怒濤の攻勢を掛ける「Call of Duty: Modern Warfare 3」が第3弾ティザートレーラーを公開!今度はドイツだ!

2011年5月14日 13:37 by katakori
sp

先ほどロンドンの様子を描いた第2弾ティザートレーラーが公開されたばかりの「Call of Duty: Modern Warfare 3」ですが、リーク騒動を吹き飛ばすような勢いで早くも第3弾のティザートレーラーを公開、今回はまるでBattlefield 3を挑発するかのようにドイツでの大規模なビル倒壊を描いた内容で、かなりテンションの上がる映像となっています。

リーク騒動が予定外だったとして前倒しでプロモーションを開始したとはとても思えないCall of Duty: Modern Warfare 3、まだまだ続く情報が用意されているのか、今後の動向に注目です。

Ubisoftが“大規模なPC向けプロジェクト”を数日の内に発表予定

2011年5月14日 13:19 by katakori
sp
ubisoft

昨日UbisoftのQ4業績報告概要をお知らせしましたが、今回行われた報告の中でUbisoftのCEOを務めるYves Guillemot氏が新しいPC向けの大規模プロジェクトを数日のうちに発表すると発言しました。

このプロジェクトはUbisoftが誇るトップフランチャイズに基づいた計画とのことで、氏はこれが新しいビジネスモデルを採用した意欲的なコンテンツであるとアピールしており、累計販売本数などを考慮するとAssassin’s Creedシリーズに関連する物ではないかとの予想されることから、海外ではMMOタイトルの登場なども噂されています。

今回の業績報告ではPCプラットフォームでの売上げが好調な様子も見られたUbisoftだけに、どんなタイトルを用意しているのか、来る発表に注目が集まります。続報あり次第改めてお知らせいたしますので、お楽しみに!

情報元:Rock,Paper,Shotgun

「Call of Duty: Modern Warfare 3」のティザートレーラー第2弾が公開!今度はロンドンの中心部、英国国会議事堂が登場

2011年5月14日 12:26 by katakori
sp

先ほど遂に初のティザートレーラーが正式に公開された「Call of Duty: Modern Warfare 3」ですが、なんと矢継ぎ早に第2弾のティザートレーラーが公開、今後はイギリスはロンドンの中心部に位置するウェストミンスター宮殿が確認できる内容で、先ほどのトレーラーと同様、リーク情報とぴったり一致する内容となっています。

ソマリアやドバイ、ロシアにイギリスなど、世界各地が舞台として描かれるとの情報も噂されているCall of Duty: Modern Warfare 3、この後もさらなる舞台が描かれるのか、怒濤の展開を迎えたCoD新作の動向に注目!です。

アリスの現実と妄執が描かれた「Alice: Madness Returns」の強烈なストーリートレーラーが公開

2011年5月14日 11:02 by katakori
sp

日本語版のリリース決定で国内の注目も集まり始めた“アリス イン ナイトメア”の続編「Alice: Madness Returns」の物語冒頭を紙芝居風なアートワークで印象的に描いたストーリートレーラーが公開されました。

映像には現実と夢の狭間でトラウマからの逃避と強い妄執に囚われたアリスの狂気に満ちた精神世界が素晴らしいアートワークで容赦なく表現されており、この物語が一体どんな結末を迎えることになるのか、あと1ヶ月強と迫ったリリースが待ちきれません。

現実世界とのおとぎの国を往き来するアリスが描かれるという“Alice: Madness Returns”のリリースは6月14日、対応プラットフォームはWindowsとMac、Xbox 360、PS3となっています。

遂に登場!CoDシリーズ最新作「Call of Duty: Modern Warfare 3」のティザートレーラーが正式に公開

2011年5月14日 9:51 by katakori
sp

昨晩、突如大量のリーク情報が報じられたCoD新作ですが、先ほどお馴染みInfinity WardのRobert Bowling氏が“予定通りではない”と語り、遂に「Call of Duty: Modern Warfare 3」のティザートレーラーを正式に公開しました。既に公式Facebookページもオープン、リーク騒動で前倒しになったものの、いよいよ動き出した今年のCoD新作に期待が高まるところです。

映像はニューヨークが正体不明の潜水艦から攻撃を受けるもので、その内容は昨晩のリーク情報と一致しており、改めてプロットやディテールの詳細に注目が集まることとなりそうです。

