VGAの翌日12月12日にソニーが新たなPS3独占タイトルを発表

2010年11月20日 12:14 by katakori
sp
Sony VGA

昨晩ソニーが12月12日に新たなPS3専用タイトルの発表を行う事が明らかになりました。この発表の前日にはGOTYの選出や多くの発表が行われるSpikeのVGAが開催されており、VGA翌日のタイミングで独占タイトル発表という事で、かなり大きなタイトルではないかと予想されます。

海外メディアではいよいよ”Uncharted 3″登場かとも話題を集めており、正式な発表が待たれる所です。

情報元及びイメージ:Joystiq

PC版「Call of Duty: Black Ops」にもマルチとシングル共に新パッチが適用

2010年11月20日 12:04 by katakori
sp
「Call of Duty: Black Ops」コール オブ デューティ ブラックオプス

PS3とXbox 360版の「Call of Duty: Black Ops」に新たに適用されたパッチの詳細をお知らせしたばかりですが、つい先ほどPC版にもパッチがリリースされ、シングルとマルチ共にバグfixや改善が行われた事が明らかになりました。

PS3とXbox 360に適用された足音と銃声周りの改善登場には至りませんでしたが、サーバブラウザの待ち時間に関する改善が施されプレイが快適になっています。それぞれのパッチ詳細は以下からご確認下さい。

■ マルチプレイパッチ詳細

  • CPUパフォーマンスの更なる改善
  • サーバブラウザのバグ修正とリスト表示の速度改善、完全なリフレッシュの頻度を低下させた
  • 99人以上のフレンドを持つプレイヤーがスコアボードを閲覧する際のクラッシュを修正
  • shift-TAB押しでSteamオーバーレイを表示した後にADS(Aiming Down the Sight:サイトの覗き込み)がロックされる問題を修正
  • スナイプ時に発生するシフトキー押下時のADSを修正(注記:シフトキーを押しながらスナイプ可能になりました)

■ シングル及びゾンビモードパッチ詳細

  • CPUパフォーマンスの改善
  • ゾンビモードのマッチメイキング機能を改善
  • shift-TAB押しでSteamオーバーレイを表示した後にADSがロックされる問題を修正
  • スナイプ時に発生するシフトキー押下時のADSを修正(注記:シフトキーを押しながらスナイプ可能になりました)

プレイヤーの傾向や戦績が確認できる「Marvel vs. Capcom 3」ライセンスカードの詳細が発表

2010年11月20日 11:35 by katakori
sp
「Marvel vs. Capcom 3」「Marvel Vs Capcom 3: Fate of Two Worlds」 マーヴル VS. カプコン 3 フェイト オブ トゥー ワールド

ついにDLCによる追加キャラクターの存在も明らかになった「Marvel vs. Capcom 3」ですが、昨晩Capcom-Unityにてプレイヤーの勝敗やプレイスタイルの傾向を示すライセンスカードの詳細が発表、さらにミッションモードと名付けられたトレーニングが行える新モードの登場が明らかになりました。

このライセンスカードはオンラインマッチスタート時に対戦相手も確認可能な物で、プレイヤーの勝敗データを始め、プレイヤーポイントの表示、安定性・基本攻撃・基本防御・高度な攻撃・高度な防御の5カテゴリの分類でプレイヤー特性が分析され、プレイヤーの好きなキャラクターなども確認出来る内容となっています。

またライセンスカードにはストリートファイターIVで採用されたアイコン及びタイトルシステムも利用可能である事が明らかにされています。

ストリートファイターIVで築きあげたマルチプレイ機能も十分に盛り込み、ますます楽しみなMarvel vs. Capcom 3、リリースは2011年2月15日、対応プラットフォームはXbox 360とPS3となっています。

「Marvel vs. Capcom 3」
「Marvel vs. Capcom 3」
「Marvel vs. Capcom 3」
「Marvel vs. Capcom 3」
「Marvel vs. Capcom 3」
情報元及びイメージ:CAPCOM-UNITY

