「Bulletstorm」がESRB審査を”M”で通過、EpicのボスMike Capps氏の誰得シャワーシーントレーラーも登場……

2011年1月5日 15:48 by katakori
sp

プロデューサーを務めるTanya Jessen嬢やお馴染みCliffy Bの暴走ぶりが期待感を高めている「Bulletstorm」、People Can Flyの創設者であるAdrian Chmielarz氏はBulletstormについて、”見た目のおバカっぷり”とは違い、実は重厚なストーリーと戦術的なプレイが特徴の真剣なタイトルだと力説するも、身内が側からどんどんイメージを崩していく愉快なプロモーションが進められています。

そんな中、2月22日の北米リリースが近づきESRBのレーティング審査が終了、レーティングは大方の予想通り”Mature”である事が明らかになりました。レーティングサマリーには多彩な性的な表現が盛り込まれている事が相変わらず真面目な表現で記されており、敵の露出した尻を狙うスキルショット”Fire in the Hole”が存在する事が特記されています。馬鹿だ……。

さらに前述のChmielarz氏が泣いて止めてくれと悲しみそうなボンクラトレーラーがに追い打ちを掛ける様に公開、遂にEpicの社長Mike Capps氏が登場し悩ましいシャワーシーンを披露しました。このトレーラーは”Bulletpoints”と名付けられたシリーズ物のトレーラーとの事で、記念すべき1本目としてMike Capps氏に白羽の矢が立った様子で最初からこの状態では全く先が思いやられる頭の痛い内容となっています。

なお、以前にはDevelopが主催するカンファレンスイベントにて、EpicのVPを務めるお馴染みのMark Rein氏が泡風呂でマーカスとマスターチーフのフィギュアで気色の悪いごっこ遊びを楽しむ映像が公開された経緯があり、Epicがいつも楽しそうな理由が解るような、そうでもないような……愉快な映像となっていますので、興味が有る方は是非ご覧になってみて下さい。

という事で、どこへ向かっているのかよく判らないけれどとにかく面白そうではあるBulletstorm、北米リリースは2011年2月22日、期待の国内版は2011年2月24日、対応プラットフォームはPS3とXbox 360、PCとなっています。

情報元:Joystiq, VG247

「Call of Duty: Black Ops」ユーザーベースが2000万に到達、プレイ時間が6億時間を記録

2011年1月5日 12:48 by katakori
sp
「Call of Duty: Black Ops」 コールオブデューティ ブラックオプス

様々な記録を今も伸ばしつつあるTreyarchの「Call of Duty: Black Ops」ですが、また新たなマイルストーンに到達した事が明らかになりました。Activision Blizzardの声明を報じたMTV Multiplayerによると、Call of Duty: Black Opsのプレイ人口が2000万人に到達、なんとゲームの総プレイ時間が6億時間(約6,8500年)を記録したとの事。

これは11月9日のリリースから一日辺り平均1000万時間がプレイされている事を示しており、リリースから4ヶ月で2500万プレイヤー到達が発表されたModern Warfare 2と比べて、Call of Duty: Black Opsがかなりのハイペースで記録を伸ばしている事が窺えます。

お馴染み検証動画のエピソード3が登場、ナイフの凄プレイ映像も

また、お馴染みMythbustersの検証映像のエピソード3も登場、今回は以下の様な内容の真偽が確認されています。

  • 落下死する高さから他のプレイヤーの上に着地する事で生きながらえる事が出来るか
  • トマホークで自殺する事は可能か
  • Mortarsは航空機を破壊する事ができるか
  • ケアパッケージにExplosive Boltを突き刺せるか
  • SAM Turretでの自殺は可能か
  • SAM Turretが壁を撃つ場合はどうか
  • SmokeとGasグレネードは水たまりでも爆発するか
  • Launchマップのロケットは打ち落とす事が出来るのか

さらに今回はBallistic Knifeとトマホークを駆使した凄プレイ映像もご紹介。鬼エイムで静かに的確に敵を無力化していく様子は、もはや”Black Ops”ではない何か別のゲームにも感じられる不思議なプレイ映像となっています。凄い……。

「Red Deadシリーズには多くのアイデアを持っている」Rockstarが発言、PC版リリースの噂も

2011年1月5日 11:55 by katakori
sp
「Red Dead Redemption」 レッド デッド リデンプション

昨年末に行われたVGAのGOTYを得たRockstarの「Red Dead Redemption」ですが、VGA以外のアワードでも様々な賞を受賞し、まさに昨年のゲーム業界を席捲したタイトルとなりました。リリース前にはマカロニウエスタンのタイトルとして苦戦するのではと噂された本作でしたが、予想を覆す大きな成功と今回の受賞は続編の登場に一層期待を抱かせるに十分な結果だったと言えます。

そんな中、Rockstarのプロダクト開発のVPを務めるJeronimo Barrea氏が最新号のOfficial PlayStation Magazineに登場、Red Dead Redemptionが口コミによる大きな成長と成功を収めた事に喜んでいると発言。続編について開発のアイデアが残されているかと尋ねられたBarrea氏は「全てのRockstarタイトルには盛り込まれなかった大量のアイデアが残っている」と今後の展開に関する意欲を明らかにしています。

「Red Dead Redemption」にPC版登場の噂?