Infinity WardのRobert Bowling氏が「Modern Warfare 3」のリークに言及、「いくつかは正しく、いくつかは正しくない」

2011年5月14日 3:04 by katakori
sp
「Call of Duty: Modern Warfare 3」 コールオブデューティ

海外情報サイトに掲載されたプロット全域にまで及ぶ「Call of Duty: Modern Warfare 3」のリーク情報ですが、来るCall of Dutyナンバリング新作は正式発表を目前に控える状況で、実際にはそのタイトルすら明らかにされていません。

そんな新作に関する大量のリーク情報やイメージの登場について、お馴染みInfinity Wardのコミュニティマネジャーを務めるRobert Bowling氏が自身のTwitterにて言及、「Modern Warfare 3に関する大袈裟な内容とリークされた大量の情報は、いくつかは正確なもので、いくつかは正しくありません。ネタバレによって経験を損なわないよう、実際の発表を待ちましょう。」と発言しました。

Robert Bowling氏の言及により一部が正しい情報だと判明した今回のリーク情報、公式発表を前に波乱に満ちたスタートを切ったCoD新作ですが、今後はビジネス的な意味でも改めて新たな波紋を呼ぶことになりそうです。

噂:「Call of Duty: Modern Warfare 3」のストーリーや登場キャラクターに関する大量のリーク情報が登場

2011年5月14日 2:24 by katakori
sp
「Call of Duty: Modern Warfare 3」 コールオブデューティ
キャラクターカスタマイズのバリエーションと思われるイメージ

先ほど海外情報サイトに登場した「Call of Duty: Modern Warfare 3」の物と思われる大量のイメージをご紹介しましたが、既にストーリーやプレイディテールに関する内容も報じられ始めており、登場する舞台やキャラクター、詳細なプロットに関する大量の情報が登場しています。

現在各所で報じられている情報は、真偽が疑わしいことに加え、プロットが冒頭からエンディングにまで及んで詳細に記された極度のネタバレとなっていることから、今回当サイトでご紹介する情報は序盤の内容に留めておく事を予めお断りしておきます

(続きを読む…)

速報:「Call of Duty: Modern Warfare 3」の物と思われるイメージが大量にリーク

2011年5月14日 0:30 by katakori
sp
「Call of Duty: Modern Warfare 3」 コールオブデューティ

先日行われたActivisionのカンファレンスコールにてリリースが明言されたCall of Dutyのナンバリング新作ですが、先ほど海外情報サイトのEurogamerやKotakuにて「Call of Duty: Modern Warfare 3」のタイトルが冠された大量のスクリーンショットやストーリーに関する情報が掲載、一部の情報は既に削除されたものの、フェイクとは考えにくい量のイメージとハイクオリティな銃器デザインに加え、バラエティ豊かなキャラクターカスタマイズが窺えるイメージなどが確認でき、注目が集まっています。

ストーリーとゲームの舞台に関する情報もかなり広範囲に報じられていますので、一先ず登場したイメージを先にご紹介致します。

「Call of Duty: Modern Warfare 3」 コールオブデューティ
「Call of Duty: Modern Warfare 3」 コールオブデューティ
お馴染みAK-47

(続きを読む…)

Ubisoftの業績報告から判明した「Assassin’s Creed」シリーズ関連の新情報まとめ

2011年5月13日 19:08 by katakori
sp
「Assassin’s Creed: Brotherhood」 アサシンクリード ブラザーフッド

先ほどUbisoftの2011会計年度Q4業績報告の結果をお知らせしましたが、これに伴い「Assassin’s Creed」シリーズ関連の話題も色々と明らかになっており、Assassin’s Creed Revelationsのリリースも含めた今後のフランチャイズの展望など、興味深い内容が語られています。

「Assassin’s Creed: Brotherhood」の販売本数は720万本を突破

今回の業績報告において先日PC版もリリースされたEzio3部作の2作目「Assassin’s Creed: Brotherhood」のセールスが720万本を突破したことが明らかになり、“Assassin’s Creed II”購入者の84%がBrotherhoodを購入したと報じられています。

また、UbisoftのCEOを務めるYves Guillemot氏はBrotherhoodが同社のHDコンソール区分における大きな成功タイトルだと強調、今後のフランチャイズ展開にも意欲を示し、別のフランチャイズ開発においてもAssassin’s Creedシリーズ並の成功を目指すと語りました。

