第23回“D.I.C.E. Awards”の部門別ノミネート作品がアナウンス、「DEATH STRANDING」と「Control」がGOTYを含む最多ノミネートでリード

2020年1月11日 10:10 by katakori
sp
「DICE Awards」

昨年、新生“God of War”がGOTYを含む9部門を制し話題となった“D.I.C.E. Awards”ですが、本日Academy of Interactive Arts & Sciencesが第23回「D.I.C.E. Awards」の部門別ノミネート作品をアナウンスし、昨年末から数々のGOTYを受賞しているコジマプロダクションの野心作「DEATH STRANDING」とRemedy Entertainmentの新たな傑作「Control」が共に最多ノミネートを果たしたことが明らかになりました。(DEATH STRANDINGは7部門8ノミネート、Controlは8部門8ノミネート)

さらに、「Call of Duty: Modern Warfare」と「Disco Elysium」が6部門ノミネート、「Outer Wilds」と「Untitled Goose Game」が4部門に選出され“DEATH STRANDING”と“Control”に続く状況となっています。

なお、今年の授賞式はラスベガスのAria Resortで現地時間の2月13日に開催され、Jessica ChobotとGreg Millerがホストを務める予定となっています。

(続きを読む…)

幾つかの修正を含む「ボーダーランズ3」の新たなHotfixがアナウンス、延期となっていたテイクダウンイベントの解禁は1月16日

2020年1月10日 0:24 by katakori
sp
「Borderlands 3」

先日、難易度スケールを適用する“テイクダウン:マリワン社の機密実験を暴け!”イベントの延期が報じられた「ボーダーランズ3」ですが、先ほどGearbox Softwareが2020年1月9日分のホットフィックスをアナウンスし、日本時間の本日午前8時までに全プラットフォーム向けの適用を予定していることが明らかになりました。

また、延期となっていたテイクダウンイベントの新たなスケジュールも決定し、1月16日から1月30日に掛けてプレイ人数に応じた難易度スケールが適用されるとのこと。

聖別者エンフォーサーの暫定的な難易度調整を含むホットフィックスの変更内容は以下からご確認ください。

(続きを読む…)

「GDC Awards 2020」の部門別ノミネート作品がアナウンス、“DEATH STRANDING”がGOTYを含む最多7部門ノミネートでリード

2020年1月9日 10:47 by katakori
sp
「GDC Awards 2020」

昨日、多数の注目作が並ぶ“2020 Independent Games Festival”の部門別ファイナリストをご紹介しましたが、新たにIGFの授賞式と併催される第20回“Game Developers Choice Awards”の部門別ノミネート作品がアナウンスされ、小島監督率いるコジマプロダクションの野心作「DEATH STRANDING」がGOTYを含む7部門(ベストオーディオとベストデザイン、イノベーション賞、ベストナラティブ、ベストテクノロジー、ベストビジュアルアート)で見事最多ノミネートを果たしたことが明らかになりました。

また、Remedy Entertainmentの新たな傑作「Control」、TGA 2019のGOTYを勝ち取った「SEKIRO: Shadows Die Twice」、イタズラなガチョウをいきいきと描いた「Untitled Goose Game」、タイムループものの新たな金字塔「Outer Wilds」が同じくGOTY候補となっており、“Control”と“Outer Wilds”が5部門、“Untitled Goose Game”と“Disco Elysium”が4部門ノミネートで“DEATH STRANDING”に続く状況となっています。

なお、“GDC Awards 2020”の授賞式は、3月18日PT午後6時30分(日本時間の3月19日午前10時30分)にスタートし、Portalを生んだKim Swift氏がホストを務めるとのこと。

(続きを読む…)

「Destiny 2」の新たなエキゾチッククエスト“悪魔の残骸”のトレーラーがお披露目

2020年1月9日 10:21 by katakori
sp
「Destiny 2」

先日、映画やTVシリーズ化に関する興味深い話題をご紹介した「Destiny 2」ですが、“暁旦”イベントの終了が目前に迫るなか、新たにBungieがシーズンパス購入者向けの新たなエキゾチッククエスト“悪魔の残骸”を導入し、報酬となるエキゾチックピストル“悪魔の残骸”を紹介する新トレーラーを公開しました。

2つのモードを持ち、強力なレーザーを放射できる“悪魔の残骸”の外観とプレイ映像は以下からご確認ください。

(続きを読む…)

Update:日本語対応を含む「Kentucky Route Zero」の最終章とコンソール向けの“TV Edition”ローンチが1月28日に決定、新トレーラーも

