年取って変わりすぎ!なキャラクタートップ5

2009年10月13日 18:30 by katakori
sp

私たち現実の人間はみんな歳をとりますが、アニメやゲームのキャラクターと言うのはなかなか歳をとらない物です。サザエさんしかりミッキーしかり。と言う事でキャラクターを敢えて歳を取らせる事で変わってしまったキャラクターのトップ5が1upで発表されました。お約束!と思えるキャラクターからちょっと意外な人もランクインしていて愉快な結果になっています。

■ サム・フィッシャー

Top 5開発が難航してなかなか日の目を見なかった「Splinter Cell: Conviction」ですが、子煩悩だったサムも今回は悲しい事件ですっかり別人に、シリーズのファンとしてはリリースも控えているだけにネタとして笑える変化ではなく、むしろどうなるんだろうと心配するばかりです。

今作では何の迷いも躊躇もなく敵を殺して歩くサム、一体どういう展開がまっているのか今から気がかりです。

(続きを読む…)

11月11日から「World of Warcraft」へのログインはBattle.netアカウントに完全移行、StarCraft IIのベータは近い?

2009年10月13日 17:20 by katakori
sp
WoW

今年に入ってBattle.netの新装により「World of Warcraft」新アカウントへの移行サービスが行われていましたが、今後予定されているBattle.netの大リニューアル等を踏まえて11月11日からWorld of Warcraftへのログインは完全にBattle.netアカウントに移行される事が明らかになりました。すでに公式でのFAQやログイン時のメッセージでも告知されていますので、移行手続きをお忘れ無きようご注意下さい。

このタイミング以降は旧アカウントではWorld of Warcraftへのログインは出来なくなって今します。この移行によってユーザーはゲーム間を横切ってフレンドリストの作成や通信を行う事が可能になります。

さらに海外ではこの動きがStarCraft IIのベータテストの予兆ではないかとの見方もされており、今後の動向に注目が集まっています。

情報元:Slashdot

邪悪可愛らしい&うま……「スーパーマリオ」のお菓子!

2009年10月13日 17:02 by katakori
sp
マリオ

実際に食べられるアートなお菓子を作っているアーティストのアナ・フジさんが作った「スーパーマリオ」のフォンダンに乗せたチョコやキャンディーのキャラクター達、全部うまそうな上に超キュート!当サイトでもマリオをモチーフにした様々なおもしろアイテムを紹介してきましたが、今回のマリオとルイージの顔の邪悪さ、もとい良い顔具合は秀逸です。素晴らしい!

マリオ
情報元及びイメージ:technabob

拡張現実の可愛いペット「EyePet」のリリースはシリーズ化への第一歩

2009年10月13日 16:43 by katakori
sp
かなり手が込んだ作りになっている事が判るEyePetのプレイ動画

ヨーロッパでは今月末、北米では来月のリリースが決定しているPLAYSTATION Eyeを用いて実現されるPS3のAR(拡張現実)ペットゲーム「EyePet」、SCEのLondon Studioが開発を手掛ける意欲的なタイトルですが、London StudioのNic Doucet氏によると今回リリースされるEyePetは今後のフランチャイズ化のスタートで、このIPに基づいた多くのタイトルが今後リリースされる予定にあるとの事です。

このタイプのゲームはやってみないと判らないタイプのタイトルではありますが、既にプレイ動画なども公開されており、思ったよりもかなり臨場感が高く、手の込んだ物になっている事が判ります。これをスタートに今後どの様なゲーム性の物に発展していくのか、ARタイトルがちらほらと見られ始めた昨今、注目のシリーズとなりそうです。

可愛いペットと遊ぶ事が出来るEyePetのリリースはヨーロッパでは10月23日、そして北米では 11月の17日となっています。また、価格はソフト単体がヨーロッパで19.99ユーロ、北米で39.99ドルとなっており、PLAYSTATION Eyeとのセットはそれぞれ29.99ユーロと59.99ドルとなっています。

