iPhoneで「Fallout」?!カーマック氏が既に基本システムを構築したと発言

2009年11月6日 16:12 by katakori
sp
Fallout

すでにQuakeシリーズや次回作の「Rage」もiPhone向けのリリースがある事を明らかにしているidのジョン・カーマック氏ですが、BethesdaのプロデューサーTodd Howard氏との話の中で同氏からBethesdaのプロダクトも同様にiPhoneでやってみたいとの話を持ちかけられたそうです。

カーマック氏はその話を受け、流石というかなんというか、既にiPhone版「Fallout」のベースになるシステムを作り上げてしまったそうです。が、Bethesdaが他のプロジェクトが忙しくて日の目を見ていないとの事。恐るべしカーマック氏……。

という訳でBethesdaとidの仲睦まじい関係も明らかになり、カーマック氏とBethesdaのコラボレーションによる夢の共演なFalloutが遊べるかもしれない!という浪漫溢れるお話でした。

情報元及びイメージ:Destructoid

スーパーマリオが町にやってきた、ら?映像!

2009年11月6日 15:56 by katakori
sp

タイトル通りのマリオが現実世界にやってきたら?という一発ネタですが、合成のクオリティや町並の美しさが素晴らしい!曲も良いしタヌキマリオも無条件に可愛いというハッピーな小品に仕上がっています。

情報元:WildGames

カーマック氏が「Rage」にはdedicatedサーバを用意しないと発言

2009年11月6日 15:33 by katakori
sp
RAGE

Modern Warfare 2のPC版で火が付いたマルチプレイのdedicatedサーバ問題ですが、先日id softwareで「Rage」の開発を進めているジョン・カーマック氏が、現段階では同作にdedicatedサーバを用意するつもりが無いことを明らかにしました。

最近になって噴出しているdedicatedサーバの問題についてカーマック氏は「いい事は私たちがそのパイオニアになる必要がない事だ」とカーマックらしい合理的な発言をしています。いずれにしてもまだRageのリリースは来年から再来年に掛けて行われると考えられており、やはり同氏の言うとおりパイオニアとなるInfinity Wardのお手並み拝見といった所なのでしょうか。

情報元及びイメージ:GameInformer

映画版「Prince of Persia: The Sands of Time」の超ハイクオリティなトレイラーが公開、圧巻!

2009年11月6日 15:21 by katakori
sp

プロデュースに”パイレーツ・オブ・カリビアン”シリーズや古くは”トップガン”から”ビバリーヒルズ・コップ”シリーズ、”ブラックホーク・ダウン”などの超大作を手掛けてきたジェリー・ブラッカイマーが。そして監督にはジョニー・デップとアル・パチーノが素晴らしい共演を見せた”フェイク”や”ハリー・ポッターと炎のゴブレット”等の大作から、ジョン・キューザックとジャック・ブラックの永遠の名作”ハイ・フィデリティ”や”200本のたばこ”といった粋な佳作まで手掛けるマイク・ニューウェルを迎えた映画版の「Prince of Persia」の素晴らしい大迫力なトレーラーが公開されました。

主演のジェイク・ギレンホールも良い感じにもっさい男臭さたっぷりに成長して素晴らしい存在感!ヒロインを務める”007 慰めの報酬”でボンドガールに選ばれたジェマ・アータートンも一段とセクシー!そしてアカデミー俳優でもあるベン・キングズレーのきらりと光るはげの存在感!もう予告だけでお腹いっぱいになりそうな凄いクオリティです。

さらに本作のキーアイテムであり、原作タイトルでも新要素の一つであったサブタイトルにもなっている時間を自由に操れる短剣”The Sands of Time”のスローモーション効果も、サウロンやナズグルを思い起こさせるような素晴らしいエフェクトで再現されて原作のファンも納得の回収ぶりに大満足ではないでしょうか。Prince of Persia: The Sands of Timeは北米で2010年の5月28日に公開される予定です。