Xbox 360とPS3版「Call of Duty: Black Ops」に更なる新修正パッチが適用、リスポーンとナイフの問題が改善

2010年11月20日 11:10 by katakori
sp
「Call of Duty: Black Ops」 コール オブ デューティ ブラックオプス

昨日18日にリリースされた多くの修正項目を含むXbox 360とPS3版「Call of Duty: Black Ops」のパッチ詳細をお知らせしましたが、昨晩さらに新たな修正パッチが登場、適用される項目は少ないながらも問題視されていたマルチプレイでのリスポーン周りや、ナイフによる近接攻撃の範囲縮小が実験的に盛り込まれるなど、ゲームプレイに大きく影響する内容となっています。

パッチの詳細は以下からご確認下さい。なお、丁度先ほどPC版にもパッチがリリースされました。こちらの詳細も判り次第改めてお知らせいたします。

  • 特定のゲームイベントで危険がクリアされていない場所での復活が行われていたスポーンシステムの改善:これまでいくつかのマッチでは不利なポイントへのスポーンフラグが立っていた
  • ナイフの攻撃範囲を若干減少:これは実験的な変更となります
  • Combat Trainingでのプレステージに関するグリッチの防止

昨日の海外ゲームニュース注目トピックス(2010/11/20)

2010年11月20日 10:37 by katakori
sp
指輪物語テーマのアクションタイトル「The Lord of the Rings: War in the North」の新トレーラー

GOG.comが「The Witcher 2: Assassins of Kings」をDRMフリーで発売へ、この他リリースされる3エディションも発表

2010年11月19日 19:14 by katakori
sp
「The Witcher 2: Assassins of Kings」 ウィッチャー 2

先日リリースが5月17日に決定し、豪華な限定版も発表されたCD Projektのシリーズ最新作「The Witcher 2: Assassins of Kings」ですが、本日CD Projekt REDが行ったプレスカンファレンスにて同社が運営するデジタル販売プラットフォームのGOG.comでもThe Witcher 2の販売を行う事が明らかになりました。

以前、当初パブリッシャーを務めるとされたナムコとDRM絡みで意見の相違が見られた経緯もあるCD Projektですが、なんとGOGでの販売は意志を自ら証明するかの用にDRMフリーで販売を行い、プレオーダーの10%オフ、そして以下の4タイトル”Gothic 2 Gold”、”Realms of Arkania 1+2″、”Realms of Arkania 3″、”Divine DivinityとBeyond Divinity”から1つ好きなタイトルが得られる特典を用意しているとの事。

また、GOG版はその他のGOG取り扱いタイトルと同様にフォーラム用のアバターイメージ、壁紙、CD Projektのスタジオツアー写真などの特典がさらに追加されます。

なお、 詳細は不明ながら、最終的にナムコはヨーロッパでのパブリッシャーを務める事は無かった様で、CD Projekt自身がヨーロッパの販売を手掛け、北米はAtari、ロシアでは1Cがパブリッシャーを担当する事が明らかになっています。

コンソール版が頓挫した上に、このご時世にCD Projekt……大丈夫なのか。ナムコとの件では”厳しい”DRMを採用するつもりは無いと発言していたCD Projektですが、まさか完全なノーガードでローンチに挑むとは思いも及びませんでした。

The Witcher 2: Assassins of Kingsは3エディション発売へ

「The Witcher 2: Assassins of Kings」 ウィッチャー 2

今回のプレスカンファレンスではこの他、販売形態も正式に発表され、先日Gamestopで明らかになったコレクターズエディション、デジタル販売用プレミアムエディション、小売りのプレミアムエディションの3種が用意されている事が明らかになりました。

小売りのプレミアムエディションは所謂通常版の扱いで、なんと先日明らかになったコレクターズエディションに含まれるインゲームアイテムDLC、メイキングDVD、サウンドトラック、世界地図、ゲームガイド、マニュアル、パンフレット、2種類のペーパークラフトフィギュア、Temerianのコインを含み49.95ドル/34.95英ポンド/49.95ユーロとなっています……通常版なのかこれ。

