Wolfenstein II: The New Colossus

ツングースカ大爆発が「Assassin’s Creed」と関係?ロシアを舞台にしたコミック版のティザー映像が登場

2010年7月16日 18:28 by katakori
sp

6月に登場したUbiWorkshopの「Assassin’s Creed」新プロジェクトは、様々なアートワークやコミックを擁するアートブックのリリースである事がすでに明らかにされていますが、先日にはこのプロジェクトに参加しているアーティストのCameron Stewart氏とKarl Kerschl氏が共にロシア入りし、サンクトペテルブルクで何らかの取材を行っている事が判明(※ リンク先は両氏がサンクトペテルブルグで撮影した映像)していました。

昨晩、この両氏の取材に関連していると思われる「Assassin’s Creed」のコミックに関するティザー映像が登場、映像にはなんと1908年にツングースカ川上流で起こった巨大な爆発”ツングースカ大爆発“に関連する映像が収められ、半径30kmに渡って森林が炎上し、1000km先の民家の窓ガラスが割れたとも言われる、未だ原因不明の事件がどうやらテンプル騎士団に関連した物である事が示唆されています。

このAssassin’s Creedロシア編は小品の3部作で、上述のCameron Stewart氏(代表作:バットマン&ロビン)とKarl Kerschl氏(代表作:フラッシュ)によって制作が進められています。リリースはUbiWorkshopから行われるとの事で、上述のアートブックプロジェクトとは別の物になる可能性も考えられます。

恐らく詳細は来週開催されるComic-Conで発表される模様。15世紀のイタリアから一気に時代を超えたAssassin’s Creedシリーズ、来週の続報登場を期待して待ちたいと思います。

情報元:Joystiq

「StarCraft II」がDL版の先行ダウンロードをBattle.netで開始、動作環境も明らかに

2010年7月16日 17:04 by katakori
sp
「StarCraft II: Wings of Liberty」 「StarCraft II」 スタークラフト II

7月27日のリリースまであと数週間と迫るBlizzardの新作「StarCraft II」、これまでリリースについてはパッケージ版の発売が先に行われ、DL販売は少し遅れて行われるとアナウンスされていましたが、昨日状況が一転、DL販売の先行ダウンロードがBattle.net上で開始されました。

なお、今回の先行DLは本作のデジタル版の購入予定者が対象で、デジタル販売自体は現地時間の7月27日午前10:00からスタートとなります。また、ダウンロードを行うにはBattle.netのユーザーアカウントが必要となりますのでご注意下さい。

さらにBig Downloadでは本作PC版とMac版両方の最終的な動作環境も公開、Blizzardらしく比較的低スペックでの動作も可能となっていますが、プレイ予定の方は今一度チェックしておいてはいかがでしょうか。

最低動作環境

PC
OS: Windows XP/Windows Vista/Windows 7 (最新サービスパック) とDirectX 9.0c
プロセッサ: 2.6GHz Pentium IVもしくはそれと同等のAMD Athlonプロセッサー
グラフィック: 128MB以上のPCIe用NVIDIA GeForce 6600 GTもしくはATI Radeon 9800 PRO以上

Mac
OS: Mac OS X 10.5.8, 10.6.2もしくはそれよりも最新
プロセッサー: Intelプロセッサ
グラフィック: NVIDIA GeForce 8600M GTもしくはATI Radeon X1600以上

PC/Mac共通
ハードディスク: 12GBのHDDスペース
メモリ: 1GBメモリ (Windows Vista/Windows 7ユーザーは1.5GB、Macユーザーは2GB必要)
ドライブ: DVD-ROMドライブ
ディスプレイ解像度: 1024X720以上
その他: Battle.netプレー用の有効な広帯域インターネット回線

※今後プログラムの変更により、最小動作環境が変化する可能性があります。

推奨動作環境

・PC
OS: Windows Vista/Windows 7
プロセッサ: Dual Core 2.4Ghzプロセッサー
メモリ: 2GBメモリ
グラフィック: 512MB NVIDIA GeForce 8800 GTXもしくはATI Radeon HD 3870以上

・Mac
プロセッサー: Intel Core 2 Duoプロセッサー
メモリ: 4GBのシステムメモリ
グラフィック: NVIDIA GeForce 9600M GTもしくはATI Radeon HD 4670以上

