Activision Blizzardの2011年第1四半期の純利益は5億300万ドルで前年比76%増の好調

2011年5月10日 10:40 by katakori
sp
「Activision Blizzard」 アクティビジョン ブリザード

今朝方行われたActivision Blizzardの2011会計年度第1四半期の業績報告とカンファレンスコールですが、気になる新作情報などと共に、相変わらず好調な業績も明らかになりDLCとデジタル販売の好調が強調されました。

今期の純利益(経常利益と特別損益から事業税などを引いた最終利益)は5億300万ドルで前年同期に比べ76%増を記録しており、プラス成長だった2010会計年度Q4の純利益14億5000万ドルに続き好調な状況が続いています。

なお、注目すべきポイントとしてはPCタイトル販売の占める割合が前年同期の4%に比べて“9%”まで増加、4900万ドルから1億2900万ドルまで著しい成長を見せています。

さらに、Bobby Kotick氏がカンファレンスコールで語った内容によるとデジタル販売の増加も大きい様子で、既に収入の50%がデジタル販売によって占められていると明かし、デジタル販売ビジネスはゲームで最も早い部門だと発言しています。

また、好調なDLCとしてCall of Duty: Black Opsの第1弾マップパック“First Strike”が挙げられており、以前の会計報告でも強調された初日140万販売に加えて、販売本数がModern Warfare 2のマップパック“Stimulus Pack”に比べて20%を上回る販売を記録していることが明らかにされました。

情報元及びイメージ:Joystiq, VG247

5月1日から7日のUKチャートが発表、ラテン系フィットネス「Zumba Fitness」がまさかの首位返り咲き

2011年5月9日 18:32 by katakori
sp
「Zumba Fitness: Join the Party」

先ほどお馴染みGfkによる5月1日から7日のイギリスにおける週間ソフトウェアセールスチャートが発表、2週トップを走っていた“Portal 2”が順位を落とし、Majescoのラテン系フィットネスタイトル「Zumba Fitness」(※ 開発は”Deadliest Warrior: The Game”のPipeworks Software)が再び首位に返り咲く事態となりました。

また、先日第2弾DLCとなる“Escalation”をリリースしたCall of Duty: Black Opsが再びセールスを伸ばし4位にランクイン、Portal 2と同日リリースを迎えたMortal Kombatも3位と健闘を続けています。上位10タイトルの詳細は以下からご確認下さい。

  • 1位:Zumba Fitness
  • 2位:Portal 2
  • 3位:Mortal Kombat
  • 4位:Call of Duty: Black Ops
  • 5位:Lego Star Wars III: The Clone Wars
  • 6位:FIFA 11
  • 7位:Operation Flashpoint: Red River
  • 8位:Wii Fit Plus
  • 9位:Pokemon Black
  • 10位:Michael Jackson: The Experience
情報元及びイメージ:VG247

スミソニアン博物館が開催する「アート・オブ・ビデオゲーム」に出展される80タイトルが遂に決定!

2011年5月6日 18:22 by katakori
sp
「アート・オブ・ビデオゲーム」 スミソニアン

2009年末に行われたアナウンスから続けて情報を紹介してきた、スミソニアン博物館が2012年3月16日から9月30日に掛けて開催するビデオゲームの展覧会「アート・オブ・ビデオゲーム」ですが、先月17日まで専用サイトで行われたオンライン投票が終了し、昨晩キュレーターを務めるChris Melissinos氏やコーディネーターのGeorgina Goodlander氏により出展が決定した80タイトルの発表がUstreamで中継(リンクから録画映像が閲覧可能です)されました。

240タイトルのノミネート作品から選ばれた80タイトルはパックマンやドンキーコングといった歴史的な名作から、Mass Effect 2やPortal、Minecraft、Heavy Rainといった近年の名作、そしてワンダと巨像や大神、シェンムー、Rezなど今も多くのリスペクトを集めるタイトルに加え、ゼルダ、メタルギア、パンツァードラグーンといった人気シリーズなど、日本が誇る多くの名作を含むもので、5世代に分けられたタイトルの数々はビデオゲームの歴史を体系的に振り返るに相応しい以下のような顔ぶれとなっています。(※ 80タイトルの詳細や簡易なスクリーンショットが掲載されたPDFファイルも公開されています)