情報元:VG247, VG247

映画版WoWは「Warcraft: The Rise of the Lich King」に改名、脚本はプライベート・ライアンのロバート・ロダット氏に

2009年10月13日 13:47 by katakori
sp
World of Warcraft

サム・ライミ監督が制作を進めているWorld of Warcraftの映画ですが、先日IMDBのリストからタイトルが「Warcraft: The Rise of the Lich King」に変更された事が明らかになりました。さらにサム・ライミ監督がMTVのインタビューで、スピルバーグ監督の名作プライベート・ライアンの脚本をフランク・ダラボンと共に作り上げ、ローランド・エメリッヒ監督のパトリオットなどでも活躍したロバート・ロダット氏がWarcraft: The Rise of the Lich Kingの脚本を担当している事を明らかにしました。

プロットの作成では既にBlizzardの副社長を務めるChris Metzen氏が担当する事が明らかにされていますが、共同脚本という事になるのでしょうか。その辺りの詳細はまだ明らかにされていません。サム・ライミ監督はロバート・ロダット氏の起用について「私はビデオゲーム映画の経験が無いが、最良のライターと仕事をする事が私のこれに対するアプローチです」と語り、「この最良のライターがロバート・ロダットです」と続けています。インタビューによると映画は可能な限りゲームに忠実な物にしたいとの事。サム・ライミ監督とローランド・エメリッヒ監督の遺伝子が混じり合うとなれば、なかなか興味深い物になると言えそうです。

情報元及びイメージ:Shacknews

セーレムとリオスがまたEAオフィスで……「Army of Two: The 40th Day」のぼんくらプロモーション映像が公開!

2009年10月13日 12:14 by katakori
sp

先日は映画300やWatchmenのスコアを手掛けてきたTyler Bates氏が音楽を担当する事をお知らせした期待の続編「Army of Two: The 40th Day」、以前セーレムとリオスがEAを襲撃する、いや手伝いに来たつもりなのかもしれないとりあえずバカバカしいこの上ないプロモーション映像をご紹介しましたが、先日あらたにセーレムとリオスがEAを襲う映像が公開されました。なんで襲うんだ。

Tyler Bates氏によりさらにドラマチックに生まれ変わり、より広い層にアピールできる作品に生まれ変わりそうな改善と共に、プロモーションの悪ノリとバカバカしさも素晴らしくパワーアップして非常に良い感じのArmy of Twoシリーズ最新作、Army of Two: The 40th Dayは2010年の1月8日にリリース、対応プラットフォームはXbox 360、PS3、PSPとなっています。HELL YEAAAAAAAAHH!

「Epic Mickey」はWii専用タイトルに、そしてミッキーの萌えスケッチ映像が公開!

2009年10月13日 12:00 by katakori
sp

連日お届けしているウォーレン・スペクター氏とJunction Point Studios、そしてDisney Interactive Studiosによる「Epic Mickey」情報、Game Informerの特集記事も早5回目となり、今回はJunction Point Studiosのアーティストによるミッキーのスケッチ映像が公開されました。

ハデス様らしきロボットBeetleworxと対峙するミッキー!これまでEpic Mickeyに登場するミッキーはGame Informer誌の表紙に現れた背中からのショットしか明らかにされていませんが、今回のスケッチのミッキーを見ながらいずれ登場するであろう生まれ変わったミッキーを心待ちにしていたいと思います。さらにこの映像に使われているBGMはEpic Mickeyで実際に使用される楽曲となっています。もう素晴らしいの一言!