情報元及びイメージ:IncGamers, Big Download

EVO 2010でジャスティンに勝利したGamerBee選手が国民的なヒーローとして凱旋、全国ニュースでも報道

2010年7月16日 16:24 by katakori
sp
「EVO 2010」

先日行われた格闘ゲームの祭典EVO 2010のスーパーストリートファイターIV部門で5位に入賞した”GamerBee”選手、最も有名なアドン使いとなったGamerBee選手はトーナメントでジャスティン・ウォン選手に勝利した事でも注目を集めました。

そんな”GamerBee”選手が故郷の台湾で国民的なヒーローとして帰国、空港では多くの花束とサインを求める声がGamerBee選手を迎え、全国ニュースで国際的な大きな話題として報道されるなど熱烈な歓迎を受ける事となりました。

日本でもいつかこれ程に盛り上がりが見られる時がやってくるか、EVOの熱狂や台湾の様子など若干の温度差と文化の差を感じずにはいられない興味深いニュースでした。

台湾で報道されたニュースの様子
ジャスティンに勝利した会場での熱狂ぶり!
情報元及びイメージ:CAPCOM-UNITY, Eventhubs

マイクロソフトがオンラインゲームショー「1 vs 100 」を終了、シーズン3では無く新プロジェクトを示唆

2010年7月16日 15:58 by katakori
sp
「1 Vs. 100」

昨年MGSがリリースした参加型のソーシャルクイズゲーム「1 vs 100」、海外の超人気クイズ番組を元にしたマッシュアップタイトルで、Liveのゴールド会員向けの無料サービスである事や、豪華な賞品が用意されていた事などで多くのプレイヤーが参加し注目を集めました。

そんな1 vs 100が終了する事がMicrosoft Game Studiosのゼネラルマネジャーを務めるDave McCarthy氏が明らかにされました。どうやら成功を収めた事で次の展開を考えている様子で、McCarthy氏は1 vs 100に11万4千人を超えるプレイヤーが同時にゲームを行ったと明かし、賞金獲得ゲームショーで最多の競技者数としてギネス記録を作ったと発言しています。

McCarthy氏は1 vs 100チームの存在と業績が大きな誇りであると述べ、このプロジェクトで得た物を将来の計画に生かす事はエキサイティングだと発言、具体的な詳細は述べられなかったものの、1 vs 100チームが新しいプロジェクトに取り組んでいる事を明らかにしました。

情報元:CVG

イギリスが誇る老舗デベロッパ「Rare」の新スタジオツアー映像!どこのカフェ……

2010年7月16日 15:36 by katakori
sp

ゴールデンアイ 007やスーパードンキーコングシリーズなど、多くの名作で知られるイギリスのRare社、今年はなんと設立25周年でロゴが刷新され、新たなタイトルの登場などに期待が高まっています。

現在はKinect Sportsの開発を進めているRareが、今年の4月バーミンガムのディグベス地区に新スタジオをオープン、映像にはすぐ近くのブルリング地区のフューチャー・システムズが手掛けたユニークな外観のセルフリッジ・ストアやセント・マーティン教会も収められ、なんというかイギリスらしい時間が流れる素敵な場所である事が映像の端々から感じられます。

これまでも様々な有名デベロッパのスタジオツアー映像をお届けしてまいりましたが、やはりアメリカやロシアとは何かが違う!盆栽バーバーが生まれた事も何故か納得してしまう様な、まったくゲーム開発スタジオに見えないオシャレ映像に仕上がっています。なお、Kinect Sportsをテストプレイする様子なども収められているので、興味のある方は必見です。

情報元:VG247

「スプラッターハウス」の新スクリーンショットとプレイディテールが登場、シナリオはジャッジ・ドレッドのGordon Rennie

2010年7月16日 15:00 by katakori
sp
「Splatterhouse」 スプラッターハウス

ナムコの社内チームが開発を進めている新生「スプラッターハウス」、血の量やらメタルなテイスト、そして素晴らしく筋骨隆々なスタイルに生まれ変わったリック君が素敵な期待のリメイクですが、昨日新しいスクリーンショットと共にいくつかのプレイディテールが登場しました。

本作はその物語も初代スプラッターハウスを踏襲した物になる事が明らかにされていますが、舞台となるウエスト博士の邸宅には色々と新しいアレンジが施されている事が判っています。今回新たに本作のシナリオを手掛けるのがジャッジ・ドレッドやプレデターシリーズ、Necronautsなどを手掛けるGordon Rennie氏が手掛ける事が明らかにされました。一体どんなツイストが加えられる事になるのか、期待が高まります。