「Assassin’s Creed Revelations」は90点以上のレビュースコアを目指す

Assassin’s Creed II以降、非常に早いペースで続編をリリースしてきたUbisoftですが、Game Informerのインタビューに登場したクリエイティブディレクターのAlexandre Amancio氏がRevelationsの開発が急ぎの仕事ではないとアピール、既に計画が1年以上に渡って進められてきたと語り、入念に開発が進められていることを強調しています。

さらにAmancio氏はAssassin’s Creed Revelationsがレビュースコアが90点以上をマークするタイトルを真剣に目指して開発を進めていると発言、異なる専門性を備えたスタジオ群との共同開発(※ Massive Entertainment、アヌシー、ケベック、シンガポール、ブカレストがモントリオールに協力)をRevelationsにフィットさせると、意欲を示しました。

「Assassin’s Creed III」は新しいキャラクターの物語になる

さらにAlexandre Amancio氏はRevelationsで終了するEzio3部作以降の展開にも言及、RevelationsがEzioとアルタイルの物語が、MinervaとJunoに絡む人類最初の文明にまつわる多くの謎にも解決をもたらし終焉を迎えると述べ、来るAssassin’s Creed IIIが別のキャラクターに焦点を合わせた内容になると明かしています。

情報元:Scrawl, CVG, CVG

Ubisoftが2011会計年度第4四半期の業績を報告、前年比15%減のマイナス成長に

2011年5月13日 18:04 by katakori
sp
「Ubisoft」 ユービーアイソフト

昨晩Ubisoftが3月31日に終了した2011会計年度第4四半期の業績報告を行い、今年度の売上げは前年比19%の増加となったものの、Q4の純利益は1億7800万ユーロで前年の2億1000万ユーロから15%減となったことが明らかになりました。

今会計年度の総売上は10億3900万ユーロで、昨年の8億7100万ユーロから19%増、総利益は昨年の5億1280万ユーロから6億7360万ユーロに増加しており、Assassin’s Creed BrotherhoodやJust Danceフランチャイズ、Michael Jackson The Experienceの好調が伝えられています。

また、今回の業績報告にてTom Clancy’s Ghost Recon: Future Soldierのリリースが2012年1月から3月への延期が発表され、ホリデーシーズンにおける険しいシュータータイトルの競合を避けるためだと説明されました。

Ubisoftが誇る有力フランチャイズの累計販売本数の概要が発表

記事冒頭に掲載したイメージは今回の業績報告に用意された資料からの一枚を取り上げたもので、Ubisoftの有力フランチャイズの累計販売本数の概要を記したものです。

なんとdoope!ではお馴染みラビッツシリーズが3100万本に達しており、タイトル数が全く違うもののAssassin’s Creedシリーズを超えており、ヨーロッパでの人気を感じさせる内容となっています。

この他Driverシリーズや新作発表も近いとされるBrothers in Armsシリーズ、お馴染みSprinter Cellシリーズなどコアタイトルに加え、長期的なヒットを記録したイメージの強いJust Danceシリーズなど、幅広い層に向けたタイトルが多く揃っているラインアップが改めて強調されています。

今回はQ4におけるプラットフォーム別の割合や2012会計年度Q1のリリースタイトルなどをまとめましたので、興味のある方は是非ご確認下さい。

Q4のセールスにおける各プラットフォームの占める割合

  • Nintendo DS:5%
  • Nintendo 3DS:20%
  • PC:17%
  • PS3:7%
  • PSP:2%
  • Wii:37%
  • Xbox 360:9%
  • その他:3%

2012会計年度の第1四半期にリリースされるメインタイトルは4本

  • KinectとMove向け“Michael Jackson The Experience”
  • Kinect向けの“Child of Eden”
  • XBLAとPSN向けの“Might and Magic Clash of Heroes”と“Outland”
情報元及びイメージ:VG247

開発が順調に進んでいる様子が窺える「Kingdoms of Amalur: Reckoning」の40分近いプレイ映像をまとめてご紹介!

2011年5月13日 16:29 by katakori
sp

大リーグの名投手として知られたカート・シリング氏率いる38 Studiosの初タイトルとなる「Kingdoms of Amalur: Reckoning」、開発には“Spawn”のトッド・マクファーレン氏に“ダークエルフ物語”のR.A.サルバトーレ氏、そして“The Elder Scrolls IV: Oblivion”のリードデザイナーを務めたKen Rolston氏等が参加しており、ドリームチームによる大作タイトルとして大きな注目を集めています。

3月に開催されたPAX Eastでは、本作のパネルディスカッションやデモンストレーションが行われ大量のプレイ映像が登場していましたが、当サイトが地震で被災していたためにご紹介が遅れていました。

