「Two Worlds II」のとても楽しそうなCo-opプレイ映像を2本ご紹介、iOSではTD系スピンアウトタイトルがリリース

2011年1月13日 16:48 by katakori
sp

当サイトでは開発元のTopWare(及び子会社のReality Pump)とパブリッシャーを務めるSouthPeakの間に起こるトラブルとリリースの混迷を軸にお伝えしている「Two Worlds II」関連のニュースですが、そこに映る愉快な悲喜こもごもと本作の面白さは驚く程に剥離しており、前代未聞の複雑骨折な状況を余所にTwo Worlds IIのゲーム自体は各メディアで高評価を受け、非常に面白いタイトルに仕上がっている事で知られています。

先日は遂にリリーストラブルも年貢の納め時かと思われたイギリス版の発売がまさかの再延期となった事をお伝えしましたが、今日は本作に搭載されたオンラインCo-opの楽しそうなプレイ映像をご紹介。DOS時代から3D黎明期にかけて登場した懐かしいオールドスタイルなファンタジーRPGが今世代に転生したかの様な既視感と、驚く程に美しい世界をモダンな技術で描いた今作の組み合わせは、思わぬ新鮮なRPG体験をもたらしてくれるタイトルに見受けられます。

なお、Ubisoftからリリースされる期待の日本語版は2月17日発売となっています。

iOSではTD系のスピンアウトタイトル「Two Worlds II: Castle Defense」がリリース

「Two Worlds II」 トゥーワールド II

また、突如iOSにてTwo Worlds II関連タイトルがリリースされる事が昨年末にアナウンスされ、タワーディフェンス系のスピンアウトタイトル「Two Worlds II: Castle Defense」が発表、併せて1万ドルの賞金が用意されたハイスコアアタックの大会が開催される事が明らかになり、1月10日まで大会が開催されている事が報じられていました。

しかしアプリはリリースされず……昨日12日付けでiTunesにて無料版「Two Worlds II Castle Defense Lite」がようやく登場、10日に終了する大会はどうなったのか、そしてLiteという事は有料版が存在するのか(現在iTunesでは確認できず)、大会アナウンスのプレスリリースには無料でダウンロード可能との記載も確認でき有料版があるとも考えにくい状態で、相変わらず一筋縄ではいかないTwo Worlds IIの手強さがここでも申し分なく発揮されています。一体何が起こっているんだ……。

「Two Worlds II」 トゥーワールド II
情報元:Co-Optimus, Electronic Theatre, イメージ:Gaming Bits

Jane Jensen氏の新作アドベンチャー「Gray Matter」のPC版が北米リリース決定、登場は2月

2011年1月13日 15:47 by katakori
sp
「Gray Matter」

推理アドベンチャータイトルの傑作Gabriel Knightシリーズを手掛けたJane Jensen氏の新作アドベンチャー「Gray Matter」、これまでドイツ語版のみがPCとXbox 360でリリースされていた本作ですが、ヨーロッパでの発売は決まっていたものの、北米リリースについては言及されていませんでした。(※ 本作の内容については前回の記事をご参考下さい)

そんな中、パブリッシャーを務めるdtp EntertainmentがPC版”Gray Matter”の北米発売を記したプレスリリースを発表、価格は29.99ドルで2月にリリースを迎える事が明らかになりました。なお、北米での流通はViva Mediaが担当するとの事で、Xbox 360版については言及されていません。

これで入手性もアップするか、往年のアドベンチャーファンには嬉しいニュースとなりそうです。

情報元:Shacknews

「L.A. Noire」にGI誌のDan Ryckert記者がカメオ出演、さらにリリース日が近く正式発表!