なお、明らかにされた新情報は以下の様になっています。

  • 前作で知られた敵はその大きさやショッキングなディテールにより、恐ろしい怪物に生まれ変わった
  • リアルタイムのリジェネレーションを採用する事で、HPバーUIを除去。リックの肉体的な損壊でダメージが表現され、回復時に骨格や筋肉、肌が再構築される
  • ユニークな敵AIを壊滅させるために、リックに多く用意されたムーブをセットし、武器を作成し、環境を利用したアタックを行う
  • コンボシステム(Splatterkill System)はより血まみれでシネマティックなエフェクトを持った残酷なキルムーブを実現する
  • Splatterkill Systemでは敵を引き裂く為にアナログスティックを利用し、実際に内蔵がこぼれ出す様な驚くべき反応を見せる
  • ステージデザインはH.P.ラブクラフトの影響を受けたスタイルで、ワールドクラスのヘビーメタルなサウンドトラックとカスタムミュージックスコアを用意
  • クラシックに登場する混紡からチェンソーまで多くの武器が登場
「Splatterhouse」 スプラッターハウス

(続きを読む…)

6月の北米セールスデータが発表、Xbox 360SがWiiを追い抜く高セールス

2010年7月16日 12:53 by katakori
sp
「NPD」

先日5月の北米セールスに関するNPDの調査発表をお伝えしたばかりですが、昨日6月の北米セールスの結果がNPDから発表され、E3で発表された新型Xbox 360の販売台数がWiiを下しかなり好調である事が明らかになりました。さらにソフトの売り上げは先月に引き続きRockstarのRed Dead Redemptionが1位を獲得、2位がスーパーマリオギャラクシー2と5月と同様の結果となっています。

北米のゲーム産業全体の売り上げは11億ドルで前年比6%ダウン(2009年6月の総セールスは11億7000万ドル)となり、新型Xbox 360が健闘したものの、携帯コンソールとソフトウェアの減少に歯止めは効かなかった模様。

そして北米全体のハードウェアセールスは今なお任天堂が支配、販売台数の勢いは衰えているもののDSが51万台を超え、今月もセールスNo1に輝いています。また5月の販売台数に比べE3で3DSの発表があったにも関わらず12万7千台増という驚異的な結果に。

マイクロソフトの新しいXbox 360は45万1千台を超え、ホリデーシーズンのセールを除き、2007年のHaloローンチに続いて2番目の大きなセールスを達成しています。なお、ハードウェアセールスの詳細は以下の様になっています。

  • DS:510.7K
  • Xbox 360:451.7K
  • Wii:422.5K
  • PS3:304.8K
  • PSP:121.0K

また、6月のハードウェアセールスは4億170万ドルで、2009年6月の3億8280万ドルに比べ5%成長を果たしました。前年度比較と各ハードウェアの北米累計販売台数は以下の様になっています。

■ 前年比

  • DS:3,071,400 (前年比-33%)
  • Wii:2,455,700 (前年比+17%)
  • Xbox 360:1,924,900 (前年比+88%)
  • PS3:1,591,000 (前年比+85%)
  • PSP:599,300 (前年比-26%)

■ 北米での累計販売台数

  • DS:41,798,158
  • Wii:29,540,081
  • Xbox 360:20,555,886
  • PS3:12,719,696
  • PSP:17,436,836

さらに6月のソフトウェアセールスは5億3130万ドルで、前年の6億2700万ドルからなんと15%もダウンした事が明らかになっています。

前述の様にRed Dead Redemptionが好調で、北米では既に247万5900本を出荷し、現状今年の最も売れたタイトルとなっています。ソフトウェアセールスの詳細は以下でご確認下さい。なお、10位以下TOP20タイトルは明日発表との事。

  • Red Dead Redemption (360):582.6K
  • スーパーマリオギャラクシー2 (Wii):548.4K
  • Red Red Redemption (PS3):380.3K
  • New Super Mario Bros.Wii (Wii):200.9K
  • Just Dance (Wii):174.8K
  • Wii Fit Plus:(Wii):148K
  • Toy Story 3 (DS):164K
  • UFC 2010: Undisputed (360):148K
  • LEGO Harry Potter: Years 1-4 (Wii):136K
  • UFC 2010: Undisputed (PS3)

また、6月の注目タイトルであったAlpha Protocol、Metal Gear Solid: Peace Walker、Singularity、Transformers: War for Cybertron、Tiger Woods PGA Tour 11は残念ながらTop10入りを果たしませんでした。明日のTop20の結果に要注目です。

情報元:VG247

映画「ザ・ウォーカー」のトレイラーをアリックスの父ちゃんイーライ博士を主役にしたマシニマ!