デジタル販売用プレミアムエディションは上記のTemerianのコイン以外の特典を全てデジタル化した物で、すでにSteamでは予約受付も開始されました。

そしてコレクターズエディションはさらにゲラルトの彫刻やアートブックが用意された先日お知らせ済みの物となります。

さらに小売業者毎に違うプレオーダー特典も用意、特典の詳細は今後改めて発表されるとの事ですが、アメリカとドイツのGameStop、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツのAmazon、HMVなど多くの業者の取り扱いが控えているそうで、特典の例としてスーツや秘密の商人、Finisher Packといった物が紹介されています。

という事で、なんというか本当に大丈夫なのか逆に心配になってくる程に太っ腹で向こう見ずなCD Projekt、今後の開発とブラッシュアップが無事に仕上がり、この意気が多くのゲーマーに届いてセールスが成功する事を望んで止みません。

せめて出来る事としてリリースまでThe Witcher 2がどのようなタイトルに仕上がるのか、当サイトでは可能な限り情報を紹介する事でCD Projektを応援したいと思います。頑張れ……頑張れCD Projekt!

情報元:VG247, VG247

ポルトガルのSeed Studiosが手掛けるPS3用RTSタイトル「Under Siege」のイントロトレーラーが公開

2010年11月19日 18:21 by katakori
sp

ポルトガルのSeed StudiosがPS3用のダウンロードタイトルとして開発を進めているRTSタイトル「Under Siege」のイントロトレーラーがEUのPS Blogにて公開されました。

Under Siegeはシングルキャンペーンとローカル/オンラインで可能なマルチプレイを擁し、マップ作成と共有を可能にするインゲームのエディタを搭載、モーションコントローラーであるPS Moveにも対応し、ビデオ/ボイスチャットをサポート、スクリーンショットの撮影やプレイの録画、カスタムミュージックのサポートなど非常に意欲的な内容を含むタイトルとなっています。

公開されたトレーラーにはあまりこれまで見た事が無い様なテイストのデザインが施されたクリーチャーや可愛らしいキャラクターなどが登場しており、どんなタイトルなのか気になる魅力を持っています。

Under Siegeのリリースは12月予定で、価格は14.99ユーロとなっています。なお、公式サイトもオープンしており、ヒーローユニットや戦闘ユニット、世界観などの解説が行われています。

プレイ映像
インゲームのマップエディタ解説映像
「Under Siege」
「Under Siege」
「Under Siege」
情報元及びイメージ:Under Siege, VG247

スクウェア・エニックスがヨーロッパで「Army Corps of Hell」を商標登録

2010年11月19日 18:01 by katakori
sp
「Army Corps of Hell」

今月16日にスクウェア・エニックスが欧州共同体商標意匠庁(OHIM)にて「Army Corps of Hell」を商標登録した事が明らかになりました。

Army Corps of Hellを訳すと”地獄の軍団”という事になりますが、今一つ完全なタイトルとしてはピンとこないこの名前、○○: Army Corps of Hellといった何らかのフランチャイズのサフィックスといった可能性も拭えません。

これまで当サイトでお知らせしてきた過去のスクウェア・エニックスによるOHIMへの商標登録はGun LocoタクティクスオウガDeus Ex: Human Revolutionマインドジャックなど、いずれもさほど時間をおかずに正式発表が行われており、登場がそう遠くない可能性も十分に考えられそうです。

情報元:Siliconera

ロン・ギルバートが1991年「Monkey Island 2: LeChuck’s Revenge」開発時のバグチェックリストを公開

2010年11月19日 17:47 by katakori
sp
「Monkey Island 2: LeChuck's Revenge」

先日遂に朋友ティム・シェーファー率いるDouble Fineに腰を落ち着けたロン・ギルバート、かつてのルーカスアーツによるアドベンチャーゲームの黄金時代を担った2人がコンビを組む素敵な移籍となったわけですが、何やら新プロジェクトを進めていると伝えられていますが、まだまだ発表などは先の様子。