今回はそんな夢のRPG大作Kingdoms of Amalur: Reckoningのプレイ映像を約40分近いボリュームでご紹介、トッド・マクファーレン氏らしいSFとファンタジーを組み合わせた様な世界観を舞台に、非常に魅力的な戦闘モーションと共に、溜めのスローモーションと解放時の爆発感が小気味良い印象を与えるテンポ良い戦闘がたっぷり収められており、アクション性に強く傾倒した作品である様子が窺えます。

また、映像にはキャラクター作成の様子も収められており、複数の種族(※ 種族別のボーナスが存在)からなる男女の選択や、加護を得る神の種類などをベースに、かなりのバリエーションのキャラクターカスタマイズが用意、Diablo IIライクなスキルツリーの構造なども見られ、かなり開発が順調に進んでいる様子が感じられます。

若干のトラブルに見舞われたものの、ロードアイランドの新スタジオへの引っ越しも無事に行われ、2012年の発売に向けドリームチームの底力を見せつけて欲しいところです。

情報元:Joystiq

「Portal 2」のMODツールから“Half-Life: Episode 3”の存在を匂わせるコードが発見

2011年5月13日 15:19 by katakori
sp
「Half-Life 3」 ハーフライフ 3

遂に先日リリースされた「Portal 2」のPC用MOD編集ツール“Portal 2 Authoring Tools”ですが、昨年リリースされた“Alien Swarm”用のSDKに続いて今回も“Half-Life: Episode 3”の存在を匂わせるコードが発見され注目を集めています。

今回発見された“npc_combine_advisor_roaming”は、Half-Life 2シリーズの敵勢力コンバインの重要キャラクターであるアドバイザーを連想させるもので、コード内部にはシールドを使うことや、“avalanche blast”、“spit attack”といった攻撃方法が用意されている旨が記されています。

また、アドバイザーの他にも“BaseHelicopter”や“rotor sounds”といったコードも発見されており、今回のMODツールに最新のSource engineから残されたコードを含んでいたと考えると、あれこれ妄想が膨らむ発見と言えそうです。

なお、去年の“Alien Swarm”用のSDKでは“Ep3 Blob Spit Position”や“Aperture: Nest”といった続編を匂わせるコードが発見されていました。

情報元:NowGamer

PC版「Alice: Madness Returns」に前作を同梱したEA Store専用の“Complete Edition”が発表、その他予約特典情報も

2011年5月13日 12:49 by katakori
sp
「Alice: Madness Returns」 アリス マッドネスリターンズ

遂に日本語版“アリス マッドネス リターンズ”も発表され、国内の注目度も高まってきたAmerican McGee氏の新作「Alice: Madness Returns」ですが、本日公式サイトにて海外版の予約特典に関するアナウンスが行われ、北米AmazonとGameStopのサウンドトラック同梱が判明、さらにPC版“Alice: Madness Returns”に前作“American McGee’s Alice”のリマスタータイトルを同梱した“Complete Edition”がEA Storeでのみ販売が行われることが明らかになりました。

このリマスター版“American McGee’s Alice”を含むComplete Editionの価格は49.99ドルで6月14日リリース予定となっていますが、まだ国内EAストアでの取り扱いは行われておらず、国内での販売にも期待したいところです。なお、日本語版はPCでもリリースされる模様で、国内Amazonにて日本語版“アリス マッドネス リターンズ”の予約受付がスタートしています。

「Rage」プレミアイベントでの直撮り映像が登場!20分の映像ほぼ全てが未発表のプレイシーン

2011年5月13日 12:01 by katakori
sp

今週に入り海外で「Rage」のプレミアイベントが開催されると報じられていましたが、会場にプレイ可能な状態で展示された新ビルドの直撮り映像が登場、20分を超えるボリュームで収められた映像のほぼ全てがこれまでに登場していないシーンで構成される必見の内容となっています。

映像には序盤のチュートリアルと思われる武器の入手シーンや4輪バギーを利用したエリア移動、そして後半の映像ではRageの世界でTVショーとして放送されている人気番組“Mutant Bash TV”に参加するシーンも見られ、狂気と笑いが混在するアポカリプスな雰囲気たっぷりの戦闘が収められています。また、以前のプレビューでもお知らせした通り、Mutant Bash TVは敵のWaveを数ターン生き残るタイプの内容となっており、ステージ間に用意された巨大なスロットの登場も確認できます。これは面白そう!