2011年1月13日 15:33 by katakori
sp
「L.A. Noire」 L.A. ノワール
驚く程にそのまま再現されたGI誌のDan Ryckert記者

以前にGame InformerがRockstar Gamesの最新作「L.A. Noire」の開発の為にオーストラリアに設立されたモーションキャプチャースタジオを訪れ、脅威的なフェイシャルアニメーションのクオリティを世に知らしめた事は記憶に新しいニュースですが、このGame Informerの取材時に同誌のDan Ryckert記者のフェイシャルスキャンが行われており、L.A. Noireにカメオ出演を果たす事がRockstar Gamesの公式サイトにて発表されました。

発表に併せて公開されたイメージにはRyckert記者の実際の写真とキャプチャー時のデータ、ゲームに適用されたキャラクターとしてのイメージが並べられ、これまでのキャラクターとアクター達と同様に文字通り”そのまま”に再現されている事が判ります。

L.A. Noireに利用されているこのキャプチャー技術は”MotionScan”と名付けられた物で、Team Bondiの創設者Brendan McNamara氏の考案した新しいモーションキャプチャー技術の研究プロジェクトから実用に至った物で、2004年からずっとこの研究を続けたTeam Bondiが実際にアクター達を招いてキャプチャーを開始したのが2010年に入ってからの出来事と考えると、これまで長らく続報が途絶えていたL.A. Noireが如何に基礎研究に巨大な労力が費やされた化け物タイトルであるか窺い知る事が出来ます。

L.A. Noireのリリース日発表も間近!

さらに先ほどRockstar Gamesの公式Twitterが本作の公式な発売日が近く発表される事をtwit、発言によると時期は春との事で、7年越しの開発を経て遂にリリースされる本作にはより大きな注目が集まる事となりそうです。

情報元及びイメージ:Rockstar Games, Rockstar Network

リリース直前!「Dead Space 2」の素晴らしいローンチトレーラーが登場、早くも”3″の話題も

2011年1月13日 15:07 by katakori
sp

1月25日のローンチが目前に迫ったVisceralの最新作「Dead Space 2」ですが、本日リリースを控える本作のローンチトレーラーが公開、オリジナルのローンチではSigur Rosの”Untitled 7 (Dauoalagio)”を流し抜群に神々しい雰囲気を醸し出していましたが、今回は一転Smashing Pumpkinsの”Bullet With Butterfly Wings”が流れる最高に上がるトレーラーに仕上がっています。

映像からは前作よりもさらに物語のドラマ的な要素が強化された様子も窺え、前作以上に怖いとも伝えられる今作の仕上がりに大きく期待が高まります。

また、なんと早くも海外では続編”3″に関する話題も登場、Game Informer2月号に掲載されたレビューの引用がMetacriticに掲載されており、”Dead Space 3への思わせ振りな予告が疑問と共に私の頭の中をぐるぐると回っている”と記された内容からはDead Space 2の中に更なる続編への何らかが用意されている事を示唆しているようにも見えます。

恐怖体験と共に一体どんなサプライズが用意されているのか、Dead Space 2のリリースは1月25日、対応プラットフォームはXbox 360とPS3、PCとなっています。

「Dead Space 2」 Dead Space 3 デッドスペース 2
情報元及びイメージ:GamesOnSmash

“Bulletstorm”の開発を手掛けるPeople Can Flyが取り組んでいたサバイバルホラー「Come Midnight」が素敵

2011年1月13日 13:13 by katakori
sp

People Can FlyとEpicが開発を進めている新作”Bulletstorm”、連日Tanya嬢の放送禁止用語連発やEpicのMike Capps社長のシャワーシーン、Cliffy Bの悪乗りなど、前代未聞のバカキャンペーン展開で注目を集めています。(※ もちろんタイトルもそれ以上に楽しそう)

そんな経緯もあって、すっかりカオスなイメージが定着してしまったPeople Can Flyですが、かつて同スタジオが手掛けながらもキャンセルされてしまったXbox 360とPS3向けサバイバルホラー「Come Midnight」の映像が登場、とてもPeople Can Flyの手による物とは信じられない大人な雰囲気に満ちた素敵な映像に仕上がっています。

キャンセルされてしまった事が非常に残念ですが、やはりPeople Can Flyが只のおバカデベロッパでない事は確実な様子。これからのPeople Can Flyの活躍が一層楽しみなニュースでした。

情報元:G4

噂:「Call of Duty: Black Ops」に怪しげなリーク映像が登場、マップパック第2弾の存在が浮上か

2011年1月13日 12:54 by katakori
sp

Xbox 360で先行リリースされるマップパックの第1弾”First Strike”が既にアナウンスされている「Call of Duty: Black Ops」、未だ発表のみで続報が聞こえてこないマップパックに早くも第2弾の存在を示唆するリーク映像が登場しました。

