XBLAに「Crazy Taxi」や「Quake Arena Arcade」そして「Sonic Adventure」?大量未発表タイトルがリーク

2010年4月19日 12:20 by katakori
sp

UPDATE:4月19日12:20

下記のリストに掲載したThe King of Fighters 2001 Unlimited Matchは情報元のミスで、正しくは既にアナウンス済みの「The King of Fighters 2002 Unlimited Match」を指しています。読者の方からご報告頂きました、ありがとうございます。

※ 以下、アップデート前の本文となります。

Xbox Live Arcade XBLA

昨晩、開発者向けのテスト用Liveである”PartnerNet”のスクリーンショットや未発表タイトルの内容が海外情報サイトにてリークされ、その中からドリームキャストでリリースされたかつての名作などが含まれる未発表タイトルが大量に流出しています。

その内容はこれまで当サイトでも何度か復活のをお届けしてきたソニックシリーズの名作「Sonic Adventure」(ソニックアドベンチャーDX)や、懐かしいクレイジータクシー!そしてすでにQuake Liveにそっくりな「Quake Arena Arcade」が含まれる驚きの内容となっています。リークされたタイトルのリストは次の様になっています。

  • Metal Slug XX(メタルスラッグXX)
  • NeoGeo Battle Coliseum(ネオジオバトルコロシアム)
  • Sonic Adventure(ソニックアドベンチャーDX)
  • The King of Fighters 2001 Unlimited Match(※情報元のミスで、正しくは2002のリメイク)
  • Quake Arena Arcade
  • Bali Card Game
  • Doom 2 Arcade Version
  • Crazy Taxi(クレイジータクシー)
Xbox Live Arcade XBLA

■ Sonic Adventure

「Sonic Adventure」 Xbox Live Arcade XBLA

ソニックアドベンチャーDXはかつてドリームキャストでリリースされた後、ディレクターズカット版としてゲームキューブにも移植された名作です。昨年の夏にオーストラリアのレーティング機関に登録された事が発見されていましたが、いよいよ登場が近いのでしょうか。すでに動画もリークされています。

■ Crazy Taxi

「Crazy Taxi」 Xbox Live Arcade XBLA

クレイジータクシーはドリームキャストの超名作タイトルで、その名の通り本気でクレイジーなドライブゲームです。

「Crazy Taxi」 Xbox Live Arcade XBLA

■ Quake Arena Arcade

「Quake Arena Arcade」 Xbox Live Arcade XBLA

Quake Arena Arcadeはすでに昨年からその存在が確認されていたものの、リリース時期等については未だ明らかにされていませんでした。今回リークされた内容からは今作が16人対戦をサポートし、オリジナルのQuakeIII: Arenaと拡張パックとしてリリースされたQuakeIII: Team Arenaのそれぞれから40種のマップが含まれている事が明らかにされています。

「Quake Arena Arcade」 Xbox Live Arcade XBLA
情報元:CVG, Xboxic, イメージ:All Games Beta, All Games Beta

いやいくらなんでもそれは……HipHopの大予言、MGS PW2がPS3で、そして鉄拳にタッグモードが帰ってくる

2010年4月19日 12:02 by katakori
sp
今回の映像は90分……たっぷりすぎる!そしていつものサムネ詐欺www

ほんとにいつも愉快なニュースと調子はずれのラップ(風)で楽しませてくれるHipHopGamerShowのおっちゃんですが、今回はまたどこ情報だよ!という自分発信な大予言をぶちかましています。ご紹介しておいて言うのもなんですが、内容が内容なのでこの記事の主旨はおっちゃんを愛でる事だとご理解下さい。大予言はおっちゃんを楽しむための具みたいなもんです。

と、思わず前置きをしっかりしてしまう程の今回の爆弾大予言は……なんと発売を目前に控えた小島監督のシリーズ最新作メタルギア ソリッド ピースウォーカーの”2″がPS3で登場する(4:00辺りから)……ちょ!おっちゃんいくらなんでもwwwww