情報元:Destructoid

「Battlefield: Bad Company 2」のベータテストがPS3向けに11月19日から開始

2009年11月6日 11:50 by katakori
sp
発表に併せて公開された新トレーラー

EA DICEが開発を進めている「Battlefield: Bad Company 2」、先日からベータテストの噂が囁かれていましたが、昨晩本作のマルチプレイベータがPlayStation BlogにおいてPS3向けに11月19日から開始される事が明らかにされました。

ベータでのマルチプレイは24人までが参加可能な物で、巨大なマップの”Arica Harbou”(アリカ湾)がラッシュモードでプレイできるという物。

またベータテストへの参加方法はいくつか用意されているようです。
PlayStation Blogでの限定配布。
・北米小売店でのプレオーダー特典
・IGNやGameSpotといった情報サイトでの限定配布

また本作のベータテストは対象プラットフォームや実施地域も段階的に拡大されていく予定の様なので、PC版やXbox 360ユーザーもいずれ楽しむ事が出来るようです。Battlefield: Bad Company 2のリリースは北米で2010年3月2日、ヨーロッパでは3月5日となっており、対応プラットフォームはPCとPS3、Xbox 360となっています。

情報元:VG247

シリーズ先史を描く「Halo: Reach」のスクリーンショットと新情報がリーク

2009年11月6日 11:29 by katakori
sp
Halo: Reach

今年のE3で発表された「Halo: Reach」、これまでのタイトルで描かれてきた人類とコヴナントの戦いの歴史の導入部分を描くとされている新シリーズの一作目とされています。
Bungieからも発表以来新しい情報はなく、2010年秋リリースの予定である事以上の詳しい情報は出ていないHalo: Reachですが、先日複数の海外情報サイトにおいて開発中のスクリーンショットやゲームの情報がリークされました。内容は今作が分隊ベースのプレイになり、Perkが用意されていると言う物。既に用意されているPerkとしてスプリント、レーダージャミングのクローク、ホログラムを用いたデコイなどがあると述べられています。

Halo: Reach
Halo: Reach
Halo: Reach
Halo: Reach
Halo: Reach
情報元及びイメージ:Shacknews

「Mass Effect 2」に登場する敵種族を紹介する映像が公開、新種族も!

2009年11月6日 10:59 by katakori
sp

異星人種族の多種多用さやその表現の幅は非常にクオリティの高かった前作ですが、さらに表現力が増した最新作「Mass Effect 2」ではどうなったか、同作に登場する敵種族を紹介する映像が公開されました。

映像ではコレクターと呼ばれる外骨格で複眼の新しい種族や、前作からザコとして登場する”Abominations”、巨大なゾンビ?と兵器が融合したような”Scions”、そして”Batorians”と呼ばれる飛行する虫っぽい種族など、新しい敵も多く登場する事になるようです。

さらに今作ではクォリアンによって造られたロボット種族のゲスも大きく敵対種族として絡んで来るようです。なんだか出番が多そうな感じで変な種族ファンとしては大変嬉しい限りです。あと、出来れば巨大種族のリーパーの出番が沢山ありますように……。

今回はシェパードが暗黒面に落ちてしまったりと、まだまだ大きなサプライズが隠されていそうな期待の続編「Mass Effect 2」は北米では2010年1月26日、ヨーロッパでは1月29日のリリース、PCとXbox 360の両プラットフォーム共に同時発売となります。

情報元:Joystiq

Left 4 Deadに~オブ・ザ・デッド的な大作MOD「Dead Before Dawn」が登場

2009年11月6日 10:20 by katakori
sp

最新作のLeft 4 Dead 2では公式キャンペーンにとうとうショッピングセンターが舞台に盛り込まれましたが、まだまだ前作も負けてはいません。という事でLeft 4 Deadにドーン・オブ・ザ・デッド的な大作MOD「Dead Before Dawn」が登場しました。

6つの新マップに200を越えるカスタムモデルに、ランダム性の強化、音楽にも力が入っていて、さらにクオリティの高い新ボイスまで収録されている超級MODとなっています。