この映像は海外フォーラムに昨年末に登場した物で、オリジナルはActivisionにより直ぐに削除されましたが、その中には”First Strike”でもアナウンスされていないマップ名が数種類確認され、これが第2弾のマップパックに当たる物ではと噂になっています。なお、映像で確認出来るマップ名は以下でご確認下さい。

  • Berlin Wall (First Strikeに登場)
  • Discovery (First Strikeに登場)
  • Kowloon (First Strikeに登場)
  • Stadium (First Strikeに登場)
  • Cargo (未確認、Map Pack 2?)
  • Cubatown (未確認、Map Pack 2?)
  • Hotel (未確認、Map Pack 2?
  • Icebreaker (未確認、Map Pack 2?)
  • Outskirts (未確認、Map Pack 2?)

いずれ映像も非常に粗く、出自もはっきりしておらず真偽の程はかなり怪しい今回のリーク映像、2月1日の”First Strike”リリースも近づいており、そろそろ具体的な続報の登場が待たれる所です。

Twisted Pixelの新作「Ms. Splosion Man」がPAX Eastにプレイアブル展示、未発表タイトルも登場

2011年1月13日 12:40 by katakori
sp
「Ms. Splosion Man」

昨年12月の初めに発表された”Splosion Man”の続編「Ms. Splosion Man」、Comic Jumperでも見られたTwisted Pixelの少しアイロニーなカオスがぎゅっと詰まった楽しそうな期待作ですが、3月の11日から13日にかけて開催されるPAX Eastにてプレイアブル展示される事が明らかになりました。

また、Ms. Splosion Manだけでなく、未発表タイトルもプレイアブルで展示されるとの事で、こちらのタイトルはPAX East開催前に発表が行われるとの事。恐らくこのタイトルはかつてHarmonixでシニアデザイナーを務めていたDan Teasdale氏の新プロジェクトだと考えられ、こちらにも大きく注目が集まる事となりそうです。

なお、国内ではカオスな素性が報じらる機会の少ないTwisted Pixelですが、以前Ms. Splosion Man発表時に行われた同社COOのJosh Bear氏へのインタビューでは、前作との違いについて”Splosion Manにはチ○コがあるけどMs. Splosion Manには以下自粛”や前述のDan Teasdale氏がTwisted Pixelのオフィスでデュラン・デュランの”Hungry Like the Wolf”を熱唱しながらオフィスのモップがけをするのが仕事でアメージングな雑用だ!と発言、時々ゲームのアイデアも持っている様だなどと意味不明な事を並べ立てており、当サイトでしばしばお知らせする愉快な開発者としての面でも注目のデベロッパの1つです。

そんな中、昨晩Twisted Pixelに盗作被害の問題が浮上、カプコンがiPhoneでリリースしたMaXplosionにて目も当てられないSplosion Manからの盗作疑惑が報じられ、Twisted Pixelの開発者達がこれに対しTwitter等で前述のアナーキーさを十二分に発揮するなど、なかなかにカオスな状況となっています。

また以前にはTurbineとTwisted Pixelが共にコンソール向けの未発表MMOを開発している事も明らかになっており、色々と話題に事欠かないTwisted Pixelの動向には色々な意味で注目する必要がありそうです。

情報元:Joystiq

「THQ」のロゴが刷新、ニューヨークイベントで発表

2011年1月13日 11:48 by katakori
sp
「THQ」

「THQ」が本日行ったニューヨークのゲームイベントの公式セレモニーにてコーポレートロゴの刷新を発表(※ 上記イメージ)、THQはこのロゴが企業の視覚的なアイデンティティの拡張を伴う新戦略とクリエイティブのビジョンのコミットメントを反映した物だと説明しました。

THQのCEOを務めるBrian Farrell氏は新しいロゴがイノベーションとクリエイティブの成長による新しいTHQの礎だと表現、トリプルAタイトルと革新性、オリジナルの知的財産、業界トップの才能を有する事でTHQ自体を再定義し続けると同社の今後に強い意欲を表しています。