2020年1月8日 17:05 by katakori
sp

UPDATE:1月8日17:05

本日、「Kentucky Route Zero」の最終章“Act V”と「Kentucky Route Zero: TV Edition」の発売日に関する話題をご紹介しましたが、新たにCardboard ComputerがSteamの商品ページを更新し、1月28日のアップデートとリリースにて、2017年8月のアナウンス通りフランス語とイタリア語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、韓国語、日本語を含むローカライズに加え、これまでにリリースされたAct間のインタールード、多数の修正と改善を導入することが判明しています。

以下、更新前の本文となります。

「Kentucky Route Zero」

昨日、試聴曲を含む新たなサウンドトラックのプレオーダーがスタートした傑作アドベンチャー「Kentucky Route Zero」ですが、本日予定通りホットラインのカウントダウンが終了し、待望の最終章“Act V”とコンソール向けの完全版「Kentucky Route Zero: TV Edition」の発売日が2020年1月28日に決定したことが明らかになりました。

また、発売日の決定に併せて、本作の舞台となる幾つかのロケーションを映した“Kentucky Route Zero: TV Edition”のトレーラーが登場しています。

(続きを読む…)

多彩な注目作が並ぶ「IGF 2020」の部門別ファイナリストが発表、最多ノミネートはミュータント達のオフビートな日常を描いた“Mutazione”

2020年1月8日 11:25 by katakori
sp
「IGF 2020」

昨年、Papers, Pleaseを生んだLucas Pope氏の新たな傑作“Return of the Obra Dinn”が最優秀賞とナラティブ部門を制した“Independent Games Festival”ですが、本日「2020 Independent Games Festival」の部門別ファイナリストがアナウンスされ、隕石の衝突で住民がミュータント化した街のオフビートな日常を描くアドベンチャーとして高い評価を獲得したDie Gute Fabrikの「Mutazione」が最優秀賞であるSeumas McNally Grand Prizeを含む4部門選出で最多ノミネートを果たしたことが明らかになりました。

かわいいガチョウのいたずらを描いた話題作「Untitled Goose Game」や数々のハードコアなロジック/プログラミングパズルで知られるZachtronicsがAIカウンセリングをテーマに描いたビジュアルノベル「Eliza」、美しい自然公園の探索と動物たちの交流を描いたadamgryuの「A Short Hike」、ローグライクとデッキ構築カードゲームを組み合わせたMega Crit Gamesの傑作RPG「Slay the Spire」、3D環境と2Dダンジョンを融合させたSean Han Tani氏とMarina Kittaka氏のクラシックなアクションアドベンチャー「Anodyne 2: Return to Dust」といった注目作が並ぶ部門別ノミネート作品のラインアップは以下からご確認下さい。

なお、今年のIGF授賞式は2020年3月18日の現地時間夕方から、例年通り(GDC Awardsに先駆けて)サンフランシスコのMoscone Convention Centerで開催され、GDCの公式Twitchチャンネルにてライブ放送が行われる予定となっています。

(続きを読む…)

続報:リリースに期待が掛かる「Kentucky Route Zero – Act V」のサウンドトラックがアナウンス、予約販売もスタート

2020年1月7日 16:42 by katakori
sp
「Kentucky Route Zero」

先日、謎のカウントダウンがスタートし、リリースが近いのではないかと見られている傑作アドベンチャー「Kentucky Route Zero」の“Act V”ですが、ホットラインのカウントダウン終了が迫るなか、新たにCardboard Computerの共同創設者兼コンポーザーBen Babbitt氏が来る“Act V”のサウンドトラックをアナウンスし、自身のBandcampにてプレオーダーの受け付けを開始しました。

(続きを読む…)

Fangamer Japanが「UNDERTALE」の更なる新商品をアナウンス、大規模セール“新春初売り祭”も

2020年1月6日 15:58 by okome
sp
「UNDERTALE」

先日、“ちていのちっこいなかまたち シリーズ2”の販売がスタートした「UNDERTALE」ですが、新たにFangamer Japanがプレスリリースを発行し、“うざいイヌ ぬいぐるみクッション”や“クロスステッチ キット”を含む“UNDERTALE”の最新グッズを発表。本日18時からFangamer Japanの公式サイトにて販売を開始することが明らかになりました。

また本日から2月2日に掛けて、週替わりでセール対象商品が切り替わる大規模セール“新春初売り祭”も併せて発表され、期間中にFangamer Japanで商品を購入したユーザーには、UNDERTALEやOvercooked!、ショベルナイトを含む人気タイトル7作品のキャラクターがコラボレーションした特製非売品年賀カードが特典としてプレゼントされるとのこと。