さらに先日からWii専用タイトルの表記が外されていましたが、前回の特集記事からこの表記が復活、改めてEpic MickeyがWii専用タイトルである事が明らかにされています

情報元:GameInformer

続報:10月13日のレゴマリオ進捗報告!イベント開催まで残り9日……

2009年10月13日 10:59 by katakori
sp
レゴマリオ
少しずつしかし確実に組み上げられているマリオ

オランダのゲーム情報サイトGAME MANIAとレゴビルダーのDirk Van Haesbroeck氏が22日から開催されるレゴの祭典「LEGO WORLD」に出品するべく作り始めた世界最大のレゴマリオ、さて今日の進捗はいかがでしょうか。

レゴマリオ
マリオのグローブに手を入れて得意気なHaesbroeck氏
レゴマリオ
一気にお腹のあたりまで進行!マリオらしくなってきました。

という事でお腹のあたりまで出来上がり!22日の開催まであと9日、搬送や準備も考えると正味7日と言ったところでしょうか。作品の肝となりそうな顔の制作にどれくらい手間が掛かるのか、想像も及びませんがなかなかハラハラの展開になってきました。無理矢理盛り上げてる感たっぷりですが、果たして世界最大のレゴマリオ、イベント開催に間に合うのか!続報をお楽しみに。

情報元及びイメージ:Game Mania

「Max Payne 3」は現代のフィルム・ノワール、Max Payneに一体何があったのか?

2009年10月12日 21:38 by katakori
sp
Max Payne 3

先日はティザー映像らしき物も発見された「Max Payne 3」、Remedy Entertainmentによって開発された懐かしの名作Max Payneシリーズが新たにRockstar Gamesの手により再生され登場する事になった訳ですが、数年ぶりに私たちの前に姿を現した主役のMax Payne(以下マックス)は、かつてのイケメンぶりはどこへやら、トレードマークだったレザージャケットも脱ぎ去り、頭は禿げ上がり、無精髭を生やして中年太りのだらしない姿となっていました。ファン達には予想外の大きな変化だったと言えます。

先日Game InformerにMax Payne 3のプレビューが掲載され、リリース日が来年の3月1日である事が判明、同タイトルのこれまでのいきさつや舞台背景、新しいストーリーについて、そしてゲームシステムに盛り込まれた多くの新要素など、気になる情報が多く見られます。本日はこのプレビューをダイジェストでご紹介します。

(続きを読む…)

PS3版「Mass Effect 2」はやっぱりリリースされる?ロシア公式サイトでPS3の表記が発見

2009年10月12日 14:54 by katakori
sp
Mass Effect 2

これまでも何度かマルチプラットフォームでのリリースについて噂されていた「Mass Effect 2」ですが、先日ロシアのEA公式サイトのMass Effect 2ページPS3版の表記がされていたことが発見されました(現在はPS3の表記は削除されています)。さらにオーストラリアの販売サイトでも来年発売予定で掲載されており、PS3版はやはり存在するのかと注目を集めています。

Electronic Artsはこの件について「We don’t comment on rumors.:-) 」と発表しノーコメントの意を表しています。今回はソースが公式サイトからの物であるだけに、コメントのにっこりエモートにはどういった意味が込められた物か、続報に期待です。

情報元:VG247

「Dante’s Inferno」の脚本を担当するのは映画チョコレートでアカデミー脚本賞を受賞したWill Rokos氏

2009年10月12日 14:17 by katakori
sp
Dante’s Inferno

Visceral Gamesが開発中の「Dante’s Inferno」ですが、同社は先日Dante’s Infernoの脚本が映画「チョコレート」でアカデミー脚本賞を受賞したWill Rokos氏の手による物である事をプレスリリースで発表しました。Will Rokos氏はこの脚本の製作に対して「それぞれがユニークな地獄の圏を再創造する事は非常にかけがえのない経験だった」と語っています。

映画「チョコレート」はマーク・フォスター監督の出世作で、この作品でアカデミー主演女優賞を受賞したハル・ベリーにとっても一番良かった時期の作品と言えます。邦題のチョコレートというタイトルには少し甘いイメージを描きがちですが、原題は”Monster’s Ball”というタイトルで死刑囚の死刑執行前日に行われる最後の晩餐を示す言葉であり、国内では苦難の状況の中でのラブストーリーとされていますが実際は夢も希望も救いも、本当に何も無いコテコテの南部ゴシック映画です。

Dante’s Infernoの原作である地獄篇は神曲の中でも最も夢も希望もなく、厳しい寓意に満ちた過酷な物である上に、結末も予め約束された物です。Monster’s Ballの骨太な脚本を手掛けたWill Rokos氏による神曲のリメイクというのは、非常に素晴らしい組み合わせではないでしょうか。Dante’s Infernoは2010年の2月9日リリースの予定で、対応プラットフォームはPS3、Xbox 360、PSPとなっています。

情報元およびイメージ:That VideoGame Blog

これは解りやすい!「ストリートファイター」シリーズに登場するキャラクターの出身国分布図!