なお、これまで使われたイタリックなロゴから一転、モダンでかなりシンプルなロゴに変更された新ロゴは2月以降のリリースタイトルから利用され始めるとの事です。

情報元及びイメージ:VG247

板垣氏が率いるValhalla Game Studiosの「Devil’s Third」開発にRelicが技術協力

2011年1月13日 11:20 by katakori
sp
「Valhalla」 「Relic」

本日ニューヨークで開催されたTHQのゲームイベントにて同社のスタジオチーフを務めるDanny Bilson氏が登壇、様々な新情報や発表が明らかになりました。

その中でBilson氏は板垣伴信氏率いるValhalla Game Studiosの処女作「Devil’s Third」に言及、なんと板垣氏とチームの数人がバンクーバーのRericに赴き、Rericのタイトルに使用される技術の共有を視野にいれたパートナーシップを結んだと語りました。

Bilson氏はこの提携が今後両スタジオ間に定期的に技術共有を図る事を意味すると述べ、RelicがDevil’s Thirdの開発にある面で寄与する事、そしてDevil’s ThirdがRelicへの協力を行う事も意味すると示唆し、Warhammer 40,000: Space Marine等の新作や今後のタイトルでの協力の可能性さえ感じさせるインパクトの高いニュースとなっています。

とかく洋ゲーと日本ゲームの境界と技術的な差に注目が集まり大きな議論が交わされる昨今、今回の様な意欲的な技術交換を以てValhallaには全てをふっとばす様な素晴らしいタイトルを完成させて欲しい所。いずれメカメカしい忍者が日本刀持ってオルクやスペースマリーン達と戦う様な事態になったら燃える!

情報元及びイメージ:Joystiq

巨額の開発費を投じ、開発中止となったUTV Ignitionの「Reich」がなんと復活へ

2011年1月13日 10:58 by katakori
sp
昨年11月に登場した「Reich」のリーク動画

WarDevilの開発とIgnitionロンドンスタジオの閉鎖騒動が皮切りとなった一連のすったもんだから明らかになったFPSタイトル「Reich」、一説には2300万ドル以上の開発費が投じられたともされながら、一部スタッフによる使い込みの問題等、金銭的に不透明な状況を経て終ぞプロジェクトは頓挫してしまった事が報じられていました。

そんな中、UTV Ignitionが北米のオースティンオフィスとUTV True Gamesの統合を発表、そのプレスリリースの中から前述のReichがなんと開発ラインに復活した事が明らかになりました。

プレスリリースによると今回発表された統合に併せてオースティンに開発人員を新たに雇用し、内部の開発チームを編成、この新チームがReichの成果物(以前のリークによると9レベル中2レベルが完成)を利用して開発を進めるとの事。これがそのままReichとして制作が続けられるのか詳細は現在の所明らかにされていません。

WarDevilの件も含め、類を見ないアクロバティックな展開を見せるUTV Ignitionですが、今後の動向が楽しみです。

情報元:Joystiq

コンソール進出を迎える「S.T.A.L.K.E.R. 2」の公式Q&Aが公開、PCへの注力を言明

2011年1月12日 18:39 by katakori
sp
「S.T.A.L.K.E.R. 2」 ストーカー 2

先日は遂に新バージョンのMODツールX-Ray SDK 0.7がリリースされ、ロシアではGSCによるTVシリーズ化も発表、依然として強い人気を誇るS.T.A.L.K.E.R.シリーズですが、やはり大本命はマルチプラットフォームタイトルとしてリリースされる予定のナンバリング新作「S.T.A.L.K.E.R. 2」である事は間違いありません。

次回作のクエストアイデアコンテストの開催や、GSCによる内製の新エンジンで開発が進められている事が明らかにされていた程度で、具体的な情報がなかなか報じられない状況が続いていた本作ですが、遂にFacebookの公式ページにてファンと開発チームの間で交わされた質疑応答が公開され、いくつかの具体的な情報が明らかになりました。

S.T.A.L.K.E.R.シリーズと言えば泣く子も黙るようなハードコアタイトルとしてカルト的な人気を博している事が知られており、やはりファンとしては続編がマルチプラットフォーム化するとあって、そのクオリティやカジュアル化などが気になる所、Q&Aではそのあたりの気になるポイントにも言及されています。

Q:S.T.A.L.K.E.R. 2と前シリーズと大きな差があるとすればどんな事?