さらにおっちゃんは鉄拳にタッグモードが帰ってくると予言(25:00辺りから)……ほんとかいな!いやでもタッグトーナメントは真の名作、もし本当ならこれは歓喜。

さて、今回も本当に愉快だったHipHopGamerShow、この他には遂にThe Testerの勝者となったCyrus氏が登場しインタビューが行われています。しかしおっちゃん割とプチ当たりするから怖い……。

情報元:HipHopGamer

著作権侵害:「スーパーストリートファイターIV」が発売前に流出

2010年4月19日 11:03 by katakori
sp
「スーパーストリートファイターIV」 Super Street Fighter IV

PCやXbox 360、携帯コンソールなどを中心に、深刻な著作権侵害が問題化している近年ですが、なんとリリースを1週間後に控える「スーパーストリートファイターIV」が早くも流出してしまった事が明らかになりました。Forza 3やSplinter Cell: Convictionなど様々なタイトルがこういった被害にあっていますが、被害の拡大はますます広がっている様にも感じます。

なお今回は既に流出元が調査により判明しているそうで、なんとベルギーのトーナメント優勝者がその出所となっているそうです。

近年過度なDRM等での不具合などが大きく問題になる事が見受けられますが、この不毛ないたちごっこが終わる事はないのでしょうか。誰よりもそのタイトルに愛着が大きいであろう大会優勝者がその出所という今回のショッキングなニュースの奥には一層深い闇が広がっている様に思えてなりません。

情報元:Underground Hype

2006年以降の年末商戦の急成長が一目で判る各プラットフォームの売り上げチャート

2010年4月17日 18:34 by katakori
sp
「コンソール」

昨年末はModern Warfare 2が歴史的なメガローンチを達成し、ホリデーシーズン商戦はかなり賑やかな物となりましたが、実際にこの盛り上がりは気のせいではなく、2006年以降かなり大きな成長を年々重ねてきた物である事がConceivablyTechの調査から明らかになりました。

この図からは例年明らかに各コンソールともホリデーシーズンの売り上げが増大している事が見て取れ、特にWiiの急成長ぶりには目を見張る物があります。確かに2008~2009年のホリデーシーズン間は売り上げ台数が落ちており、任天堂失速かとニュースで多く見られた事も記憶に新しいものの、昨年末のホリデーシーズンの急成長は前年の2倍近くにも達しており、PS3とXbox 360の比較的穏やかな成長率に比べて圧倒的な底力の強さを見せつけています。

昨年末あたりからPS3が大きく力を付けている様子も見受けられる昨今、今年のホリデーシーズンは一体どんな規模の動きが見られる事になるのか、モーションコントローラーの出揃いなども含めて動向には要注目のようです。

情報元及びイメージ:Destructoid

オーストラリアのレーティング問題が2分で判る解説映像!

2010年4月17日 18:14 by katakori
sp

昨年10月に起こったModern Warfare 2のレーティング再審査の動きから当サイトでは追ってお知らせしてきたオーストラリアの18歳以上レーティングクラスの新設に関する問題ですが、現在は現状に理解を示す新しい司法長官が登場し、事態が改善する方向に大きく期待が持たれています。

そんなオーストラリアのレーティング問題が2分でわかるまとめ映像が登場、解説音声は英語ですが図を見るだけでも非常に判りやすく作られており、これを見れば大体の流れが掴めるようになっています。

情報元:GoNintendo

Crytekはモーションコントロール対応に本気!MoveとNatalの両方と親密に計画を進めている

2010年4月17日 17:28 by katakori
sp
「Crysis 2」 Crytek

いよいよコンソール市場に殴り込みを掛けるCrytek、Crysis 2の登場と共に様々な新しい動きを見せ始めている同社ですが、CryEngine 3が新たにPlaystation MoveとNatalの両方を含めたモーションコントロールへの対応を果たす事がCrytekのボスCevat Yerli氏から明らかにされました。