2010年7月16日 11:40 by katakori
sp

国内では先月公開された映画「ザ・ウォーカー」(原題:The Book of Eli)、デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンが対決するハリウッドのアポカリプス作品ですが、このトレイラーをHalf-Life 2に登場したイーライ博士とアリックスで再現した高クオリティだけど少し愉快なマシニマ作品が登場しました。

いつもは娘を心配しながらモニターごしに登場するシーンの多かったイーライ博士が、ハードに戦う映像は大迫力ながら違和感が凄い!というか戦闘方法に若干”何らか”のバイアスを感じるのは気のせいだろうか……。

という事ですばらしくハイクオリティに完成したこのトレイラー、メイキングも公開されており、こちらはもっと愉快(主にバグが)なシーンやグリーンバックを用いた合成のプロセスなど興味深い制作の様子が収められています。なお、最後に映画のトレイラーも掲載しておきましたので、比べて見るとより愉快かもしれません。

GameInformer誌の「Dragon Age II」特集がリーク、主人公の妹メイジにFlemethも登場?

2010年7月16日 11:10 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

先日はBioWare自らが自社のタイトルで最も成功したIPだと明言したDragon Ageシリーズ、現在続編である「Dragon Age II」の開発が進められていますが、GameInformer誌最新号の特集記事がリーク、新しいスクリーンショットが数点登場しました。

掲載されたスクリーンショットには新たに女性メイジが登場し、大きくデザインが変更されたdarkspawnのHurlock達が多く映し出されています。掲載内容はこれまでにお知らせしたダイアログUIの変更や主人公であるHawkeに関する情報等が記されています。

さらにドイツの情報サイトGameStarに、GameInformer誌に掲載されたスクリーンショットなどを含む大量のプレビューが登場、情報元がドイツ語なので誤訳の可能性がありますが、主人公のHawkeにメイジの姉妹が登場する事や、前作に登場したモリガンの母Flemethも再登場する事が明らかにされています。詳細は以下でご確認下さい。

  • Hawkeの姉妹の名は”Bethany”、クラスはメイジ(スクリーンショットに登場)
  • 異端審問官の”Cassandra”がアートワークに登場、彼女は英雄であるHawkeに興味を示している
  • ドワーフのキャラクター”Varric”がアートワークに登場、彼はHawkeと共に旅する仲間で、Dragon Age IIで只一人のナレーターを務める
  • 前作にも登場したモリガンの母親である魔女Flemethも再登場の可能性あり
  • Hawkeは前作に登場した重要人物Teyrn Loghainの元で連合を呼び集めていた

スクリーンショットや新たに登場したアートワークは以下でご確認下さい。

(続きを読む…)

[Update] 「Killzone 3」の4人Co-opプレイ登場は誤報

2010年7月16日 10:00 by okome
sp

UPDATE:7月16日10:00

昨日、PSNのオンラインマガジンFirstPlayにて「Killzone 3」に4人Co-opモードが搭載されるとのお知らせを致しましたが、VG247からこの情報がFirstPlayの誤報であった事が明らかになりました。嬉しいニュースだっただけに残念ではありますが、続報はGamescomの開催待ちと言ったところでしょうか。

以下アップデート前の本文となります。

「Killzone 3」 キルゾーン 3

以前4人Co-opモードの実装がされていた「Killzone 3」ですが、先日欧州PlayStation Network上のオンラインマガジンFirstPlayの最新エピソードにおいて、本作に4人Co-opモードが存在する事が明らかになりました。また、Killzone 3には4人Co-opモードの他にスタンダードな2人用モードも実装される予定との事。

なおこれらのモードに関する詳細は明らかにされていませんが、4人co-opモードは、先日PC版のリリースも確認されたBattlefield: Bad Company 2の”Onslaught”モードのようなものになるのではないかとの予想がされています。