そして”ドーン・オブ・ザ・デッド”リスペクトを公言しているだけに、映画的な演出にも非常に力が入っています。最初にご紹介した動画はプレイ映像は少なく、あれやこれやをサンプリングしてカットアップした映画的な映像で、そこにある種のアメリカの象徴とも言えるジョニー・キャッシュの名曲The Man Comes Aroundが乗せらる事で、所謂ユーザーメイヂなMODらしさが全く感じられないクオリティの高い物になっています。

さらにプレイ中にはSplinter Cell: Convictionで見られるテキストの使い方、映画ではカイル・クーパーやフィンチャー作品などで見られるような処理までされていて雰囲気もなかなか心憎い物に仕上がっています。

情報元:Joystiq

「Splinter Cell: Conviction」のデベロッパーズダイアリーが公開、サムは新たにイスラエルのクラヴ・マガを使う

2009年11月5日 19:22 by katakori
sp

UbisoftのMontrealスタジオが開発を進めている「Splinter Cell: Conviction」、新しいプレイ映像などが盛り込まれたデベロッパーズダイアリーが公開されました。今回の映像では前作までのサムとは違って怒りと復讐の鬼となった激しい姿が映し出され、戦闘が全体的にスピーディーになった事が判ります。

さらに今回はサムの変化に合わせて新しい格闘術が模索され、今作では20世紀に入ってイスラエルの近接格闘術であるクラヴ・マガが選ばれた事を明らかにしています。クラヴ・マガは派手さはないものの素早く効率的に敵を無力化する事に向いていますとリードデザイナーのSteve Masters氏が発言しています。しかし今回のサムは本当に容赦ないですね……。

Splinter Cell: Convictionは北米で2月23日にリリース、対応プラットフォームはXbox 360とPCとなっています。

情報元:VG247

脱力可愛らしいマリオの、とある一日的なマンガ!

2009年11月5日 18:58 by katakori
sp
マリオ

可愛くてたまらんマリオのマンガがポルトガルのアーティストサイトRyotirasで公開されました。良い顔のマリオが存分に拝める素晴らしい作品に仕上がっています!かわいい!

情報元及びイメージ:Ryot IRAS

雷神ソーとキャプテン・アメリカは映画とゲーム共に2011年登場、キャスティングなども明らかに

2009年11月5日 17:46 by katakori
sp
Captain America

アイアンマンやハルクに始まったアベンジャーズ映画化への道ですが、次のステップである雷神ソーとキャプテン・アメリカの映画とゲームが2011年に登場する事がマーベルの決算報告書から明らかになりました。それによると雷神ソーの「Thor」は2011年5月20日に決定、キャプテンアメリカはタイトルが「The First Avenger: Captain America」となって2011年7月に公開される事になっています。

さらにThorはキャスティングや監督なども明らかにされています。一時期「ザ・セル」や「落下の王国」で凄まじい映像美を見せたターセムが監督にあたるとの噂も流れていましたが、監督は「ヘンリー五世」でアカデミーに輝いたケネス・ブラナーが担当、さらにソー役には映画版スタートレックでカーク船長の父を演じた二枚目のクリス・ヘムズワースが、そしてオーディン役にはなんとアンソニー・ホプキンスが、そしてヒロインにはナタリー・ポートマンという豪華キャスティング、ニック・フューリーももちろんサミュエル・L・ジャクソン!さらにスタン・リー御大まで出演が決まっているという夢の共演が見られる事になります。

去年のスルースのリメイクでも素晴らしい作品を見せてくれたケネス・ブラナー、イギリス的な映像は雷神ソーの世界にはぴったりと言えるのではないでしょうか。さらに当初6代目ジェームス・ボンドとして知られるダニエル・クレイグが噂され、色んな意味でそれは見て見たい!と期待された主役のキャスティングですが、最終的な着地点がクリス・ヘムズワースならこちらも納得文句無し!と言えそうです。

キャプテン・アメリカの方はまだまだ噂段階の話ばかりで詳細は明らかになっていません。2011年5月6日には既に「スパイダーマン4」がサム・ライミとトビー・マグワイアのコンビで続投される事が決まっており、11年の夏にはマーベル旋風が吹き荒れそうです。