NPD:4月の北米セールスはXbox 360と“Mortal Kombat”がトップセールス、PS3も13%成長

2011年5月13日 11:37 by katakori
sp
「NPD」

NPD調査による4月の北米ビデオゲーム市場における販売結果が発表され、市場全体として前年比で20%成長を遂げる好調を記録したことが明らかになりました。ハードウェアセールスではXbox 360が29万7000台を売上げトップを飾り、ソフトウェアセールスではフランチャイズの再起動を図った“Mortal Kombat”が90万本を販売し、1位に輝いた事が明らかになりました。

ハードウェア販売は前年比12%増

2011年4月の北米ハードウェア販売は前年比12%増の2億7990万ドルとなり、3ヶ月連続成長と好調が続いています。また、PS3とPSP、Xbox 360が共に前年比増を実現しており、前述した通りXbox 360が29万7000台を売上げハードウェアセールスのトップを飾っています。また、PS3の販売は前年比13%増で2桁成長を実現したとのこと。

ソフトウェアセールスでは“Mortal Kombat”が原点回帰を果たしトップに

4月北米ソフトウェアセールスは全体で5億320万ドルに達しており、前年比26%増とこちらも好調な様子。セールスチャートではナンバリングを廃して原点回帰を図った“Mortal Kombat”が90万本を売上げ、Valveの注目作“Portal 2”を押さえトップに立っています。

また、DLCマップパックの販売も好調な“Call of Duty: Black Ops”が今だ4位にランクインしており、北米におけるCoDブランドの強い存在感を示しています。4月北米ソフトウェアセールスの上位10タイトルの詳細は以下からご確認下さい。

  • 1位:Mortal Kombat(90万本)
  • 2位:Portal 2(63万7000本)
  • 3位:LEGO Star Wars III: The Clone Wars
  • 4位:Call of Duty: Black Ops
  • 5位:Tiger Woods PGA Tour 12: The Masters
  • 6位:Crysis 2(23万6000本)
  • 7位:Just Dance 2
  • 8位:Michael Jackson The Experience
  • 9位:Pokemon White Version
  • 10位:NBA 2K11(19万本)

周辺機器/その他セールスは前年比20%成長

周辺機器/その他のセールスもハードウェアとソフトウェアの好調に伴い、売上げは全体で1億4760万ドルにまで達し、前年比20%増の成長を見せています。なお、最も売れたのはお馴染みLive用の1600ポイントカードでデジタル販売の強い成長を如実に表す結果と言えそうです。

情報元:VG247Gaming Everything

「Diablo III」の傭兵システム“Follower System”の新トレーラーが登場!タイプはサポート/火力/近接の3種

2011年5月13日 10:58 by katakori
sp

先日遂にベータテストの開始が7月から9月の間に行われると報じられたBlizzardの超本命タイトル「Diablo III」ですが、昨晩今作における傭兵システムの新しい映像がリーク、“Follower System”と名を変え、3タイプのキャラクターが登場することが明らかになり、真偽の程に注目が集まっていましたが、先ほどBlizzardからプレスリリースが発行されたとのことで、まもなく詳細な内容が発表されるのではないでしょうか。

映像からは“Follower System”に関する以下の様な内容が窺えます。

  • Enchantress:バフやデバフ、クラウドコントロール持ちの魔法サポートタイプ
  • Scoundrel:クロスボウ装備の火力型
  • Templar:盾装備可能でヒールやチャージ、挑発などが可能な近接タイプ
  • 各キャラクターには独自スキルが5レベル毎に3種類ずつ用意
  • 装備は武器/ネックレス/指輪の2種に、ロックされたスロットが1種
情報元:MMO Culture

PC Gamer誌に掲載された「The Elder Scrolls V: Skyrim」のイメージが数点登場

2011年5月13日 10:10 by katakori
sp
「The Elder Scrolls V: Skyrim」 エルダースクロールズ V スカイリム

昨日はドイツのゲーム情報誌“PCGames”の最新号に掲載された「The Elder Scrolls V: Skyrim」の新情報をお知らせしましたが、本日新たにPC Gamer誌に掲載された4点のイメージが海外情報サイトに登場しました。

点数は少ないものの、クリーチャーがアップで確認できるものや、昨日判明した新情報に関係する内容など興味深いイメージとなっています。

(続きを読む…)

昨日の海外ゲームニュース注目トピックス(2011/5/13)

2011年5月13日 9:55 by katakori
sp
ロシアでKinectを利用したフィッティングサービスが開始
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.