情報元及びイメージ:GameInformer

Waaagh!ポテトヘッドのWarhammer40Kのオルクロボにカスタムしてみたら凄萌えクオリティ

2010年7月15日 19:10 by katakori
sp
「ポテトヘッド」

ウザ可愛さで右に出る者は無いと言えるMr.ポテトヘッド、1940年代の登場以降世界中で長く愛されるキャラクターです。うざいけど可愛い!昨年Electronic ArtsからWii用タイトルとしてリリースされたポテトヘッドがホストを務めるファミリー向けゲーム”Family Game Night 2″もえらいウザ可愛さで大変な事になっていました。興味のある方は動画1動画2あたりでご確認下さい。

「ポテトヘッド」
こいつが本物のポテトヘッド、これが……

前置きが長くなってしまいましたが、何を思ったかポテトヘッドをWarhammer40Kのオルク仕様に魔改造した猛者が登場、物凄いクオリティ!Dawn of Warシリーズのプレイヤーならニヤニヤが止まらない細部のディテールと萌えポーズのオルク愛に満ちた作品に仕上がっています。ちなみにこの子はゲームには登場しないStompa君、公式ページには本物のイメージも用意されていますが、本当に素晴らしい再現度!

という事で、以下、萌えオルク画像をたっぷりとお楽しみ下さい。なお、イメージの最後にポテトヘッドを魔改造してスチームパンクなポテトにした謎の可愛い子も掲載しておりますので、そちらもぜひご確認を。

(続きを読む…)

EA Maxisが未発表オンラインシミュレーションタイトルのディレクターを募集中、新しいビジネスモデルに進出か

2010年7月15日 18:37 by katakori
sp
「EA Maxis」

シムシリーズの開発などを手がけるEA Maxisが、未発表の次世代オンラインシミュレーションタイトルの開発のためディレクターの募集を行っている事がjobs.ea.comの求人募集から明らかになりました。

タイトルの詳細などは不明ですが、雇用条件として、”オンラインPCタイトルを開発した経験がある”、”オンラインストアとDLCを含むオンラインファイナンシャルモデルを有するタイトルの開発経験がある”などが挙げられおり、このタイトルがマイクロトランザクションを採用するであろう事が窺い知れます。

情報元及びイメージ:Joystiq

セガが突如コンソール版「Aliens vs Predator」のサポート中止を発表、一体何が……

2010年7月15日 18:28 by katakori
sp
「Aliens vs. Predator」

過去の名作タイトルの復活やソニックの新展開、そしてコアゲームタイトルのビッグアナウンスも控えるというセガですが、一方でGamescomへの不参加や、Alpha Protocol続編の予定が無い事、さらにはマーベルライセンスタイトルの不調にエイリアンフランチャイズの失敗等も絡み、関連スタジオの閉鎖やレイオフの話など厳しいニュースが続いています。

そんな中エイリアンフランチャイズの先陣を切った「Aliens vs Predator」のコンソール版について、予定されていたパッチリリースが中止され今後サポートが行われない事が突然発表されました。

これは公式フォーラムにてセガの担当者が謝罪と共に明らかにした物で、まだリリースから半年も経たない本作に何が起こったのか、海外のAvPコミュニティを始めプレイヤー達は当然ながら騒然とした状況になっていますが、詳しい理由は明らかにされていません。

一体セガに何が起こっているのか……。不穏な影の予兆で無い事を願っています。

情報元:Joystiq

Quantic DreamとRocksteadyが複数のDevelop Awardsを獲得、Unity Engineも高い評価

2010年7月15日 17:45 by okome
sp
「Heavy Rain」

イギリスのブライトンで13日から開催されているDevelopが主催するカンファレンスイベント”Develop in Brighton“にてDevelop Awardsの発表が行われ、「Heavy Rain」を手がけたQuantic Dreamが”Best New IP”や”Independent Studio”などを受賞しました。また、「Batman: Arkham Asylum」の開発を行ったRocksteadyも”Best Use of a Licence or IP”、”In-House Studio”など複数の賞を獲得した事が明らかになりました。

その他の賞からは、近年その力を確実に増しつつある開発環境”Unity Engine”が開発者から高い評価を得ている事も強く感じられ興味深いところ。なお、受賞リストの詳細は以下のようになっています。

創造性

  • Best New IP — Heavy Rain (Quantic Dream)
  • Best New Download IP — Angry Birds (Rovio)
  • Best Use of a Licence or IP — Batman: Arkham Asylum (Rocksteady Studios)
  • Visual Arts — Split/Second (Black Rock Studio)
  • Audio Accomplishment — DJ Hero (FreeStyleGames)
  • Publishing Hero — Channel 4