これまでPC版のリリースは無いと明言されてきたRed Dead Redemptionですが、ここにきてPC版登場の噂が登場しています。これはゲームの通信販売を行う”World of Games”にPC版のページが掲載された事から噂となっている物で、現在は該当ページが取り下げられたものの予約も可能な状態で公開されていました。

また、World of Games以外にもGameshopMegaHrackyGame Leaderの3サイトでも掲載され予約可能な状態となっていますが、いずれもチェコの販売サイトでの登場に留まっており、今後事実確認が待たれる所です。

情報元:CVG, N4G

マイクロソフトが「CES 2011」での基調講演をFacebookにてストリーミング配信、新サービス発表の噂も

2011年1月5日 11:17 by katakori
sp
「Microsoft」 マイクロソフト

いよいよ1月6日から9日にかけてラスベガスで開催される今年の「CES 2011」ですが、ショーのキックオフを務めるマイクロソフトの基調講演がFacebookのMicrosoft公式ページにてストリーミング配信される事が明らかになりました。

これはお馴染みMajor NelsonことLarry Hryb氏が明らかにしたもので、ストリーミングは東部時間9:30pm、太平洋標準時6:30pm、国内では6日木曜の午前11時半頃から開始されます。

昨年のCES会場ではSteve Ballmer氏がキーノートを行い、IPTVサービスのU-verseやXbox Game Roomの発表、当時は”Project Natal”と呼ばれていたKinect関連の情報や、Halo: Reach、Alan Wake等に関するアナウンスが行われており、今年も何らか大きな発表が控えているのではないでしょうか。

なお、海外情報サイトのGlimpse Dogでは今回の基調講演用の物とされるバックステージの写真が掲載され、Avatar Kinectと名付けられたサービスがアナウンスされるのではないかと噂になっています。

情報元及びイメージ:VG247, VG247

Civilization VのリードデザイナーJon Shafer氏がStardockに移籍、Elemental: War of Magicや新作に取り組む

2011年1月5日 10:41 by katakori
sp
Jon Shafer

昨年末、Civilization Vのリードデザイナーを努めたJon Shafer氏がFiraxisを退社した事が報じられていましたが、本日Jon Shafer氏が”Elemental: War of Magic”やゲームのデジタル流通サービス”Impulse“等を手掛けるStardock Entertainmentに入社した事が明らかになりました。併せて、Tomb Raiderやブレア・ウィッチ・プロジェクトのノベライズを手掛けた小説家のDave Stern氏もStardock入りしたとの事。

Jon Shafer氏の移籍はBig Downloadが行った電話インタビューから明らかになった物で、Firaxisを円満な関係で退社した氏は今後Stardockにて”Elemental: War of Magic”の開発に携わると共に、氏が率いる未発表の新プロジェクトを進めていく事が記されています。

インタビューの中でJon Shafer氏は”自分が作りたかった類のゲームを作る自由”が与えられる企業で働きたかったと語っており、若くしてCiv Vのリードデザイナーという重責を担ったJon Shafer氏の今後に期待が高まります。

なお、昨年の10月にはかつてCiv IVの外部コンサルタントとして活躍し、同タイトルの有名MOD”Fall from Heaven”の開発者として知られるDerek Paxton氏もシニアプロデューサーとしてStardockに入社しており、”Elemental: War of Magic”の新拡張パックは奇しくもDerek Paxton氏とJon Shafer氏が顔を合わせるタイトルとなる事が明らかになりました。

さらに併せて入社が明らかになったSF小説家のDave Stern氏のStardock入りについてはプレスリリースが発表されており、”Elemental: War of Magic”に来る2本の拡張パックに携わる事が明らかにされています。

情報元及びイメージ:VG247, Joystiq

謹賀新年:新年明けましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願いいたします

2011年1月1日 0:10 by katakori
sp
Happy New Year
卯年だ!ラビッツだ!

いつも当サイトをご覧頂き本当にありがとうございます。まずは新年!明けましておめでとうございます。今年は卯年だ!という事でスタッフのokomeによるラビッツイラストから今年はスタートです。

2010年は2月のプチ年末商戦に始まり年末のVGAサプライズまで大作良作が目白押しの素晴らしい一年でしたが、今年のラインアップに並ぶタイトル達を見渡す限り、2011年もまたゲーマー歓喜の素晴らしい一年になる事は間違いなさそうです。doope!もゲーム達のパワーに負けず、より一層有用で楽しいニュースをお届け出来るよう努めて参りますので、どうぞ本年もお引き立ての程よろしくお願いいたします。

なお、新年のニュース更新については5日よりスタート予定となっております。

sp

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.