Yerli氏は守秘義務から詳しい事は明かせないとしながらも、Crytekがソニーとマイクロソフトと共に非常に親密な仕事を進めていると発言しています。

先月中頃にはCrytek UK(Free Radicalチーム)が米国特許商標庁に「Self Defense」というタイトルを商標登録した事が発見されており、これがモーションコントロール対応のタイトルではないかとまことしやかに噂されています。

さらに事業開発の長であるCarl Jones氏はCrytekが3D立体視へも大きく興味を持っている事を明らかにしています。氏は「FPSタイトルでの遠近感はゲームを変える力があるもので、ゲームをもっと楽しくします」と発言しています。すでに先月初めにはCryEngine 3がPC向けにStereoscopic方式の3D立体視に対応する事は明らかにされており、今回のJones氏の発言はPS3の3D立体視出力を視野に入れた物であるのか気になるところです。

NDA解禁で一体何が飛び出す事になるのか、Crytekによるフィットネスタイトルという冗談の様な噂が本当に実現する事になるのか続報が楽しみです。

情報元及びイメージ:VG247

マルチプレイベータの新要素がたっぷり見られるGTTVの「Halo: Reach」特集が公開!

2010年4月17日 17:03 by katakori
sp

5月3日からのベータテスト開催を控え、新登場のマルチプレイモードなど新しい情報が出始めている「Halo: Reach」、今週のGTTVでは大々的に特集が組まれ、つい先ほど公開されました。かなりスピーディで縦の動きも激しくなったHalo: Reachのマルチプレイの様子がたっぷりと収められています!

映像では先日登場が明らかになったヘッドハンター、ストックパイル、ジェネレーターディフェンス、インベイションをプレイしている様子なども収められており、スカルを落とす様子や、エリートとの戦闘、ビークルでの戦闘など様々な新要素が収められています。さらに新要素である背後からのアサシネーションやArmorアビリティ発動の様子、復活時の装備を選択できるオプションが動作している様子も確認できます。

しかし何より想像をはるかに越えてマルチプレイが面白そう!Bungieはアルファテストのビルドからベータに向けて大きく調整や改善をしている事も報告しており、ベータテスト開催後からのブラッシュアップなども考えると一体どんな凄いタイトルとして完成するのか……今から本当に楽しみです。

GRINのBionic Commandoチームが再結成、新スタジオ「Might&Delight」がオープン

2010年4月17日 16:19 by katakori
sp
「Might&Delight」 「GRIN」

かつてリリースされたBionic CommandoやTerminator Salvationの不振からあえなくスタジオ閉鎖の道を辿ったGRIN、同スタジオではファイナルファンタジーシリーズのスピンアウトタイトルなども開発されていたとの事で、閉鎖後も大きく注目を集めていました。

GRINでTerminator Salvationのリードプログラマーを務めていたPeter Bjorklund氏が元スタッフと共に新スタジオ「Outbreak Studios」を立ち上げたとの続報はありましたが、GRIN本体のその後はまだ明らかになっていないまま時間が過ぎていました。そんな中とうとうBionic Commandoチームが中心になった新スタジオ「Might&Delight」が立ち上げられた事が明らかになりました。

同スタジオは古き良き80年代にフォーカスを当てた開発を行っていくそうで、昨日ストックホルムにスタジオをオープンしました。プレスリリースには「私たちの志は私たちが再編成して始めた事を続けていく事です」と記されており、小さく、新鮮で、昔の学校の様な香りのするゲーム達を作りたいとの旨が記されています。

GRINでの失敗がどのように活かされるか、技術力は確かな物があったBionic Commandoチームの今後がとても楽しみです。

情報元及びイメージ:Joystiq

これは……!「Halo: Reach」の鮮やかな空中アサシネーション!

