で適用予定)また、セカンドチャンス時のキルに十分なクレジットを与える事と、リバイブ時間の延長を考慮している事が記されています。

また、Vonderhaar氏はユーザーから言及される機会が増えているラジコン爆弾”RC-XD”にも言及、TreyarchはRC-XDの最小及び最大ダメージ、ダメージ半径と移動速度を評価しているとの見解を述べ、要求キル数の変更はこの時期には実現可能ではないと語っています。

さらに今後のアップデートはグリッチやチーター、ハッカーにフォーカスした作業が行われる事や、バグfix、接続、パーティとマッチングシステムに纏わる問題に取り組む事を明記しており、今後毎週水曜にVonderhaar氏自ら取り組みに関する内容をblogスタイルで投稿する事に務めると予告しています。

PS3とXbox 360で発生していた移動問題は既に修正

前回のアップデート以降、PS3とXbox 360のマルチプレイにてプレイヤーの移動速度が減少する不具合が発生していましたが、昨日適用されたhotfixにてこの問題が修正されました。これはJosh Olin氏がtwitterにて明らかにした物で、移動速度減少が意図した物では無かったと発言しています。

また、Vonderhaar氏がこれに続けてXbox 360版でまだこの問題が発生する場合はXbox 360本体のバージョンが52.33.43.6であるか確認するよう勧めています。

昨日の海外ゲームニュース注目トピックス(2011/1/6)

2011年1月6日 10:34 by katakori
sp
Electronic Artsの2011年タイトルを纏めたショーリール

「S.T.A.L.K.E.R.: Call of Pripyat」に公式MODツール”X-Ray SDK 0.7″がリリース

2011年1月5日 18:09 by katakori
sp
「S.T.A.L.K.E.R. Call of Pripyat」 ストーカー コール オブ プリピャチ

先日のSteamセールにも登場し、初代オリジナルを含めまだまだ現役のS.T.A.L.K.E.R.シリーズですが、なんと開発を手掛けたGSCが昨年末12月28日にファンに向けたクリスマスプレゼントとして「S.T.A.L.K.E.R.: Call of Pripyat」に対応した公式の開発キット”X-Ray SDK 0.7″をリリースした事を発表しました。(※ ダウンロードはこちらから)

X-Ray SDK 0.7はCoPに利用されているX-Rayエンジンのバージョン1.6に対応した物で、ファイルサイズは457MB、SDKではシングルとマルチプレイ両方のレベルを作製する事が可能ですが、一部ドキュメントは用意されているもののロシア語のみとなっています。

利用方法に関する情報は公式フォーラムにてチェックするのが吉かと思われますが、このリリースが大型MODの更なる推進力となるポテンシャルを秘めている事も十分に予想され、今後の盛り上がりに一層期待が高まります。

情報元:Worthplaying

「Dead Space 2」に前作のセーブデータを利用したアンロック要素が登場、9.5を記録した初レビューも登場

2011年1月5日 17:46 by katakori
sp
「Dead Space 2」 デッドスペース 2

今月25日のリリースが近づくElectronic Artsのシリーズ最新作「Dead Space 2」にて、前作のセーブデータを利用したアンロック要素が用意されている事が明らかになりました。

これはViceralのプログラマーLouis Gascoigne氏がtwitterで明かした物で、オリジナルのプラズマカッターがアンロックされるとの事。なお、前作でのアップグレードが適用された状態では無く、あくまでファンサービス的な扱いではあるものの、前作でプラズマカッター縛りの実績をやり遂げたファンには嬉しいサービスだと言えそうです。

また、リリースに先駈けて北米版OXMでは初のレビューが登場、Dead Space 2のプレイボリュームが非常に長い事に加えて、多量の恐怖とサプライズに満たされていると評価し、9.5という高いスコアを与えています。

個性的なマルチプレイも搭載し、様々な改善が施されたDead Space 2のリリースは1月25日、対応プラットフォームはPS3とXbox 360、PCとなっています。

情報元:Shacknews, CVG

「Steam」12月の利用ユーザー統計調査が発表、XPの世代交代が進む様子が反映された結果に

2011年1月5日 16:28 by katakori
sp
「Steam」

これまでにも何度か興味深い統計結果をお知らせしてきたValveが運営するデジタル流通プラットフォーム「Steam」のユーザー調査ですが、新たに昨年12月の調査結果が発表され、2世代前のOSながら大きなシェアを保っていたWindows XPが徐々に世代交代を迎えつつある事が明らかになりました。

現在Windowsのバージョンで最も普及しているのは”Windows 7 64 bit”で11月から0.78%成長を果たし36.66%を占めており、XPは11月から1%ダウンの25.75%という結果になっています。

つい先日にはDICEのレンダリングアーキテクトを務めるJohan Andersson氏が来る新作”Battlefield 3″で利用されるFrostbite 2エンジンがWindows XPとDX9をサポートせず、64ビットOSが推奨される旨をtwitしており、DX10以上専用タイトルもちらほらと確認される昨今、いよいよOSの世代交代が本格化しはじめた象徴的な調査結果だと言えそうです。

情報元:VG247, VG247

「Bulletstorm」がESRB審査を”M”で通過、EpicのボスMike Capps氏の誰得シャワーシーントレーラーも登場……

2011年1月5日 15:48 by katakori
sp

プロデューサーを務めるTanya Jessen嬢やお馴染みCliffy Bの暴走ぶりが期待感を高めている「Bulletstorm」、People Can Flyの創設者であるAdrian Chmielarz氏はBulletstormについて、”見た目のおバカっぷり”とは違い、実は重厚なストーリーと戦術的なプレイが特徴の真剣なタイトルだと力説するも、身内が側からどんどんイメージを崩していく愉快なプロモーションが進められています。