2009年10月11日 22:56 by katakori
sp
street fighter
画像クリックで元サイズの画像が確認できます

先月にはシリーズ最新作となる「スーパーストリートファイターIV」も発表され、お隣韓国出身のキャラクターも登場する事となったストリートファイターシリーズ。既にキャラクター数もかなりの人数となり大所帯なシリーズとなってきました。という事でGamesradarが歴代ファイター達の出身国を分布図にした壁紙(1920×1080)を制作、意外と忘れていた事や新しい発見があったり、眺めているだけでもかなり楽しい壁紙となっています。

オロ先生ブラジルの人だったのか…とか、そういえばダンは香港の人だった!とか、ああそういえばサガットの片目ってダンのお父さんにやられたんだった……とか。にょほにょほ笑うイングリッドおばあちゃんもしっかりリストに入っていて抜かりがない!Exシリーズとザ・ムービーが忘れ去られてるのが少しだけ残念ですが、むしろ入ってたら見た目に美しくないような気もするのでこれが正しいのかもしれません。

情報元およびイメージ:GamesRadar

え?水中?「Modern Warfare 2」GameTrailers TVのおまけ映像が公開

2009年10月11日 12:46 by katakori
sp

先日大量の情報と共に公開されたGameTrailers TVの映像ですが、さらに収録されなかったExtended Cutが公開されました。この映像ではVince Zampella氏の未収録インタビューが収められており、米英で編成されるナショナルチームのTask Force 141に関する事や、プレイアブルキャラクターとなるGary Sandersonについて、さらにプライス大尉についても言及されていますが、Vince Zampella氏は曖昧な答え。もしかして……本当に登場するのでしょうか?

さらにトレーニングミッションの事、そして大きな物議を呼ぶこととなったワシントンの惨事についても語られ、そしてなんと水中のシーンが存在する事が明らかになりました。水中戦まであるのでしょうか……。後半ではハンス・ジマー氏のスコアに関する事や新しく導入されたテクスチャストリーミング機能によって大幅に映像表現が強化された事などが語られています。

本当にどこまでいっても新情報が尽きないModern Warfare 2、連日doope!でもお伝えしていますが当サイトのModern Warfare 2の記事だけで既に20件を越えてしまいました。非常に大量の情報に溢れかえっておりますので、これまでの情報をご覧になりたい方はサイドバーに用意したModern Warfare 2関連情報一覧へのリンクからご確認下さい。

Infinity Wardが開発を手掛けているModern Warfare 2は11月10日リリースで対応プラットフォームはPCとXbox 360、PS3となっています。そして期待の国内版は12月10日の木曜日にリリースされる事になっています。

「Army of Two: The 40th Day」のスコアはWatchmenや300、Dawn of the Deadを手掛けたTyler Bates氏が担当

2009年10月11日 12:33 by katakori
sp

セーレムとリオスが再び暴れ回るEA Montrealが開発中の続編「Army of Two: The 40th Day」、今作のスコアはなんと映画300やWatchmen、Dawn of the Deadといった作品を手掛けてきたTyler Bates氏が担当する事が明らかにされました。これでドラマチックなArmy of Twoがさらに燃えるタイトルになるのではないでしょうか。

前作での反省点を活かして改善が重ねられているArmy of Twoシリーズ最新作、Army of Two: The 40th Dayは2010年の1月8日にリリース、対応プラットフォームはXbox 360、PS3、PSPとなっています。