しかしますます主人公キャラ総出演のアベンジャーズ本編が楽しみなキャスティングが出来上がっていく訳ですが、一体どんな予算の映画になってしまうのか、考えただけで恐ろしい今後の続報に期待です。

情報元:VG247, via:GameSpot

Activisionがゲームを楽しむ子供を持つ親に対する、正しいレーティングのガイドライン映像を公開

2009年11月5日 17:06 by katakori
sp
レーティング

ゲームを正しく、有益に、有用に楽しむというのはゲーマーにとって永遠の課題でもあり、なおゲーム好きな子供を持つ親にとっては非常にデリケートな問題でもあります。過激な表現や残虐なシーンなどコンソールの表現力も格段に上がった近年ではゲーム文化自体の成熟もあり、本当に数年前までは考えられなかったような多種多様な製品が見られるようになりました。

これに伴ってレーティングの問題も近年では表面化する事も多く、ユーザーや製品を購入する親にとっては情報過多の時代特有の取捨選択のスキルが求められる事になります。こういった問題に対してActivisionはオフィシャルサイト内で親に対するレーティングの基礎知識や、親が子供にゲームについて教える事、そして子供のプレイ時間などを制限する事の具体的な方法などを、ハーバードメディカルスクールのCheryl K. Olson博士が丁寧に解説した3本の映像を公開しました。

ActivisionのCROを務めるMike Griffith氏は、同社が消費者に対して適切なレーティングを支援するためのガイドラインを提供していく意志がある事を明示した上で、「Olson博士との協力によってビデオゲームが家族のための有益で、有用なツールになるだろう事を嬉しく思います」と発言しています。

国内ではやはり高橋名人の名言「ゲームは一日一時間」が有名ですが、ゲームを提供する側の企業が発信する目立った取り組みは数年見られなかった様に思います。ゲームの質も複雑化している近年において、今一度意味のある体系的な仕組みを考え直す時期が来ているのかもしれませんね。

情報元及びイメージ:GameInformer

「Assassin’s Creed II」の予約数が前作に比べ80%アップ、来年にはシリーズに新展開の予定も

2009年11月5日 16:36 by katakori
sp
Assassin’s Creed II

先日行われたUbisoftの第2四半期における決算報告会において同社のCEOを務めるYves Guillemotが「Assassin’s Creed II」の予約数が前作に比べ80%アップしている事を発表しました。同社はAssassin’s Creed IIの販売本数を前作の15~20%の販売数増を見越しているとの事。

さらに同報告会においてUbisoftのCFOを務めるAlain Martinez氏は来年にAssassin’s Creedフランチャイズからスピンオフ作品や別ジャンルの新タイトルを用意する予定があることを明らかにしました。今年はTrackmaniaシリーズのNadeoの買収やAssassin’s Creedシリーズの短編映画の公開、またその制作に携わったUbisoft Digital Artsの台頭も含めてかなり巨大なコンテンツホルダー化を目指している事を公言しているUbisoft、年末商戦後の動向も要注目の様です。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog, GameSpot

「Modern Warfare 2」に大迫力のローンチトレーラーが登場、そして気になるPC版の対戦規模のお話

2009年11月5日 16:03 by katakori
sp

本日「Modern Warfare 2」のTV放送で使われたローンチトレーラーが公開されました。これまで公開されたシーンに未見の情報をスピード感たっぷりにモンタージュした大迫力の映像に仕上がっています。

さらに気になる情報としてIW.netの立ち上げで大幅にマルチプレイの大改修を進める事になったPC版のModern Warfare 2ですが、Best BuyのライブチャットにおいてInfinity WardのMackey McCandlish氏が今回のマルチプレイの参加数を9vs9の18人に決定した発表しました。同氏はこれがバランスの調整結果である事を添えていますが、前作の参加人数が最大64人まで対応していた事からユーザーからは反発の声が上がっています。ここは大は小を兼ねる部分でもあるので、お祭りプレイが好きなユーザー達には非常に残念な変更となってしまいました。