そんな中、2月22日の北米リリースが近づきESRBのレーティング審査が終了、レーティングは大方の予想通り”Mature”である事が明らかになりました。レーティングサマリーには多彩な性的な表現が盛り込まれている事が相変わらず真面目な表現で記されており、敵の露出した尻を狙うスキルショット”Fire in the Hole”が存在する事が特記されています。馬鹿だ……。

さらに前述のChmielarz氏が泣いて止めてくれと悲しみそうなボンクラトレーラーがに追い打ちを掛ける様に公開、遂にEpicの社長Mike Capps氏が登場し悩ましいシャワーシーンを披露しました。このトレーラーは”Bulletpoints”と名付けられたシリーズ物のトレーラーとの事で、記念すべき1本目としてMike Capps氏に白羽の矢が立った様子で最初からこの状態では全く先が思いやられる頭の痛い内容となっています。

なお、以前にはDevelopが主催するカンファレンスイベントにて、EpicのVPを務めるお馴染みのMark Rein氏が泡風呂でマーカスとマスターチーフのフィギュアで気色の悪いごっこ遊びを楽しむ映像が公開された経緯があり、Epicがいつも楽しそうな理由が解るような、そうでもないような……愉快な映像となっていますので、興味が有る方は是非ご覧になってみて下さい。

という事で、どこへ向かっているのかよく判らないけれどとにかく面白そうではあるBulletstorm、北米リリースは2011年2月22日、期待の国内版は2011年2月24日、対応プラットフォームはPS3とXbox 360、PCとなっています。

情報元:Joystiq, VG247

「Call of Duty: Black Ops」ユーザーベースが2000万に到達、プレイ時間が6億時間を記録

2011年1月5日 12:48 by katakori
sp
「Call of Duty: Black Ops」 コールオブデューティ ブラックオプス

様々な記録を今も伸ばしつつあるTreyarchの「Call of Duty: Black Ops」ですが、また新たなマイルストーンに到達した事が明らかになりました。Activision Blizzardの声明を報じたMTV Multiplayerによると、Call of Duty: Black Opsのプレイ人口が2000万人に到達、なんとゲームの総プレイ時間が6億時間(約6,8500年)を記録したとの事。

これは11月9日のリリースから一日辺り平均1000万時間がプレイされている事を示しており、リリースから4ヶ月で2500万プレイヤー到達が発表されたModern Warfare 2と比べて、Call of Duty: Black Opsがかなりのハイペースで記録を伸ばしている事が窺えます。

お馴染み検証動画のエピソード3が登場、ナイフの凄プレイ映像も

また、お馴染みMythbustersの検証映像のエピソード3も登場、今回は以下の様な内容の真偽が確認されています。

  • 落下死する高さから他のプレイヤーの上に着地する事で生きながらえる事が出来るか
  • トマホークで自殺する事は可能か
  • Mortarsは航空機を破壊する事ができるか
  • ケアパッケージにExplosive Boltを突き刺せるか
  • SAM Turretでの自殺は可能か
  • SAM Turretが壁を撃つ場合はどうか
  • SmokeとGasグレネードは水たまりでも爆発するか
  • Launchマップのロケットは打ち落とす事が出来るのか

さらに今回はBallistic Knifeとトマホークを駆使した凄プレイ映像もご紹介。鬼エイムで静かに的確に敵を無力化していく様子は、もはや”Black Ops”ではない何か別のゲームにも感じられる不思議なプレイ映像となっています。凄い……。

「Red Deadシリーズには多くのアイデアを持っている」Rockstarが発言、PC版リリースの噂も

2011年1月5日 11:55 by katakori
sp
「Red Dead Redemption」 レッド デッド リデンプション

昨年末に行われたVGAのGOTYを得たRockstarの「Red Dead Redemption」ですが、VGA以外のアワードでも様々な賞を受賞し、まさに昨年のゲーム業界を席捲したタイトルとなりました。リリース前にはマカロニウエスタンのタイトルとして苦戦するのではと噂された本作でしたが、予想を覆す大きな成功と今回の受賞は続編の登場に一層期待を抱かせるに十分な結果だったと言えます。

そんな中、Rockstarのプロダクト開発のVPを務めるJeronimo Barrea氏が最新号のOfficial PlayStation Magazineに登場、Red Dead Redemptionが口コミによる大きな成長と成功を収めた事に喜んでいると発言。続編について開発のアイデアが残されているかと尋ねられたBarrea氏は「全てのRockstarタイトルには盛り込まれなかった大量のアイデアが残っている」と今後の展開に関する意欲を明らかにしています。

「Red Dead Redemption」にPC版登場の噂?

これまでPC版のリリースは無いと明言されてきたRed Dead Redemptionですが、ここにきてPC版登場の噂が登場しています。これはゲームの通信販売を行う”World of Games”にPC版のページが掲載された事から噂となっている物で、現在は該当ページが取り下げられたものの予約も可能な状態で公開されていました。

また、World of Games以外にもGameshopMegaHrackyGame Leaderの3サイトでも掲載され予約可能な状態となっていますが、いずれもチェコの販売サイトでの登場に留まっており、今後事実確認が待たれる所です。

情報元:CVG, N4G
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.