(続きを読む…)

北欧週間セールスチャートで「Portal 2」が初登場1位を獲得

2011年5月2日 17:30 by katakori
sp
「Portal 2」 ポータル 2

先日お伝えしたイギリスの週間セールスチャートでも1位に輝いたValveの新作「Portal 2」ですが、同じくGfKの集計による北欧の週間チャートでも同様に1位を獲得したことが明らかになりました。なお、Portal 2と同日リリースを迎え、原点回帰を図った“Mortal Kombat”は“Lego Star Wars III”に及ばず3位に留まる結果となっています。

Battlefield Bad Company 2やThe Sims 3が今もトップ10に食い込む北欧市場の傾向も興味深い、上位10タイトルの詳細は以下からご確認下さい。

  • 1位:Portal 2 (EA)
  • 2位:Lego Star Wars III: The Clone Wars (LucasArts)
  • 3位:Mortal Kombat (Warner Bros Interactive)
  • 4位:FIFA 11 (EA)
  • 5位:Crysis 2 (EA)
  • 6位:Call Of Duty: Black Ops (Activision)
  • 7位:New Super Mario Bros (Nintendo)
  • 8位:Battlefield Bad Company 2 (EA)
  • 9位:Operation Flashpoint: Red River (Namco Bandai)
  • 10位:The Sims 3 (EA)
情報元:Edge

4月17日から23日のUKチャートが発表、Valveの新作「Portal 2」が初登場1位を獲得!

2011年4月26日 18:07 by katakori
sp
「Portal 2」 ポータル 2

毎週お馴染みのGfKの統計によるイギリスでの週間ソフトウェアセールスチャートが先ほど発表、今週は先日リリースされたばかりのシリーズ続編「Portal 2」が初登場1位を獲得しました。

また、2位にはPortal 2と同日リリースを迎えたシリーズ最新作“Mortal Kombat”がランクイン、先週まで2週連続1位をキープしていたラテン系フィットネスタイトル“Zumba Fitness”は割引プロモーションが行われた“Call of Duty: Black Ops”に破れ4位まで順位を下げています。という事で、10位までのタイトル詳細は以下からご確認下さい。

  • 1位:Portal 2
  • 2位:Mortal Kombat
  • 3位:Call of Duty: Black Ops
  • 4位:Zumba Fitness
  • 5位:Lego Star Wars III: The Clone Wars
  • 6位:Operation Flashpoint: Red River
  • 7位:FIFA 11
  • 8位:Crysis 2
  • 9位:Wii Fit Plus
  • 10位:Homefront
情報元:VG247

NPD:北米3月のソフトウェアセールスは「ポケットモンスターブラック・ホワイト」が席捲、上位10タイトルが判明

2011年4月18日 10:19 by katakori
sp
「NPD」

以前より統計データの発表に制限が厳しくなっているNPDですが、先月にはお馴染みマイケル・パクター氏が所属するWedbush MorganやEEDARによる公表も認めないとの発表が行われました。

そんな中、3月北米セールスデータの概要をjoystiqが掲載、具体的な数値は発表されていないながら、期待の3DSが携帯ハードの初週記録を塗り変えるセールスを記録したものの、3月のトップには及ばなかったと記されています。

さらにソフトウェアセールスについてもプラットフォーム当たりの販売本数などは不明ながら上位10タイトルが判明、「ポケットモンスターブラック・ホワイト」の両タイトルが1位と2位を飾り、THQの意欲作Homefrontが3位にランクインし健闘を見せています。上位10タイトルの詳細は以下からご確認下さい。

  • 1位:Pokemon White — NDS –Nintendo
  • 2位:Pokemon Black — NDS –Nintendo
  • 3位:Homefront — 360, PS3, PC — THQ
  • 4位:Dragon Age 2 — 360, PS3, PC — EA
  • 5位:Call of Duty: Black Ops — 360, PS3, DS, Wii, PC — Activision
  • 6位:Lego Star Wars III: The Clone Wars — WII, 360, NDS, PS3, 3DS, PSP, PC — LucasArts
  • 7位:Crysis 2 — 360, PS3, PC — 7 — Electronic Arts
  • 8位:NBA 2K11 — 360, PS3, PS2, Wii, PSP, PC — Take 2 Interactive
  • 9位:MLB 11 The Show — PS3, PSP, PS2 — Sony
  • 10位:Fight Night Champion — 360, PS3 — EA
情報元:Joystiq