情報元:Shacknews

「Dante’s Inferno」の開発ダイアリー第五弾、ANGER:憤怒者の地獄が公開

2009年10月11日 12:14 by katakori
sp

先日プレイヤーが切り裂きジャックとなって悪魔から世界を守るという衝撃的な新タイトル「The Ripper」を発表したVisceral Gamesが開発を進めている「Dante’s Inferno」、地獄の階層を紹介する恒例の開発ダイアリーの新映像が公開、第五圏の憤怒者の地獄が紹介されました。

今回のステージは怒りに我を忘れた者達が集う憤怒者の地獄で、血で満たされたスティージュの沼での戦闘が繰り広げられます。映像ではダンテがHoly Magicを用いて敵をホールドやノックバックでCC(クラウドコントロール)する様子や、武器をスピアに変化させて戦闘する様子が確認できます。パズルステージだった第四圏と一転して戦闘にスポットが当てられたステージになる様です。

残る地獄は最下層のコキュートスあと4階層、一体どんな舞台が待ち構えているのか?
Dante’s Infernoは2010年の2月9日リリースの予定で、対応プラットフォームはPS3、Xbox 360、PSPとなっています。

頭いいな!「Scribblenauts」のマックスウェル君が可愛い女の子に……

2009年10月11日 11:48 by katakori
sp
ウィッグを被ってすっかり女の子なマックスウェルくん
町娘になるマックスウェルくん

「Scribblenauts」のマックスウェル君を女の子に仕立て上げるムービーが公開されました。頭いい!しかも意外にも可愛いらしいのがまたこれ。しかし本当にScribblenautsの遊びの幅が広い事に驚くばかりです。

情報元:GoNintendo

“Dead Center”と”Hard Rain”「Left 4 Dead 2」の新キャンペーンが明らかに!

2009年10月11日 10:33 by katakori
sp
Left 4 Dead 2

これまで明らかにされてきたシングルキャンペーンThe Parish、Swamp Fever、そしてPAX 2009で明らかにされたDark Carnival。シングルキャンペーンは5つあるとされていますが、残りの2つがとうとう姿を現しました。新キャンペーンは“Dead Center”と”Hard Rain”となっており、これで全てのシングルキャンペーンが出揃った事になります。

Left 4 Dead 2

“Dead Center”はとうとうやってきたショッピングモール物!スナイダー版のドーン・オブ・ザ・デッドで発明された「走るゾンビ」が無ければLeft 4 Deadの今の姿は無かったのではないかとも思われる重要なモチーフだけに、ゾンビ物としての強度を増すショッピングモールの登場は本当に嬉しい限りです。

Left 4 Dead 2

“Hard Rain”は「どんな障害が起ころうとも」とサブタイトルが付けられており、背景から察するに舞台はコンビナート的な場所の様子で、ディザスター・ムービーの様な物がイメージされています。

大規模なプロモーションも行われ、先日は新プレイモードも明らかになった期待の続編Left 4 Dead 2、リリースは11月18日、対応プラットフォームはPCとXbox 360となっています。

情報元及びイメージ:Hellforge

大きくパワーアップした「Just Cause 2」のデベロッパーズダイアリーが公開

2009年10月10日 14:42 by katakori
sp

演出から笑うしか無いような派手さなど大きくパワーアップを果たしたAvalanche Studiosの「Just Cause 2」、本編は映画化も決まり今作の出来に注目が集まっています。昨日Just Cause 2のデベロッパーズダイアリーが公開され、主にエンジンの強化について説明されています。

今作で使われているのは内製のAvalanche 2.0で、オープンワールドの構築に更に手が入れられている様子。昼夜のサイクルや嵐や雷、晴天から雪景色まで様々な天候の表現にも対応、そして驚く程遠景まで描写された景観などかなりの強化を果たしている事が解ります。さらに映像の最後では相変わらずのばかばかしい程にど派手なRicoのアクションが見られます。そんなに車とぶわけねえ!

新要素でさらに派手さを増しそうなJust Cause 2、リリースは2010年の予定で対応プラットフォームはPC、Xbox 360、PS3となっています。

sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.