(続きを読む…)

傑作アドベンチャー「Kentucky Route Zero」の最終章がいよいよリリースか、Cardboard Computerが遂にカウントダウンを開始

2020年1月6日 12:23 by katakori
sp
「Kentucky Route Zero」

2013年1月の発売と2016年7月の“Act IV”リリースを経て、2018年10月中旬に最終章“Act V”のポスターが公開された傑作アドベンチャー「Kentucky Route Zero」ですが、その後の進捗と続報に注目が集まるなか、昨日Cardboard Computerが謎のティザーフッテージを公開。どうやら“Act V”のリリースが近いのではないかと注目を集めています。

(続きを読む…)

メンバーの数に応じた難易度調整を適用する「ボーダーランズ3」の“テイクダウン:マリワン社の機密実験を暴け!”イベントが延期

2020年1月2日 15:15 by katakori
sp
「Borderlands 3」

昨日、4人Co-opに特化したエンドコンテンツ“テイクダウン:マリワン社の機密実験を暴け!”の難易度をパーティメンバーの数でスケールさせる新イベントの始動を予定していた「ボーダーランズ3」ですが、イベントの解禁が待たれるなか、新たに本作の公式Twitterが最新の進捗を報告し、イベントの延期を正式にアナウンスしました。

(続きを読む…)

SideshowがCD PROJEKT REDと提携、「サイバーパンク2077」のフィギュアコレクションを近くアナウンス

2020年1月1日 10:59 by katakori
sp
「Cyberpunk 2077」

2020年4月16日の発売が迫る期待作「サイバーパンク2077」ですが、発売に向けたプロモーションの本格化が待たれるなか、新たに高品質なハイエンドスタチューで知られる“Sideshow”が(The Witcher 3: Wild Huntに続いて)本作のライセンス取得を報告。近く、“サイバーパンク2077”コレクションのアナウンスを予定していることが明らかになりました。

(続きを読む…)

Beat SaberやGRISを含む「Steam アワード 2019」の部門別受賞作品がアナウンス、GOTYは“SEKIRO: Shadows Die Twice”が獲得

2020年1月1日 10:30 by okome
sp
「Steam」

ウィンターセールの実施に併せてコミュニティ投票が進められていた「Steam アワード 2019」ですが、本日部門別の受賞結果が発表され、From Softwareの新たな傑作“SEKIRO: Shadows Die Twice”が見事ゲームオブザイヤーを獲得したことが明らかになりました。

Beat Gamesが生んだ人気VRリズムゲーム「Beat Saber」や仏Asobo Studioの野心作「A Plague Tale: Innocence」、Nomada Studioの鮮烈なデビュー作「GRIS」、Devolver Digital史上最大のローンチを果たしたVictor Agren氏の新作アクション「My Friend Pedro」、お馴染み「Grand Theft Auto V」や「DayZ」、「Mortal Kombat 11」など、多くの傑作が並んだ部門別の受賞結果は以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

Death StrandingからMetro Exodusまで、2019年の見事な豊作ぶりを2分にまとめた今年の「The Year in Under 2 Minutes」が公開

2019年12月31日 17:18 by katakori
sp
「The Year in Under 2 Minutes」

大きな盛り上がりを見せた年末の大規模イベントも終了し、今年も残すところわずか数時間と迫るなか、多数の短編作品を手掛ける映像アーティスト/ライターMalcolm Klockさんが2019年の代表的な作品をまとめた年末恒例の「The Year in Under 2 Minutes」を公開しました。

The Game Awards 2019のGOTYを獲得した「SEKIRO: Shadows Die Twice」をはじめ、小島監督ファン待望の完全新作「Death Stranding」、REエンジンで生まれ変わった「バイオハザード RE:2」、“スター・ウォーズ”ゲームの新たな金字塔となった「Star Wars Jedi: Fallen Order」、Remedy Entertainmentの傑作「Control」、独創的なストーリーと圧倒的なビジュアルでゲーマーを驚かせた仏Asoboの「A Plague Tale: Innocence」、待望のシリーズ最新作「ボーダーランズ3」といった大作から、タイムループものの傑作「Outer Wilds」や今年最大のサプライズとなった「Disco Elysium」、Simogoの鮮烈な音楽ゲーム「Sayonara Wild Hearts」といったインディーの革新的な作品が並ぶ今年のまとめ映像とタイトルのラインアップは以下からご確認ください。

(続きを読む…)