ダンスゲームはまだ伸びる?「Michael Jackson: The Experience」の世界セールスが300万本を突破

2011年4月11日 19:22 by katakori
sp
「Michael Jackson: The Experience」
“Smooth Criminal”は無理

先ほど今週のUKチャートにて新作ダンスゲーム”Zumba Fitness: Join the Party”が1位を獲得したとお伝えしましたが、Just Danceでダンスブームを爆発させたUbisoftが昨年末にリリースしたマイケル・ジャクソンのダンスゲーム「Michael Jackson: The Experience」の世界セールスが300万本を突破したことが明らかになりました。

なお販売地域については、最も熱狂的なダンスゲームブームを迎えているイギリスだけで全体の11%に及ぶ319,000本を販売したとのこと。

情報元及びイメージ:Joystiq

スミソニアン博物館が開催する「アート・オブ・ビデオゲーム」の展示タイトル投票期間が17日まで延長

2011年4月7日 16:48 by katakori
sp
「アート・オブ・ビデオゲーム」

2009年の12月に開催がアナウンスされ、2012年3月16日から9月30日に掛けてスミソニアン博物館で開催されるビデオゲームをテーマにした展覧会「アート・オブ・ビデオゲーム」、現在は出展される80タイトルを決めるユーザー投票が公式サイトにて行われていますが、昨日この投票期間が4月17日まで延長される事が発表されました。

投票はコンソールの世代別に5つの時代に分けられ集計が行われており、そのリストを眺めるだけでも40年に渡るビデオゲームの歴史と進化が俯瞰出来る興味深い内容になっています。投票にはユーザー登録が必要ですが、興味の有る方は是非一度その内容を確認して票を投じてみてはいかがでしょうか。

アメリカを代表する博物館であるスミソニアンがこういった企画を入念に進めている事自体が、近年のビデオゲーム産業の潮流を物語る1つの側面とも言え、ますます豊かになるコンテンツと技術、そしてゲーム文化が改めてその歴史を体系的に総括する必要性をおびてきた象徴的な出来事とも感じられます。

ユーザー投票による結果の発表は5月5日、選ばれた作品群はスクリーンショットと短いビデオクリップも併せて公開されますので、発表あり次第改めて続報をお知らせいたします。

情報元:Joystiq

「NGP」は基本無料プレイのMMOタイトルに打って付けのプラットフォーム、SOEのボスJohn Smedley氏が発言

2011年4月6日 19:07 by katakori
sp
「NGP」

来るPSPのハイスペックな後継機として期待されている「NGP」ですが、GamesIndustry.bizのインタビューの中で、基本無料プレイのMMOタイトルがコンソールに登場する可能性について聞かれたSOEのボスJohn Smedley氏が、NGPはフリーミアムのMMOに最適なプラットフォームだと回答しました。

Smedley氏はNGPがPS3では見られなかった明るい将来を見ていると強調し、市場には多くの偉大な基本無料タイトルが存在し、それがコンソールにやって来ると考えているとの見解を述べ、コンソールデベロッパが無料でコアゲームを提示し、アドオンコンテンツで利益を得る時代になるのはもはや時間の問題だと語っています。

そして、これに適するソニーのデバイスがNGP以外には思い当たらないと語った氏は、正確な情報として伝えるには早すぎるとしながらも、やはり個人的な見解としてはフリーミアムタイトルの登場は間違いないとの意見を改めて強調しています。

マイクロトランザクションを利用する場合、やはりそのマネタイズの仕組みこそが問題であり、この辺りに障壁を緩和するアイデアが用意されているのか、既存のビジネスモデルに大きな変革をもたらす内容だけに今後の動向が気になるところです。

情報元:Eurogamer, イメージ:Joystiq

今年の「March Mayhem」が遂に終結、優勝は”Minecraft”でお馴染みの「Mojang AB」!