2010年4月17日 15:25 by katakori
sp

本日GTTVでの特集でまた新たな映像や情報が登場しそうな「Halo: Reach」ですが、公式blogにてQuicktime VR 用いて作られた超クールな空中戦映像が公開されました。上記の映像はこれをキャプチャーした映像ですが、リンク先のQVR版は自在に回転・拡大が可能になっていますので、是非そちらで穴があくまでご堪能下さい。

こんなプレイが実際に楽しめるのか、まだ夢想するしかありませんが、FPSらしくないというか格ゲーかよ!とツッコミたくなるこんなシーンが登場する程Halo: Reachの懐は深い!と考えてマルチプレイベータの開始を待っていたいと思います。楽しみ!

より遊びやすく、手強く!「Red Dead Redemption」にカジュアルとエキスパートの2つの難易度が登場

2010年4月17日 15:05 by katakori
sp
「Red Dead Redemption」 レッドデッドリデンプション

楽しそうなマルチプレイの様子なども登場しはじめたRockstarの次回作「Red Dead Redemption」、今作はウェスタン物という比較的ニッチなタイトルでありながらも、これまで以上に幅広い層にアピール出来そうな大きな魅力に溢れたタイトルになっています。そんな本作にカジュアルとエキスパートの難易度選択が登場する事が公式blogから明らかになりました。

Rockstarタイトルと言えば圧倒的なボリューム感で有名ですが、Grand Theft Auto IVでは売れた本数に対してエンディングに到達している人の率が非常に少ない事がDLCの販売数に影響している等のニュースも報じられるなど、Rockstarも”遊びやすさ”と言う物をいつも以上に意識している事は間違いなさそうです。

今回新たに登場する事となった二つの難易度ではゲームプレイに次の様な変更が加えられる事になります。

・カジュアルモード:フルオートの照準システムを搭載、体力回復も早い
・ノーマルモード:照準は敵にスナップ
・エキスパートモード:照準に対する補正は無く、ロックオンも無し

これまでのオープンワールドタイトルには難易度調整が無かったことから、多くのプレイヤーにとって嬉しい新要素だと感じますが、これが成功するかどうかはRockstarも予想できていないそうで、公式blogでは「みなさんが各オプションで遊んで、どう感じるか確かめる事に大きな興味を持っています」と発言しています。

汚いおっさん、美しい野生動物、広大な自然、決闘!沢山の魅力的なあれこれが詰まった「Red Dead Redemption」、リリースは北米で5月18日、それ以外の地域では5月21日となっており、対応プラットフォームはPS3とXbox 360となっています。

情報元:Joystiq

これは素晴らしいリックの肉体美「スプラッターハウス」の秀逸なトレーラーが登場!

2010年4月17日 14:41 by katakori
sp

開発がBottlerocketからナムコ・バンダイの社内チームへと移行され、まぁほんとに血糊だらけのぐっちょぐっちゃに生まれ変わった新生「スプラッターハウス」、やっぱこうじゃないと!という素晴らしいスクリーンショットに期待が高まっていましたが、Gametrailersにいよいよ動くリック君がたっぷり見られる映像が登場しました。

神々しいオペラに乗せスローモーションでたっぷり描かれるリック君のモーションは本当に豊かで、しかも良い意味でB級な判ってる感じがありありと溢れていて本当に素晴らしい物になっています。スタンディングオベーション!そして映像の終わりにはプレイのスピード感が判るゲーム内の映像もしっかり登場、ど派手でスピード感溢れるプレイの様子や、リックの新しい攻撃方法などがちらっと映し出されており、期待以上の復活タイトルになりそうな予感に溢れています。楽しみ!

お疲れ様でした!サービスが終了した初代Liveでの「Halo 2」驚愕の統計結果

2010年4月17日 12:51 by katakori
sp
「Halo 2」

つい先日とうとうその幕を下ろすこととなった初代Xbox Liveのサービスですが、2004年の登場以来「Halo 2」はXbox 360登場以降も多くのファンから愛されプレイされて来ました。先日のサービス終了ではBungieからのお別れメッセージも登場するなど、いかに本作が多くの人達に愛されて来たかが判る幕引きとなりました。