テクノロジー&サービス

  • Technical Innovation — Unity Engine (Unity Technologies)
  • Tools Provider — Hansoft
  • Engine — Unreal Engine 3
  • Services — Testology
  • Audio Outsourcer — Side
  • Visual Outsourcer — Axis Animation
  • Recruitment Company — Amiqus

スタジオ

  • Best New Studio — Hello Games
  • Micro Studio — Hello Games
  • Handheld Studio — SCE Cambridge
  • Business Development — Sony XDev
  • In-House Studio — Rocksteady Studios
  • Independent Studio — Quantic Dream

特別賞

  • Development Legend — Andrew Gower & Paul Gower (Jagex)
  • Grand Prix — Unity Technologies
情報元:VG247

Eurogamer Expo 2010のSCEE出展リストが公開

2010年7月15日 16:14 by okome
sp
「Killzone 3」

10月1日から3日までロンドンのアールズコートで開催されるビデオゲームイベント、Eurogamer Expo 2010のSCEE出展リストが明らかになりました。ラインアップは以下のようになっています。

  • Gran Turismo 5
  • inFamous 2
  • Killzone 3
  • LittleBigPlanet 2
  • MotorStorm: Apocalypse
  • SOCOM: Special Forces

なお、Killzone 3、Gran Turismo 5、さらにMotorStorm: Apocalypseは3D立体視でのプレイアブル展示が行われるとの事です。

またソニーのモーションコントローラーPlayStation Moveも、対応タイトルであるHeavy Rain、Sports Champions、The Shoot and The Fightがプレイ可能な状態で展示される予定となっています。

さらに同イベントではSCEEのファーストパーティスタジオであるGuerrilla Games(Killzone 3)、Media Molecule(LittleBigPlanet 2)、Evolution Studios(MotorStorm: Apocalypse)によるデベロッパ・セッションが行われる事も明らかにされています。

情報元:VG247

Atariの「Haunted House」が30周年でリメイク!WiiとPC、XBLAで9月に登場

2010年7月15日 15:34 by katakori
sp

アタリショックが姿を形作りつつあった1980年にAtari 2600向けにリリースされた「Haunted House」、現在のバイオハザードシリーズなどで見られるサバイバルホラーゲームの始祖とも言える歴史的なタイトルですが、今年はリリースから30周年!なんと懐かしのHaunted HouseがWiiとPC、XBLAでリメイクされる事が明らかになりました。

Wii版のリリースはパッケージで行われ、PCとXbox 360版はダウンロードタイトルとしてリリースされるとの事で、筆者含むおっさんゲーマーには昔を懐かしむタイトルとして、そして若いゲーマーには温故知新のタイトルとなる……かもしれませんね。なお、今回はかつてのAtari 2600版がどんなゲームであったか、プレイ映像をご紹介しておきます。30年の歴史の進化、恐るべし!

情報元:Shacknews

[Update] MadCatzが発売する「Call of Duty: Black Ops」用周辺機器9種の詳細とイメージが登場

2010年7月15日 15:30 by katakori
sp

[Update]

UPDATE:7月15日15:30

周辺機器のイメージを追加しました。

「Call of Duty: Black Ops」 コールオブデューティ ブラックオプス

Modern Warfare 2のリリース時にも専用周辺機器をリリースしたMadCatzですが、シリーズ最新作である「Call of Duty: Black Ops」でも専用アクセサリのリリースをE3の開催前に発表していました。本日その周辺機器の詳細と数点のイメージが公開、Wii用のリモコンやXbox 360のパッドにマウス等、クールなデザインのアクセサリ達が姿を現しました。