かつてルーカスアーツでマニアックマンションや今も続くMonkey Islandシリーズと言った名作?アドベンチャーを手掛けてきたロン・ギルバートが自身のblogで「Monkey Island 2: LeChuck’s Revenge」の開発を進めていた1991年12月10日に作成されたバグリポート様の用紙を公開しました。

公開された用紙は2枚で、Bugのタイプや詳細、コメントなどと共にA/B/Cの段階に分類された危険度が記されています。この中にはガイブラシ君がLeChuckの下着を無限に掴む事が出来るバグが記され、カテゴリ”B”と分類されている事や、Cカテゴリに分類されるマティーニを注いだグラスが空に見えるなどの軽い物も記載されています。

このドキュメントは数週間前にロン・ギルバートが本棚を整理していた所、見覚えのないバインダーから偶然発見された物で、ロンは”なんでこんな物を取っておいたのかさっぱり判らん”と述べ、Steve Purcellが手掛けたMonkey Islandのコンセプトアートほど素敵な物でもないしなぁと言いつつ、ドキュメントを公開しています。

しかし、もう20年も前から続くシリーズのどうとない一枚には大きな歴史や資料的な意義が籠もり、何より今のロン・ギルバート、ティム・シェーファー、そしてTelltaleで今も活躍し2人とも仲の良いデイブ・グロスマン、3人の足跡を生々しく残す貴重な物だと言えそうです。

「Monkey Island 2: LeChuck's Revenge」
情報元及びイメージ:Joystiq, Grumpy Gamer

“Red Dead Redemption”のゾンビ拡張パック「Undead Nightmare」のサントラがリリース、RDRの限定版レコードも!

2010年11月19日 17:06 by katakori
sp
「Red Dead Redemption」 レッドデッドリデンプション

DLCとしては既にリリースされ、11月23日のパッケージ販売も迫る”Red Dead Redemption”のゾンビ拡張パック「Undead Nightmare」のサウンドトラックがパッケージリリースと同じ11月23日にiTuneを始めとしたデジタル音楽販売サービスでリリースされる事が明らかになりました。

さらに、本日Rockstarが運営する商品サイトRockstar WarehouseにてRed Dead Redemptionのオリジナルサウンドトラックのレコード盤が販売開始されました。楽曲はレコード2枚に収められており、見開きの迫力あるジャケットに赤色の半透明レコードはファン垂涎のコレクターアイテムでは無いでしょうか。

価格は14.99ドル、限定生産となっているので、気になる方は早めの入手をお勧めします。

情報元及びイメージ:In Flex We Trust, Rockstar Games, Rockstar Games

PS3とXbox 360版「Call of Duty: Black Ops」が多くの修正を施したアップデートを実施

2010年11月19日 14:26 by katakori
sp
「Call of Duty: Black Ops」 コール オブ デューティ ブラックオプス

昨晩PS3とXbox 360版の「Call of Duty: Black Ops」に多くの修正を含むアップデートが適用されました。詳細は基本的に以前当サイトでお知らせしたアップデート予定リストに準じた物になっており、いくつか修正進行中の項目が残されています。

アップデート内容の詳細は以下からご確認下さい。

■ 11/17日アップデート:Xbox 360/PS3共通

  • マッチメイキングの検索スピードの改善
  • マッチとホスト選択の改善:より良いネットワーク状態(ラグの少ない)のゲームへの接続を実現
  • ゲーム開始前のロビーで常に最良のホストが選出される様に改善
  • パーティが解散されないようパーティシステムを改善
  • プレイヤーがプレイヤーマッチング中にプライベートマッチやコンバットトレーニング、シアターロビーへ参加できる事を廃止
  • フィルムアップロードの失敗をサーバ側クライアント側共に減少させる様改善
  • まれにコンバットトレーニングの戦績がマルチプレイ戦績に差し変わる事を修正
  • 週間/月間スコアボードのキル/デス/アシストのステータスリポートを正確な物に
  • ボタン押しの状態で入力が一時的に失われる状態になる問題を修正
  • 銃声と足音の可聴範囲と音声レベルを追加調整
  • 爆弾の設置及び解除のオーディオレベルを追加調整
  • オンラインセキュリティーの拡張を追加実装