A:S.T.A.L.K.E.R.2では新しいストーリー、幾人かの古いキャラクターと共に新しいキャラクターがセットされ、もちろん新しいエンジンで駆動する事になります

Q:S.T.A.L.K.E.R. 2には前作よりも多くのサバイバル要素がある?

A:イエス

Q:マルチプラットフォーム化によってPC版から削除されたり損なわれる要素はある?

A:GSCはこれまで主にPCで開発を進めてきたので、PC版で何らかの妥協を見る事はないでしょう。PC版とコンソール版の間に見られる重要な違いはグラフィックスになり、PC版ではさらなるVFX効果が提示されます

Q:NPC達に新しい類のインタラクションは用意されますか?

A:これはどういう意味でしょう、これに答える事は少し難しいようです

Q:SidorovichはS.T.A.L.K.E.R. 2に登場する?

A:これに対する答え差し控えます

Q:党派間の争いは再び登場する?

A:ノー

Q:PC版のインターフェースがコンソール対応の為に使い辛い物になったりしない?

A:いずれもノー

Q:新しいミュータントは登場する?

A:イエス

Q:登場する武器の量はどれくらい?

A:この時点で量的な情報を提示するのは難しいね

Q:Zoneにはどんな場所が登場する?というかそもそもZoneが舞台?

A:GSCではCNPP(※ オリジナルでモノリスが存在していた場所)と、チェルノブイリの街、そしてChernobyl-2エリア(壁上の巨大なアンテナが特徴的な地域:最後に参考動画を掲載)のトライアングルをゲームの舞台としてセットする予定です

Q:Zoneは単一の巨大エリアになる?

A:この質問への回答は先延ばしにしましょう

Q:S.T.A.L.K.E.R. 2はDX11をサポートする?

A:イエス

Q:X-Labや秘密の地下施設はもっと登場するかな?

A:イエス

Q:GSCはCoPでNimbleが役目を果たした武器の調達システムを拡張する?もしくは多くの武器を登場させたり、スペシャリストのZone外からの輸入品なんかでプレイヤーによる武器カスタムを拡張する?

A:GSCはこの質問に対して、いくつか興味深いアイデアを用意してるよ

Q:アーティファクトを変化させる様な要素は登場する?

A:ノー、だけどアーティファクトの要素は拡張するよ

以上、派閥間の争いが無くなる事がしれっと明らかになり、いくつかの質問は曖昧にされていますが、タイトルのリリースを重ねる毎に確実に洗練されている事は間違い無いシリーズであり、質問の内容からもPC版への期待が大きい事はGSCも重々承知しているだろう様子が窺え、今後の続報にますます注目が集まる所です。

なお、前述の新エリアとして語られたChernobyl-2エリアについてはGoogleマップで既存のエリアとの相対的な位置が判るイメージとエリアの映像を掲載しました。ゲーム内で地理的に正しいスケール或いは位置で登場するとは限りませんが、CoPよりもかなり広くなりそうな雰囲気が感じられます。

「S.T.A.L.K.E.R. 2」 ストーカー 2
情報元及びイメージ:VG247, facebook

UbisoftがPC版「Assassin’s Creed: Brotherhood」について”PCはまだ重要なプラットフォーム”と言及

2011年1月12日 17:24 by katakori
sp
「Assassin's Creed: Brotherhood」 アサシン クリード ブラザーフッド

既にコンソール版がリリース済みのAssassin’s Creedシリーズ最新作「Assassin’s Creed: Brotherhood」ですが、これまでもリリースされてきたPC版に関する具体的なアナウンスはまだ明らかにされておらず、2011年会計年度のQ1リリースの予定とされています。

そんな中、Ubisoftのイギリスマーケティングを率いるMurray Pannell氏がCVGに対してPC版Assassin’s Creed: Brotherhoodの進捗に言及、現在PC版が開発ライン上にあり、非常に見栄えが良い状態にあると語りました。さらにUbisoftにとってPCは明確にフランチャイズの為の重要なプラットフォームだと発言、具体的な続報の発表が近いと語っています。