2011年4月5日 19:31 by katakori
sp
「March Mayhem」

先日からトーナメントの模様をお知らせしてきたAlienwareが主催する最強の(人気的な意味で)デベロッパを決めるトーナメント企画「March Mayhem」ですが、先ほど遂に激しい戦いが終結、なんと優勝はインディタイトルながら今年の賞レースを席捲した”Minecraft”でお馴染みの「Mojang AB」となりました。凄い!

Mojang ABの優勝は決して運によるものではなく、第1回戦では任天堂を破り、2回戦にはバンダイナムコ、3回戦ではEpicを打ち倒し、続く4回戦ではObisidianを撃破、さらに準決勝では去年の覇者Valveを破り、ラストバトルとなった決勝戦では去年の準優勝を飾ったBioWareに勝利、ほぼ優勝候補ばかりとの連戦連戦を勝ち抜き優勝を飾ることとなりました。

人気投票による愉快な1企画に過ぎないMarch Mayhemですが、ユーザーからの投票による勝敗の行方はなかなかドラマチックでもあり、去年のZyngaの勢いなどを鑑みると、今年もビデオゲーム産業の潮流における”ある”側面を如実に映し出した物だとも言えそうです。

Minecraftで一気に人気デベロッパとして台頭し、今回の優勝である意味世界一の人気デベロッパとなったMojang ABの今後が非常に楽しみです。

情報元:The Escapist

3月27日から4月2日までのUKチャートが発表、「Crysis 2」が再びトップの座を獲得!

2011年4月4日 19:03 by katakori
sp
「Crysis 2」 クライシス 2

毎週お馴染みGfKの調査によるイギリスの週間ソフトウェアセールスランキングが先ほど発表、3月27日から4月2日までのセールスチャートはCrytekのブロックバスタータイトル「Crysis 2」が再びトップに輝き2週連続1位を獲得しました。

2位にはこちらも初登場のフィットネス系タイトル”Zumba Fitness: Join the Party”がランクインし、期待のシリーズ最新作「Shift 2: Unleashed」は4位という結果になっています。

上位20タイトルの詳細は以下からご確認下さい。

  • 1位:Crysis 2
  • 2位:Zumba Fitness: Join the Party
  • 3位:LEGO Star Wars III: The Clone Wars
  • 4位:Shift 2: Unleashed
  • 5位:Homefront
  • 6位:Tiger Woods PGA Tour 12: The Masters
  • 7位:WWE All Stars
  • 8位:FIFA 11
  • 9位:Pokemon White
  • 10位:Art Academy
  • 11位:Fight Night Champion
  • 12位:Just Dance 2
  • 13位:Pokemon Black
  • 14位:Assassin’s Creed: Brotherhood
  • 15位:The Sims: Medieval
  • 16位:Super Street Fighter IV 3D Edition
  • 17位:MotorStorm Apocalypse
  • 18位:The Sims 3
  • 19位:Call of Duty: Black Ops
  • 20位:Killzone 3
情報元:Eurogamer

休憩動画:王子がレトロなあれこれをゴロゴロ、ファンメイドの「塊魂」映像がアイデア抜群

2011年4月4日 18:03 by katakori
sp

本日公開された日本の災害復興を応援する”Gamers Heart Japan“においても、海外の開発者達から多くのリスペクトが語られていた高橋慶太氏の代表作「塊魂」、そんな本作がもしレトロゲームの世界でゴロゴロしたら……というファンメイドの映像作品が公開されました。

映像にはパックマンやメトロイド、マリオ、インベーダーなどの代表的なタイトル以外にも”Lord of War”や”California Games”、”Froehn”、初代”Test Drive”、”Discworld”、”Cannon Fodder”、”Movie Monsters”に”North & South”などなど、もう洋レゲー好きにはたまらない珍品名品の数々が収録されており、それを見るだけでも楽しい愉快映像に仕上がっています。これは王子頑張った!

情報元:Boing Boing

海外ビデオゲーム産業が1つになり日本の復興を応援する「Gamers Heart Japan」の本編が公開!