9種類リリースされるラインアップの詳細は次の様になっています。

  • Xbox 360用 Call of Duty: Black Ops PrecisionAIMコントローラー
    ラバーグリップとソフトフィニッシュのボディに加え、コントローラー背部に新しい2つの戦闘ボタンを追加、これにより”Precision Aim”(正確なエイム)モードに移行し、アナログスティックの感度をスローにする事でより正確な入力を可能にします。またもう1つのボタンに近接攻撃やスプリントなどの各アクションを割り当てる事が可能です。価格は49.99ドル。
  • PS3用 Call of Duty: Black Ops Wireless PrecisionAIMコントローラー
    PS3版のコントローラーは2.4GHzのワイヤレス接続を利用し、USBポートからの充電も出来るリチャージ可能な内蔵バッテリを備えており、1度の充電で60時間プレイが可能。”Precision Aim”モードもXbox 360版同様に搭載し、価格は49.99ドル。
  • Wii用 Call of Duty: Black Opsコントローラーパック
    公式コントローラー互換のリモコンとヌンチャクがセットになったBlack Opsデザインのコントローラーセット。価格は39.99ドル。
  • Xbox 360/PS3用 Call of Duty: Black Ops OptiCOM ProGaming Glasses
    GUNNAR Optiks i-AMPRレンズを採用し、画面のコントラストを増加させる事で、映像のディテールを向上させるグラスに、ボイスチャット用のマイクも内蔵、PS3はBluetooth接続を行い、Xbox 360はコントローラーに接続する事で使用します。価格は99.99ドル。
  • Xbox 360/PS3用 Call of Duty: Black Opsコントローラー・フェースプレート
    上述のコントローラーをカスタマイズ可能にするフェースプレート、価格は14.99ドル。
  • Wii用 Call of Duty: Black Ops Stealth Inductive Charger
    Wii用コントローラのバッテリーチャージャー。価格は39.99ドル。
  • PC用 Call of Duty: Black Ops PrecisionAIMマウスとUSBドッグタグバンドル
    Mad Catzから既にリリース済みのゲーマー用マウス”Cyborg R.A.T.”のCall of Duty: Black Opsモデル。解像度は5600DPIで、パームレストも交換可能。マウス用に4種類のセッティングが設定可能で、キーボードストロークも含めたマクロが作成でき、プログラマブルなボタンは5種。デザインはタイガー迷彩で、同様のデザインの2GBのドッグタグ型フラッシュメモリを同梱。価格は99.99ドル。
  • PC用 Call of Duty: Black Ops Stealth Gaming Surface
    シリコン素材のゲーマー用マウスパッド、低摩擦でスムースなコントロールが可能。価格は19.99ドル。
  • PC用 Call of Duty: Black Ops Stealthコントローラー
    エルゴノミクスデザインのPC用コントロールパッドはアナログ操作を可能にし、プラグ&プレイに対応、操作カスタマイズ用のソフトウェアも同梱し、価格は29.99ドル。
「Call of Duty: Black Ops」 コールオブデューティ ブラックオプス
「Call of Duty: Black Ops」 コールオブデューティ ブラックオプス
「Call of Duty: Black Ops」 コールオブデューティ ブラックオプス
「Call of Duty: Black Ops」 コールオブデューティ ブラックオプス
「Call of Duty: Black Ops」 コールオブデューティ ブラックオプス
「Call of Duty: Black Ops」 コールオブデューティ ブラックオプス
情報元及びイメージ:CoD: Black Ops, Kotaku

「Fable III」の音声ダイアログは47時間ものボリューム、ボイスアクターは総勢80人越え

2010年7月15日 15:09 by katakori
sp
「Fable III」 フェイブル III

ピーター・モリニュー氏率いるLionheadが開発中の「Fable III」、シリーズ恒例とも言える毎度の意欲的な要素の登場に加えて、良い意味で過剰なシンプル化により、どのようなタイトルに仕上がるかまだ予想が付かない期待作の1つです。

本作ではモリニュー氏がビデオゲーム史上最も豪華なキャストだ!と明言しており、元モンティ・パイソンのJohn Cleeseに人気司会者のJonathan Ross、そしてお馴染みのStephen Fryに加えて、ナイトの称号を持つオスカー俳優サー・ベン・キングズレーまで登場し、華を添えています。

こういったキャストからも本作がよりシナリオや物語に力が注がれたタイトルになっている事が感じられ訳ですが、これを裏付ける様にLionheadのオーディオプロデューサーを務めるGeorge Backer氏が、本作の音声ダイアログのボリュームについて言及、その量がなんと47時間もの大ボリュームである事が明らかにされました。

Backer氏はNPC達が同じ台詞を繰り返すような無粋な動作をしない事を強調し、この音声ダイアログが46万語で約2000行に渡るボリュームである事が明らかにされています。また氏はNPCに32種類のAIタイプが存在する事も加えています。

またBacker氏はモリニュー氏自身がボイスアクターの録音やモーションキャプチャーの収録に立ち会い、個性的で才能豊かなアクター達がより力を発揮できるよう監督したとの事。今週にはモリニュー氏自身によるのデモンストレーションも控えており、新たな続報が登場すると思われます。

情報元:VG247
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.