前作Assassin’s Creed IIではDLC2本が同梱され、最終章手前のエピソードも通してプレイできる完全版としてリリースされた経緯があるだけに、今回の改善要素にも期待したい所です。

情報元:CVG

ブロック泥棒をキュートに描いたLEGOの短編映像「The Brick Thief」が超クオリティ

2011年1月12日 17:05 by katakori
sp

これはLEGOが先月公開したプロモーション用の新作短編映像「The Brick Thief」、ストップモーションによる独特の手作り感と併せて、非常にフリーキーなテイストながらも驚く程にハッピーでポップな映像に仕上がっています。

見覚えのある方も多いかと思われるこの映像は昨年公開され話題となった短編作品”CL!CK“と連なる作品ですが、アイデアやキュートさ、そして文脈的にも進化がはっきりと感じられ、この博士らしき人物の次のシリーズ作品が今から楽しみです。

なお、本作品の制作を手掛けたのはサンフランシスコのPereira & O’Dell、ディレクションはKash Sree氏が担当しており、VFXはサンタモニカのa52 visual effectが手掛けています。

「Borderlands」に更なる新コンテンツが登場か、GearboxのRandy Pitchford氏が明言

2011年1月12日 16:36 by katakori
sp
「Borderlands」 ボーダーランズ

Duke Nukem ForeverとAliens: Colonial Marinesの開発を進めているGearboxですが、同スタジオの名を一躍注目デベロッパに押し上げたヒット作「Borderlands」にもまだ新しいコンテンツが用意されている事が明らかになりました。

これはNowGamerのインタビューに応じたGearboxのボスRandy Pitchford氏が明らかにしたもので、Borderlandsフランチャイズの将来に問われた氏は”GearboxがBorderlandsを愛している”と述べ、これまで4番目のDLCとしてリリースされたClaptrap’s New Robot Revolutionが最後のDLCとなると語っていたものの「結局のところそうではなくなった」と、過去の発言を笑い飛ばしています。

加えてPitchford氏は新しい何らかが具体的に動いている事を示唆していますが、これが新作を指すのか、新しいDLC展開が用意されているのか、はたまた拡張パックでも計画されているのか、詳細は明らかにされていません。

第3弾DLCのThe Secret Armory of General Knoxxに比べて最後のDLCはファンからの評価も今一つだっただけに、高レベル帯でやることが無くなりがちなBorderlandsのプレイ性が拡張されるような新コンテンツの登場は多くのファンが望む所です。先日にはAliens: Colonial Marinesが2011年にリリースされない事も明らかになっており、未発表新作や今回のBorderlands新コンテンツに関する正式なアナウンスに大きく期待が高まります。

情報元:Co-Optimus

4月に開催されるアブダビ首長国でのComic-Conに「Batman: Arkham City」が出展か

2011年1月12日 16:15 by katakori
sp
「Batman: Arkham City」 バットマン アーカムシティ

昨年末に行われたVGAでは遂にヒューゴ・ストレンジ教授が登場した「Batman: Arkham City」、まだ多くの謎に包まれつつも、Rocksteadyによる圧倒的な作品作りに多くのファンから期待が寄せられています。

なかなか正式な続報が登場しないBatman: Arkham Cityですが、4月にアブダビ首長国にて行われる中東初のComic-Con(正式なイベント名は”Middle East Film & Comic Con”)に出展される事が明らかになりました。これはアブダビでのComic-ConにWarner Brothers GamesがBatman: Arkham Cityの出店登録を行ったと運営を担当するMEFCCが語った事から判明したもので、現状ではRocksteady或いはワーナーの確認は取れていません。

一先ずArkham Cityの新情報登場の可能性と共に、中東で行われるComic-Conが一体どのような物になるのか、非常に興味深いニュースではありますが、アブダビ首長国ではサディヤット島にて超先進的な大規模リゾート開発が進められており、フェラーリのテーマパークやグッゲンハイム美術館など多くの注目施設が登場する事で知られています。なかなかピンとこない中東でのオタクイベントの続報にも注目です。