そんなHalo 2のLive上でのプレイに関する統計結果が明らかになり、人気の程を物語る物凄い数値が明らかになりました。その内容は次の様になっています。

  • ゲストを含まないプレイヤー総数:660万3900人
  • 死亡者の数:367億8483万7266人(地球の総人口のおよそ5.5倍)
  • アシスト数:104億2255万
  • マルチプレイの時間:5万6991年、時間換算で4億9957万2153時間
  • キャンペーンのプレイ時間:2万6950年、時間換算で2億3623万9574時間
  • 結成されたクランの数:865万3124団体
  • 8人以上が所属するクランの数:6万8868団体
  • 16人以上が所属するクランの数:1万6725団体
  • バンハンマーが振られた回数(同プレイヤーの複数使用を除く):54万8479回

もうなんというか開いた口が塞がらない数字が書き並べられていますが、これがやはりHaloシリーズの底力を表している物と感じます。初代Xboxの時代からこれだけプレイされてきた事を考えると本当に遊んだ方も作った方も感無量と言った所でしょうか。Halo 2の大往生、お美事にござりまする。

情報元:Xbox Evolved, イメージ:Flickr

David Jaffe氏の新作はやはりTwisted Metalか?プロットボードやLinkedInから新たな情報が登場

2010年4月17日 12:04 by katakori
sp
「Twisted Metal: Harbor City Outed」 「Twisted Metal」

God of WarシリーズとTwisted Metalシリーズの生みの親として知られるDavid Jaffe氏、多くの開発者やファンからリスペクトを受ける人気クリエーターですが、現在は自身が立ち上げたEat, Sleep, PlayでTwisted Metalの最新作を手掛けていると”噂”されています。先日からいくつかDavid Jaffe氏がTwisted Metalを手掛けているらしき情報が登場し、最新作への期待がさらに高まっています。

「Twisted Metal: Harbor City Outed」 「Twisted Metal」

先日David Jaffe氏がサンディエゴのSony Cinematicsのオフィスへ赴き、次回作のストーリーラインについてプロットボードに書き表し打ち合わせを行っている様子を自身のBlogで公開しました。イメージは非常に小さな物ですが、ここにはTwisted Metalに登場するバイクに似たイメージが描かれ、Sweet Toothらしきキャラクターのあからさまに口が塗りつぶされた図などが確認できます。

「Twisted Metal: Harbor City Outed」 「Twisted Metal」

さらにSCEAでシニアシネマティックプロデューサーを努め、InFamousやResistance 2などの映像を手掛けてきたJeffrey Vargas氏のLinkedInのプロフィールに”Twisted Metal Harbor City (Research & Development) – PS3“の文字が発見されています。

Harbor Cityと言うと、2001年にPS2でリリースされたTwisted Metal: Blackの続編として公式には発表されないままキャンセルされたTwisted Metal Black: Harbor Cityがかつて存在していた事から、Twisted Metal: Blackの完全版とも噂されたHarbor Cityが復活という事になるのかもしれません。

「Twisted Metal: Harbor City Outed」 「Twisted Metal」
「Twisted Metal: Harbor City Outed」 「Twisted Metal」
情報元及びイメージ:PlayStation LifeStyle

Bungieが”E3でビッグな計画”を準備している事が明らかに、さらに「Halo: Reach」の新しいスクリーンショットも登場

2010年4月17日 11:06 by okome
sp
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ
いいスカル!

先ほど、Valveが今年のE3前夜にプレス向けのイベントを準備しているとのニュースをお伝えしましたが、各社共にE3に向けての準備を着々と行っているようです。昨日「Halo: Reach」のオフィシャルブログにおいて、同作のクリエイティブディレクターを務めるMarcus Lehto氏がHalo Reachに関する”E3でのビッグな計画“が存在する事を明らかにしました。なお計画の詳細などは判っていません。Bungieがどのようなサプライズを用意しているのか、E3を楽しみに待ちたいと思います。