2011年4月4日 14:14 by katakori
sp

先日から何度かに渡ってお伝えしてきた、海外ビデオゲーム産業におけるスター開発者やメディア達による東日本大震災の復興支援を目的とした特別番組「Gamers Heart Japan」の本編が遂に本日公開、モリニューにウィル・ライト、シド・メイヤー、Cliffy B、ティム・シェーファーなど(敬愛を込めて敬称略)、歴々たるゲーム開発者達が日本産ゲームに対するスペシャルな思いと影響を切々と語るリスペクトに溢れた番組となりました。

映像には日本産ビデオゲームの名作タイトルが山の様に収められており、日本のビデオゲーム産業がゲームの歴史において如何に法外なイノベーションを実現し、提供し続けてきたか、改めてその歴史と実績が60分の映像に見事にまとめられており、参加した多くの関係者達がはっきりと口にする「I Love Japan」(後半にはドレイクとサリバン、エレナが一緒に語るシーンも!)の言葉と日本への愛に、涙無しでは見られない内容となっています。

なお、Gamers Heart Japanに参加した開発者達とビデオゲームメディアのリストは過去記事にてご確認下さい。また、本番組に寄せられた義援金は全て赤十字を通じて震災の復興支援に充てらる事が発表されています。様々な状況が重なり複雑化と混迷が進む国内の状況ですが、今回のストレートな思いとリスペクトに溢れた行動には、もはやどう感謝を述べれば良いか判らない程に心を打ち、強く励まされました。みんな本当にありがとう!

今週の北欧セールスチャートは「Crysis 2」が一位を獲得、上位3タイトルが新作に

2011年4月4日 12:12 by katakori
sp
「Crysis 2」 クライシス 2

先週はBioWareのシリーズ続編”Dragon Age II”が首位を獲得した北欧チャートですが、さきほど今週の北欧セールスチャートが発表、Crytekのシリーズ続編「Crysis 2」が初登場一位を獲得した事が明らかになりました。

今週は上位3タイトルが全て初登場の新作により占められていながらも、4位にはCall of Duty: Black Opsが位置しており、北欧での強さを見せつけています。その後HomefrontとDragon Age IIが続く上位10タイトルの詳細は以下からご確認下さい。

  • 1位. Crysis 2 (EA)
  • 2位. Lego Star Wars III: The Clone Wars (Activision)
  • 3位. The Sims: Medieval (EA)
  • 4位. Call Of Duty: Black Ops (Activision)
  • 5位. Homefront (THQ)
  • 6位. Dragon Age II (EA)
  • 7位. The Sims 3 (EA)
  • 8位. FIFA 11 (EA)
  • 9位. Assassin’s Creed: Brotherhood (Ubisoft)
  • 10位. New Super Mario Bros (Nintendo)
情報元:Edge

続報:NPDが発表した現世代コンソールにおける北米総売上げトップ10タイトルが判明

2011年3月29日 14:22 by katakori
sp
「Guitar Hero 3: Legends of Rock」

先日、NPDが1995年以降の北米ビデオゲーム産業における最も売上げの大きなタイトルが「Guitar Hero 3: Legends of Rock」だと発表したことをお知らせしましたが、本日改めてこの調査における上位10タイトルのリストが登場、北米におけるActivisionの強さが浮き彫りとなる驚きのラインアップとなっています。

前回の記事でもお伝えした通り、Guitar Heroを始めWii FitやRock Bandなど単価の高いタイトルが目立つ中、北米における販売本数でWii Playを超え史上最大のセールスを記録したCall of Duty: Black Opsや、Modern Warfare、そしてModern Warfare 2が揃ってランクインしており、Call of Dutyシリーズの根強い人気がはっきりと感じられます。上位10作を3社で占める興味深いリストは以下からご確認下さい。

  • 1位. Guitar Hero III: Legends Of Rock (Activision)
  • 2位. Call Of Duty: Black Ops (Activision)
  • 3位. Wii Fit (Nintendo)
  • 4位. Call Of Duty: Modern Warfare 2 (Activision)
  • 5位. Rock Band (MTV Games)
  • 6位. Wii Play (Nintendo)
  • 7位. Guitar Hero World Tour (Activision)
  • 8位. Wii Fit Plus (Nintendo)
  • 9位. Mario Kart Wii (Nintendo)
  • 10位. Call Of Duty 4: Modern Warfare (Activision)
情報元:Edge

3月20日から26日までのUKチャートが発表、「Crysis 2」が初登場1位を獲得!