■ PS3のみ含まれる修正

  • ゲームプレイ中におけるフレンドリストからのスパムを最適化、PS3版で大量のフレンドリストを持つ場合のゲームパフォーマンスの改善

■ 修正が進行中の項目

  • まれに起こるValkyrie rocketの予期しない爆発を修正
  • まれに起こるGunshipが十分にコントロール出来ない問題を修正
  • 特定のまれな状況下で戦闘地域の外へプレイヤーが移動出来る事の予防

「Call of Duty: Black Ops」が発売5日間で6億5000万ドル(約543億円)の収益を達成、ソニーとマイクロソフトもコメント

2010年11月19日 13:01 by katakori
sp
「Call of Duty: Black Ops」 コール オブ デューティ ブラックオプス

北米とイギリスで初日560万セールスの偉業を達成し、3億6000万ドルの売上げを記録したTreyarchのCoDシリーズ最新作「Call of Duty: Black Ops」がなんとリリースから5日間で6億5000万ドル(約543億円)の収益を達成した事がActivisionの発表から明らかになりました。

この脅威的な数字は昨年Modern Warfare 2が5日間で記録した5億5000万ドルを1億ドルも上回っており、劇場映画の興行収入と本、そしてビデオゲームの分野で最も大きな販売記録を同じフランチャイズで大幅更新するという脅威的な偉業を達成した事が判ります。

お馴染みActivisionのボスBobby Kotick氏はこの成功と記録を喜ぶコメントを発表、Call of Duty: Black Opsが収めた他のメディアのフォームに属さない前例の無い成功はインタラクティブなエンターテインメントの大衆への普及を指し示していると評価しています。

Black Opsの成功に対するSCEAのコメント

今回Call of Duty: Black Opsが達成した大きな成功にSCEAのCEOを務めるJack Tretton氏がコメントを発表、「Call of Duty: Black OpsはPS3における信じられない成功を収めた」「Treyarchによる最新の努力の結晶はホリデーシーズンにおける最も重要なオンライン経験を備え、PSNに前例のないトラフィックで駆動している」と語り、PS3版Black Opsのマルチプレイが大きな盛り上がりを見せている事をアピールしています。

また、PS3版Black Opsの販売はAmazon.comとGameStopでのPS3タイトルの最も大きなローンチを記録した事も報じられています。

Xbox 360ではLiveの新記録を樹立したと発表

PS3版ではプレイヤー数やプレイ時間に関する詳細は発表されませんでしたが、Xbox 360版ではローンチ初日に260万人のLiveユーザーがマルチプレイを楽しみ、なんと590万時間が費やされた事が発表されています。

Xbox事業のボスDon Mattrick氏はBlack OpsがXbox Liveの持つ記録を破り、史上最も巨大なビデオゲームの1つとして過去の遺産を打ち砕いたとコメント、マイクロソフトがパートナーであるActivisionとTreyarchを祝い、世界中に拡がる2500万のXbox Liveユーザーに対して最初にCall of Dutyのマップパックを提供出来る事を誇りにしているとパートナーシップの優位制をアピールしています。

また、お馴染みMajor Nelsonが11月8日終了週のXbox Liveアクティビティの週間チャートを発表、やはりCall of Duty: Black Opsが前述のコメント通り1位を獲得している事が明らかになっています。