Fangamer Japanが「UNDERTALE」のテミーやアルフィーを含む新たなフィギュアシリーズの販売を開始

2019年12月30日 22:46 by katakori
sp
「UNDERTALE」

本日、Fangamer Japanがプレスリリースを発行し、“ちていのちっこいなかまたち シリーズ1”に続く「UNDERTALE」のフィギュアシリーズ“ちていのちっこいなかまたち シリーズ2”の販売開始をアナウンスしました。

“ちていのちっこいなかまたち シリーズ2”のアナウンスに伴い、アルフィーアンダインメタトンフラウィテミーに加え、5体を同梱するコンプリートセットが国内ストアで購入可能となっています。

各フィギュアの可愛いイメージと商品情報を含む最新のリリース情報は以下からご確認ください。

(続きを読む…)

Split/SecondからForza Horizonまで、人気番組「トップ・ギア」が選ぶ2010年代のベストドライビングゲームTOP20がアナウンス

2019年12月30日 12:36 by katakori
sp
「The 20 best driving games of the decade」

本日、BBCの歴史ある人気番組「トップ・ギア」が2010年代に登場した優れたドライビングゲームを選出する上位20作品を発表し(参考:20~11位10~1位)、英Playground Gamesが開発を手掛けた「Forza Horizon 4」がこの10年間で最も優れたレーシングゲームに選ばれたことが明らかになりました。

「Project CARS 2」や「Forza Motorsport 7」、「GT Sport」といったお馴染みの作品と共に、今は亡きBlack Rock Studioの傑作「Split/Second」やカルト的な怪作「Driver: San Francisco」、名門Bizarre Creationsが手掛けた最後のレースゲーム「Blur」、ハードコアなレーシングシム「rFactor 2」といった名作が並ぶ興味深いTOP20は以下からご確認ください。

(続きを読む…)

新たな傑作“Control”を生んだサム・レイク氏が選ぶ2019年のベストゲームTOP5がアナウンス

2019年12月28日 12:02 by katakori
sp
「サム・レイク」

“Alan Wake”以降の取り組みを一つにまとめあげたスタジオの集大成とも言える傑作「Control」で非常に高い評価を獲得したRemedy Entertainmentですが、新たにGiant Bombが多彩なゲストを迎えた年末企画の一環として、Remedyのクリエイティブディレクターを務めるお馴染みサム・レイク氏のベストゲームTOP5を公開し話題となっています。

(続きを読む…)

Valveが“Steam”の多彩な販売データをまとめた「2019年 年間ベスト」の分野別上位タイトルを発表

2019年12月27日 23:24 by okome
sp
「Steam」

本日、ValveがSteamの売り上げトップや人気の新作、売上トップのバーチャルリアリティゲーム、トップ早期アクセス卒業タイトル、最もプレイされたゲームなど、5つの異なる分野で今年の動向を振り返る「2019年 年間ベスト」をアナウンスし、多数の注目作が並ぶ上位作品の興味深いラインアップが明らかになりました。

今回の年間ベストは、昨年と同じく具体的な順位や収益を開示しておらず、プラチナ(1~12位)とゴールド(13~24位)、シルバー(25~40位)、ブロンズ(41~100位)の4ランクに大きく分類されています。各分野のタイトルリストページには各商品ページへのリンクに加え、セールの値引率と価格が掲載されていますので、セール期間中に買い逃した作品がないか、人気タイトルのラインアップと併せて確認しておいてはいかがでしょうか。

(続きを読む…)

Update:マクファーレントイズがジョニー・シルヴァーハンドを立体化する「サイバーパンク2077」アクションフィギュアの外観が公開

2019年12月27日 10:08 by katakori
sp

UPDATE:12月27日10:08

新たにPolygonが「サイバーパンク2077」アクションフィギュアに関する記事を公開し、CD PROJEKT REDとマクファーレントイズが3年間のライセンス契約を結んだことが明らかになりました。

また、アナウンスに伴い“ジョニー・シルヴァーハンド”の7インチアクションフィギュア(24.99ドル)と12インチアクションフィギュア(39.99ドル)、男性版“V”の7インチアクションフィギュア(24.99ドル)のイメージが登場しています。

以下、画像を追加した更新後の本文となります。

「Cyberpunk 2077」

先日、海外でマクファーレントイズによるアクションフィギュアシリーズ化が報じられた「サイバーパンク2077」ですが、先ほどKotakuやPolygonの創設者として知られる編集者Brian Crecente氏がマクファーレントイズによる3年間の“サイバーパンク2077”フィギュア展開を報告。併せてジョニー・シルヴァーハンドの7インチアクションフィギュアの外観を公開しました。

(続きを読む…)

sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.