2011年3月28日 19:51 by katakori
sp
「Crysis 2」 :クライシス 2

毎週お馴染みGfKの調査によるイギリスの週間ソフトウェアセールスランキングが先ほど発表、3月第4週のセールスチャートは24日にリリースされたCrytek渾身のシリーズ続編「Crysis 2」が初登場1位に輝きました。

なお、Crysis 2のプラットフォーム内訳はXbox 360が57%、PS3が29%、14%がPC(※ デジタル販売は集計に含まれず)となっており、マルチプラットフォーム対応を果たしたハイエンドシューターが市場に好意的に受け入れられた様子が数字から感じられます。

2位にはこちらも初登場となるLEGO Star Wars IIIが登場、先週首位を獲得したHomefrontは3位にランクダウンしています。

また、ヨーロッパでのローンチも迎えた3DSの対応タイトルが10位圏内に4本ランクイン(Rayman 3D!)、先ほど北米で200万セールスの突破をお知らせしたポケットモンスターブラック・ホワイトの根強い人気も併せ、久しぶりにDS/3DSタイトルが目立つ週間チャートとなっています。

上位20タイトルの詳細は以下からご確認下さい。

  • 1位:Crysis 2
  • 2位:LEGO Star Wars III: The Clone Wars
  • 3位:Homefront
  • 4位:Super Street Fighter IV 3D Edition
  • 5位:Pokemon White
  • 6位:Pilotwings Resort
  • 7位:Pokemon Black
  • 8位:The Sims: Medieval
  • 9位:Rayman 3D
  • 10位:FIFA 11
  • 11位:Fight Night Champion
  • 12位:Just Dance 2
  • 13位:Dragon Age II
  • 14位:Super Monkey Ball 3D
  • 15位:Ridger Racer 3DS
  • 16位:Killzone 3
  • 17位:The Sims 3
  • 18位:PES 2011
  • 19位:Top Spin 4
  • 20位:Nintendogs + Cats: Golden Retriever
情報元:Eurogamer

“Angry Birds”の実写映画化パロディ「Angry Birds: The Movie」の予告トレーラーが全力でバカバカしい

2011年3月28日 16:56 by katakori
sp
サムネからもうずるいwww

先日、Haloのパロディ映像シリーズ”Red vs. Blue”などでもお馴染みのRooster Teethがソーシャルタイトルとして大人気の”Angry Birds”を実写映画にしたら……というパロディを「Angry Birds: The Movie」予告トレーラーとして製作、あるあるネタをふんだんに盛り込み、心の底からバカバカしく最高にくっだらない映像を公開しました。(※ 褒めてます)

駄目な方向でツボの押さえ方がハンパ無く、トリ共の投げやりなクオリティに加え、微妙にリアルなCGとポスプロ処理、そして1分30秒あたりから畳みかけてくる無駄にハイテンションなシーケンスの連続に無理矢理笑わされる強い映像に仕上がっています。トリの頭を食いちぎるな!

最強デベロッパーズトーナメント「March Mayhem」のベスト8が決定、Mojang ABがなんとEpicに勝利!

2011年3月26日 10:57 by katakori
sp
「March Mayhem」

大盛り上がりのイベントとなった最強デベロッパー(人気的な意味で)を決めるAlienware主催のトーナメント「March Mayhem」が今年も開催、先日には第3回戦のカードをお知らせしました。

本日投票の受付と集計が終わり、遂にベスト8の顔ぶれが決定、なんとMinecraftでお馴染みのMojang ABがEpicを下し、剛勇立ち並ぶ中にインディーデベロッパとして駒を進める驚きの結果となっています。第4回戦のカードは以下からご確認下さい。

  • Blizzard vs スクウェア・エニックス:見事Naughty Dogを破ったスクエニとBlizzard、色々な背景が透けて見える興味深いカード!
  • BioWare vs Bethesda:数々の野心作と見事な買収でますます勢力を拡大するBethesda、BioWareは防衛なるか
  • Mojang AB vs Obsidian:これまで任天堂、バンダイナムコ、Epicと次々に人気デベロッパを撃破してきたMojang AB、Obsidian……頑張れ
  • Valve vs カプコン:数多くのスーパーヒーローを擁するカプコン、ゲイブのギャラクタス化を食い止めて!
情報元:The Escapist
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.