「Operation Flashpoint: Red River」の初スクリーンショットと共に素晴らしいライブアクショントレーラーが公開

2010年11月19日 12:04 by katakori
sp

リアル系FPSの代表とも言えるOperation Flashpointシリーズの最新作「Operation Flashpoint: Red River」、これまでタジキスタンが舞台となる事と併せ魅力的なアートワークが公開されていましたが、初めてとなるスクリーンショットが本日2点公開、CodemastersのEGO Engineらしいクオリティの高いライティングが印象的なイメージとなっています。

さらに実写とCGによるライブアクショントレーラーが公開、タジキスタンのVakhsh川に沿った地域を舞台に中国人民解放軍の残存勢力と戦う為の戦地に赴く兵士達がジョニー・キャッシュの名曲”The Man Comes Around”をバックに描かれており、聖書の黙示録をモチーフに書かれた4頭の馬と審判の日、そして”救済”をもたらす”The Man”の存在を温度無く淡々と描いたクオリティの高い映像に仕上がっています。

Codemastersのシリーズ新作Operation Flashpoint: Red Riverのリリースは2011年Q3予定で、対応プラットフォームはPCとPS3、Xbox 360となっています。

「Operation Flashpoint: Red River」 オペレーション フラッシュポイント レッド リバー
「Operation Flashpoint: Red River」 オペレーション フラッシュポイント レッド リバー
情報元及びイメージ:VG247

「L.A. Noire」のプレビューが解禁、ノワールテイストに溢れる素晴らしいスクリーンショットも公開

2010年11月19日 11:30 by katakori
sp
「L.A. Noire」

先日は長編映画10本分にも及ぶ膨大な脚本と、ボーンを用いない新しいフェイシャルアニメーション技術とそれを実現し200テラバイトのモーションデータを格納するキャパシティを持つキャプチャースタジオを新設した事等をお伝えしたRockstarのTeam Bondiによる「L.A. Noire」ですが、昨日海外サイトにおいて本作のレビューが解禁、併せて本作の特徴であるリアルなフェイシャルや高クオリティなリアルタイムGIレンダリングの品質が確認できるスクリーンショットも公開されました。

VG247には有力サイトのレビューをざっくりとまとめた抜粋が掲載、1UPが”くそ”魅力的なゲームだと語っている事や、MTVではL.A. NoireがCall of Dutyファンよりもアートシアター系映画が好きな人達に向けた成熟した実験的なタイトルと評価している事、IGNでは本作が偉大な物に見えるが、ダイナミックな要素が膨大な状況の中でどれ程プレイを上手く構築しているかを説明する事は難しいと評価している事などが記されています。

いよいよ現実的な姿を見せ始めたL.A. Noire、先日公開されたファーストトレーラーと今回のスクリーンショットからは紛う事なきRockstarクオリティが滲み出ており、これまでの経緯を忘れさせ期待させるには十分すぎるクリティカルな内容となっている事は間違いありません。

L.A. Noireのリリースは2011年春予定で、対応プラットフォームはPS3とXbox 360となっています。

「L.A. Noire」
「L.A. Noire」
「L.A. Noire」

(続きを読む…)

まさにDeus Ex!「Deus Ex: Human Revolution」のオーグメンテーションと武器にスポットを当てた新トレーラーが公開

2010年11月19日 11:04 by katakori
sp

昨日スクウェア・エニックスが「Deus Ex: Human Revolution」の新トレーラー公開を予告していましたが、昨晩予告通り新ステージでの主人公Adam Jensenが持つオーグメンテーションと武器にスポットを当てた素晴らしいトレーラーが公開されました。

映像では建造物での索敵及び侵入や、監視カメラやロボットなどのハッキング或いは無効化など、旧Deus Exらしい要素がたっぷりと納められ、昨今のタイトルらしい派手さや爽快感と共にDeus Exが持つステルス性なども見事に再現されている事が判ります。

さらに開発チームによるQ&Aなども登場、インベントリサイズの拡大強化が用意されている事や、オーグメントの1種である高い所からの着地を可能にするIcarus Landing System、オーグメントのインストールが恒久的な物である事、ハッキングのセッションが毎回違った物になる事、旧作の楽曲が再び登場する可能性がある事など、様々な情報が明らかになっています。