新しいコンセプトアートが登場

「Batman: Arkham City」 バットマン アーカムシティ

先日、Batman: Arkham Cityの公式Facebookにて一枚の新しいコンセプトアートが登場、新要素等が確認できる物ではありませんが、Arkham Cityを一望するバットマンの姿が印象的に描かれています。さらに、OPMに掲載されたArkham Cityの記事からインゲームでのバットマンの姿がしっかりと映されたイメージが登場しています。

「Batman: Arkham City」 バットマン アーカムシティ

続報:”Champions Online”が1月2に本無料プレイへと移行、正式タイトルが「Champions Online: Free-for-All」に

2011年1月12日 15:35 by katakori
sp
「Champions Online: Free-for-All」

昨年の10月に基本無料プレイへの移行がアナウンスされたCrypticの”Champions Online”ですが、本日移行スケジュールが発表され、1月25日から基本無料プレイへと移行し、タイトルが「Champions Online: Free-for-All」に変更される事が明らかになりました。

Champions Online: Free-for-Allのサービス開始以降には有料コンテンツとして”Adventure Packs”と名付けられた14.99ドルの追加コンテンツが用意されています。

近年フリーミアムへの移行が目立つMMO界隈ですが、Dungeons and Dragons OnlineとLord of the Rings Onlineを運営するTurbineを筆頭に業績が大きくアップする報告が行われており、現在R.A.サルバトーレ氏の新Neverwinter3部作を原作にした新作”Neverwinter”の開発を進めているCrypticの動向には注目する必要がありそうです。

情報元及びイメージ:Joystiq

1996年にリリースされたRemedyの初タイトル「Death Rally」がiOSで復活

2011年1月12日 12:40 by katakori
sp

昨年は遂に悲願のAlan Wakeローンチを果たし、Time誌の2010年ベストタイトルに輝くなど、高く評価されながらもセールスに苦戦したRemedyですが、かつて1996年にリリースされたRemedyの処女作「Death Rally」(※ 販売は3D Realms)がiOSで復活する事が明らかになり、プレイ映像が確認できるトレーラーが公開されました。

Remedyによると今作はオリジナルよりも”大きく、強力で、邪悪”との事で、リリースは2011年3月の予定、価格はまだ明らかにされていません。

Alan Wake続編に強い意欲を見せているものの、未だ次回作に関する具体的な動きは見られないRemedyですが、まさかのDeath Rally復活は嬉しいながら、やはりコンソールやPCでの新作登場に期待したい所。頑張れRemedy!

情報元:VG247

北米セールスも好調な「Just Dance 2」のセールスが500万本を突破、Ubisoftが発表

2011年1月12日 12:23 by katakori
sp
「Just Dance 2」 ジャストダンス 2

イギリスを始め、ヨーロッパで脅威的なロングランヒットとなった前作Just Danceですが、昨年10月にリリースされた続編「Just Dance 2」のセールスも非常に好調で、遂に500万セールスを超えた事がUbisoftから発表されました。

またUbisoftは前作Just Danceが2009年11月のリリース以降、GfK Chart Trackによる英セールスチャートに45週に渡ってトップ10入りを果たし、フランスのセールスチャートでも42週に渡ってトップ15タイトル入りしている事を明らかにしています。

ヨーロッパ人気のイメージが強い本シリーズですが、北米Amazonの動向を確認(1月12日現在)してみると”Just Dance 2″が北米ベストセラーの一位に選ばれており、”Just Dance”が12位にランクイン、18位にも”Just Dance Kids”が登場しており、どうやら北米でもしっかりと人気が出始めている様子が窺えます。

この好調に米任天堂のボスReggie Fils-Aime氏はJust Dance 2の強力な業績について、独立したパブリッシャーがWiiで達成できるポテンシャルのパーフェクトな例だとコメントしています。

もはや社会現象とも呼んでも過言ではないロングランと好調なセールスを達成するJust Danceシリーズ、音楽ゲームの衰退が叫ばれる中、今後どのような動きを見せる事になるのか、さらなる注目が必要なようです。

情報元及びイメージ:VG247
sp

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.