情報元:1UP

悶絶動画!「Rabbids Go Home」のイタリア版ローンチトレーラーが公開

2009年11月5日 12:50 by katakori
sp

すでに海外ではリリースを迎えたUbisoftのMontpellierスタジオによるMichel Ancel氏最新作の「Rabbids Go Home」、いつも可愛いラビッツ達がさらにパワーアップして暴れ回る本作、当サイトでも絶賛ごり押し中です。先日イタリアでのローンチトレーラーが公開され、Vagabontuの曲も軽快に心から楽しそうなゲームの様子が見られます。

アナーキーでファニーでカオスなラビッツ達ですが、奇をてらわないストレートな面白さと愉快さは、近年においては既に珍しくなってしまった素敵な物に感じます。「Rabbids Go Home」の対応プラットフォームはWiiとDSで、日本語版は11月26日発売、amazonの予約特典にはラビッツのストラップが付属しています。

情報元:Wii Italia

ドイツUrbanscreen社による建物全体をピンボール化するイベント映像!そして驚愕の最新作品

2009年11月5日 12:32 by katakori
sp

ドイツにある映像技術スタジオUrbanscreen社による、建物の壁に映像を投影してピンボールを楽しもう!という映像をご紹介します。アイデアを言葉で書くと単純ですが、その完成度と高い技術は並大抵の物ではありません。ゲームも左右のフリップを二人に別れて担当し足で蹴ったらティルトも出来るという楽しそうな物で多くの人が集まるイベントがとても盛り上がっている様子がうかがえます。

このピンボール作品は2007年に行われた物で、同社はそれ以降も壁を利用した映像の投影を様々行っており、2年間でその技術は既に別次元に進化しているようです。同社が公開している最新の作品では信じられないようなクオリティの錯視的な驚愕映像が見られます。平面な壁がぼっこぼこになる様子は必見です!

情報元:tec.nologia

Blizzardが「World of Warcraft」ゲーム内アイテムのペットショップをオープン、パンダとリッチのペット販売を開始

2009年11月5日 12:02 by katakori
sp
WoW

Blizzardは本日「World of Warcraft」のインゲームアイテムをリアルマネーで販売するショップをBlizzardStoreにオープン、パンダのモンクと子供リッチのペットをそれぞれ10ドルでの販売を開始しました。

ペット自体はやはりBlizzardクオリティで良い物ですが、やはり注目すべきは先日もお伝えした有料での種族やFaction変更サービス、そして今回のアイテム課金の開始と、Blizzardが次期Battle.netへの布石として、トランザクションモデルの採用を本気で見据えている姿がありありと感じられる事でしょうか。

情報元及びイメージ:Joystiq

「Epic Mickey」キャラクター達に音声の台詞は無く、サイレントなスタイルに

2009年11月5日 11:20 by katakori
sp
Epic Mickey

恐ろしい程の労力と手間を掛けて過去の魅力的なディズニー作品を掘り起こし続けている「Epic Mickey」、ミッキーのモーションの再現度はフィルムと見比べても全く遜色のない素晴らしい物に仕上がっています。そういえばミッキーやオズワルドの声ってどうなるんだろうと以前から疑問に思ってはいたのですが、ウォーレン・スペクター氏によると本作に音声による台詞は無く、全てかつてのディズニー漫画の様に吹き出し等で表現されるとの事。

これは技術的な制限では無く、やはりアーティスティックな問題による決定だとの事で、特にオズワルドは現代のプレイヤー達には未知の存在であり、音声を付加させるための考察は必要が無く、彼はそういった付加を必要としないスペシャルなキャラクターであると締めています。

本当に徹頭徹尾、ディズニーの過去作品へのリスペクトとその良さを曲げないリメイクを突き進むウォーレン・スペクター氏、既に周辺では色々な未来への動きが取り沙汰されていますが、そんなみんなの希望や願望を余所に同氏がEpic Mickeyに夢中になっている事もまた事実の様です。一体どんな作品が出来上がるのか今から楽しみでしようがありません。

sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.