すでにウォーレン・スペクター氏からお墨付きも貰った新生Deus Ex: Human Revolution、映像の中にちらりと登場したラーメンにまでDeus Ex愛を感じられる原典ファンにも素晴らしい体験をもたらしてくれるタイトルとして期待出来そうです。

「Deus Ex: Human Revolution」 デウスエクス ヒューマンレボリューション
「Deus Ex: Human Revolution」 デウスエクス ヒューマンレボリューション
「Deus Ex: Human Revolution」 デウスエクス ヒューマンレボリューション
「Deus Ex: Human Revolution」 デウスエクス ヒューマンレボリューション
「Deus Ex: Human Revolution」 デウスエクス ヒューマンレボリューション
情報元及びイメージ:VG247

[Update] 「Portal 2」のリリースが2011年4月20日に延期、Valveは伝統的な延期の中で最短の誇らしい延期と発表

2010年11月19日 10:40 by katakori
sp

UPDATE:11月19日10:55

延期と共に発表されたリリーススケジュールが4月の18日週である事をお伝えしていましたが、ShacknewsがValveに正確なリリース日を確認したところ、北米とオーストラリアが4月20日、ヨーロッパが4月22日が正確なリリース日である事が明らかになりました。

以下、Update前の本文となります。

「Portal 2」 ポータル 2

2011年2月9日リリース予定だった期待の続編「Portal 2」のリリースが2011年4月の第4週に延期される事が明らかになりました。一切延期に驚きを感じないファンはValveに良く訓練されたファンだと言えそうですが、Valveはこれまでの本作でのアナウンスに見られるアイロニーで誇らしいコメントを発表しています。

Valveによると、この延期は「Valveの伝統的なリリース延期の中で誇れる最短の延期」だけではなく「現実世界の時間とお馴染みValveタイムが接近している収束を意味し、この収束が人類の終焉をもたらすが、Portal 2の新しいリリーススケジュールに影響はしない」という事で、安心?して大丈夫な模様です。

待望のシリーズ続編Portal 2のリリースは2011年4月の第4週、対応プラットフォームはPC/MacとXbox 360、PS3となっています。

情報元:VG247

昨日の海外ゲームニュース注目トピックス(2010/11/19)

2010年11月19日 10:02 by katakori
sp
「Star Wars: The Old Republic」のクルースキルトレーラー

「OnLive」のセットトップボックス”MicroConsole”のローンチが12月2日に決定、価格は99ドル

2010年11月18日 18:44 by katakori
sp
「OnLive」 オンライブ
ついにローンチを迎える事となった”MicroConsole”

今年の6月18日からPC向けのサービスを正式に開始したゲームストリーミングサービスのフロンティア「OnLive」ですが、先日には月額加入料金の無料化が発表され、さらには北米地域以外のサービス計画とヨーロッパでのベータテストもアナウンス、さらなるユーザーベースの拡大を虎視眈々と狙っている様子が明らかになっていました。

昨日とうとう同じクラウドサービスの2番手として期待されるGaikaiのオープンベータテストがアナウンスされましたが、本日OnLiveが待ち構えていたかの様にセットトップボックス”MicroConsole”のローンチスケジュールを正式発表、なんとホリデーシーズンのど真ん中12月2日に100ドルを切る99ドルという安価な価格設定で登場する事が明らかになりました。

商品の構成はセットトップボックスのMicroConsole本体と1つのワイヤレスコントローラー、各種接続用ケーブルに加え、用意されている無料ゲームライブラリの中から1タイトル好きなゲームを選べる権利が同梱されているとの事。なお、Perlman氏は12月のローンチから来年にかけての出荷量に限りがある事を伝えています。

“MicroConsole”のハードウェアレビュー

「OnLive」 オンライブ
DSとの比較、小さい事が良くわかる

(続きを読む…)

sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.