さらに、先日明らかになったマルチプレイに登場する4つのモードに関する新たなスクリーンショットも公開、新モードの内容を判りやすく表したイメージになっています。

「Halo: Reach」 ヘイローリーチ
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ
痛い痛いwww
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ
クロークはこんな感じらしい、これは熱そう
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ
エリートつええええええ
情報元及びイメージ:CVG, onPause

コード必要無し!「Ghost Recon: Future Soldier」のマルチプレイベータへの参加方法が明らかに

2010年4月17日 10:48 by katakori
sp
「Ghost Recon: Future Soldier」

先日海外版のSplinter Cell: Convictionの購入者が「Ghost Recon: Future Soldier」のマルチプレイベータテストにアクセス可能になるニュースをお伝えしましたが、昨晩その参加方法が明らかになりました。アクセスコードが要求される事が多いクローズドベータテストへのアクセス権ですが、なんと本作はコード無しで参加できる事が判りました。

今回のマルチプレイベータのプログラムはXbox Liveから直接ダウンロードする事になり、ダッシュボードのGames Libraryからプレイが可能になります。このダウンロードについて前述の通りベータコードなどは必要ありません。近年きつめの中古対策などが良く見受けられますが、これにより中古での購入などでも簡単にベータテストに参加する事ができるようになります。

但し、今回のベータテストクライアントには起動回数に制限が設けられており、規定の回数をプレイするとそれ以降は利用できなくなります。なお、この回数については具体的な数字は明らかになっていません。しかし、これまで見られなかったユニークな今回のこの方法、これによって多くの人がベータテストに参加でき、かつサーバの負荷もコントロールしやすい物になりそうです。

情報元及びイメージ:VG247

「Gran Turismo 5」はプロローグとは全く異なる物になる、山内氏が発言

2010年4月17日 10:13 by katakori
sp
「Gran Turismo 5」 グランツーリスモ 5 GT5

海外のゲーム情報紙PSM3が「Gran Turismo 5」を開発中の山内氏にインタビューを行いました。その中で山内氏はGran Turismo 5におけるプロローグからの大きなパワーアップについてアピール、次のような発言をしています。

「プロローグは本当にプロローグに過ぎません。プロローグとフルバージョンの見た目やフィーリングは似た物ですが、フルバージョンはスケールや多様性の面からすると総合的に全く違うものになるでしょう」

確かにプロローグの70台に対して登場車種が1000台を越えるとも噂されるGran Turismo 5、多くのゲームモードや最近の大量のリーク映像などから判明している新要素など、数えればキリがない程のパワーアップが図られている事は間違いありません。本当に登場が楽しみな本作ですが……恐らく多くのユーザーがこう思っている筈、「凄いのは判った。で……俺等はいつ遊べるんだ!」

情報元:gtplanet

ValveがE3でプレス向けの「Portal 2」イベントを開催、6月14日のE3前夜にリーガルシアターにて

2010年4月17日 9:52 by katakori
sp
「Portal 2」

先月開催されたGDC 2010において我等がゲイブはパイオニア賞を受賞しましたが、その受賞スピーチ中にGLaDOSが会場をジャック、E3まで休止状態に入るとメッセージを残しました。これでE3で「Portal 2」に関する何らかの発表が行われるだろうと予想されていた訳ですが、昨晩この予告が現実の物となりました。

現在Valveはプレス向けに招待状を発送しており、その招待状からE3開催前日の6月14日夜にロサンゼルスのリーガルシアターでイベントが行われる事が明らかになりました。イベントの内容については、全く明らかになっていませんが、E3前夜という事できっとイベントを勢いづける様なサプライズが用意されているのではないでしょうか。

情報元:Joystiq

最新版Google Earthに再現されたニューヨークの街並み、リアルシムシティ!

2010年4月16日 18:38 by katakori
sp

この映像はGoogle Earthの最新版にニューヨーク市内の五つの行政区が立体化されたものです。どうやらストリートビューを組み合わせて作られたと思われるニューヨークの街並みは想像をはるかに越えるリアル!なんというか時代の進化は凄いもんだ……と改めて実感しました。

情報元:Google LatLong
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその124
「4コマ:千里眼」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.