噂:「Max Payne 3」と「Red Dead Redemption」を開発中のRockstar Gamesにトラブル?

2010年1月15日 11:06 by katakori
sp
「Red Dead Redemption」

GTAシリーズやBullyなどクオリティの高いタイトルで知られるRockstar Games、現在は「Max Payne 3」と「Red Dead Redemption」の開発が進められており、GTAの新プロジェクトもどうやら進められているようで、多くのファンの期待を集めています。

そんなRockstar Gamesに何やら穏やかでない噂がここ数日噴出しています。匿名の内部情報、及び同じく匿名の元Rockstar Gamesの従業員によると、Red Dead Redemptionの開発が既に6年を越えており非常に困難である事、そしてその状況とリンクしてかまだリリース時期のはっきりしないMax Payne 3の制作が過酷を極める環境にあるとの悲痛な叫びが吐露されています。これに併せて労働環境の改善を求める動きも実際に見られる状況になっているようです。

まず開発期間が6年を越えたとされるRed Dead Redemptionのトラブルについては、Wedbush Morgan証券のアナリストMichael Pachter氏が分析を寄せています。同氏によると2004年3月にリリースされた前作Red Dead Revolverからざっくりと4年程度の開発が進められていると過程しても、人件費を含めた年間のスタジオ運営に1000万ドル程度が必要であり、おそらく全体の開発費が既に4000万ドルは下らないと予測しています。ここから導き出される回収可能な売り上げラインがおよそ8000万ドルになるとの事。これはおよそ175万本のセールスにあたり、さらに利益を得るためには1億6000万ドル/350万本の販売が必要になるのではとされています。

さらにこの問題に対してRockstarに問い合わせを行った所、Red Dead Redemptionの販売目標は400万本から500万本だとの事で、さらに同社がRed Dead Redemptionで目指している事は利益を得る事では無く、開発を担当しているサンディエゴスタジオがトリプルAタイトルを制作可能である事の証明にしたいとの目標が明らかにされました。

さらにこのRed Dead Redemption問題に並行して、Max Payne 3を担当しているバンクーバースタジオでは過酷な労働環境が問題となっており、匿名の内部職員をはじめ、従業員の家族、さらに元従業員などから同様の訴えが挙がっています。それによると2010年8月をリリース目標として進められているMax Payne 3は最近ストーリーが大きくリライトされ、これを合わせ既に3回の大きなリライトが行われたそうです。この状況でも開発チームは8月リリースに向けてフル稼働しており、一週間に6~7日勤務で14~16時間労働が続けられており、さらにはホリデーシーズンの休暇も取り消されたとの事です。

ゲーム開発の過酷さはよく取り沙汰される問題ではありますが、どうやらRockstarレベルのデベロッパでも例外ではない様ですね。しかしRed Dead RedemptionもMax Payne 3の両方とも素晴らしい期待作である事に違い無く、Rockstarの達成するクオリティが毎回素晴らしい物である事も間違いありません。開発期間の肥大化とクオリティの追求などは非常にデリケートな問題ですが、なんとか上手くクリアして素晴らしいタイトルに仕上げて欲しい所です。

情報元:Joystiq, Joystiq

ついに「Modern Warfare 2」のセールスが10億ドルを突破、Activisionが発表

2010年1月14日 18:17 by katakori
sp
「Modern Warfare 2」 モダンウォーフェア 2

Activisionが今月13日、「Modern Warfare 2」の売り上げがついに10億ドルの大台を突破したとのプレスリリースを発表しました。昨年11月10日にリリースされた本作は、発売から5日間で5億5000万ドルを売り上げ、様々な記録を塗り替えたメガローンチを果たしています。ActivisionのボスBobby Kotickは「Modern Warfare 2は私たちの期待を越えて映画産業のセールスを突破し、ゲームの記録を打ち立てました」と明かしています。

さらにイギリスでは2009年のXbox 360タイトルでもっとも売れたタイトルとしてModern Warfare 2が挙げられています。Modern Warfare 2以下にはFIFA 10、Forza Motorsport 3、Assassin’s Creed II、Halo 3: ODSTと続いています。春にはDLCのリリースも予定されているModern Warfare 2、次回作やCoDシリーズの今後も大きく注目されていますが、どのような展開が待っているのか今後も目が離せなさそうです。

情報元:VG247, VG247

これは……ファースト・パーソン・テトリスッッ!

2010年1月14日 17:27 by katakori
sp
テトリス FPS

やれDiablo IIIをFPS化しろだGod of War IIIをFPS化試してみただのと、FPSにまつわるユーザーの希望と開発者のすれ違いはよく見受けられる光景ですが、誰も望んでいなかった誰得マッチというのも中には存在します。そんななんでもFPS化の新しい極北かもしれないFPSとテトリスを組み合わせた作品が登場しました。うまい!けど慣れない感覚にきーっ!となること受け合い!あと横で人のプレイを見てると気持ち悪くなるのでお気を付け下さい。

情報元及びイメージ:GamesAjare

Ubisoftが2009~2010年の売り上げ目標を下方修正し「Splinter Cell: Conviction」が延期

2010年1月14日 17:14 by katakori
sp
スプリンターセル

Ubisoftは昨日、2010年3月31日で終了する今期の会計年度の売り上げ目標を下方修正した財務予測を発表しました。以前に発表した第3四半期5億4000万ユーロ通年で10億4000万ユーロとしていた目標を第3四半期を4億9500万ユーロ、通年で8億6000万ユーロと20%程度の下方修正を加えています。

予想セールスを下回ったとされる内訳はDSマーケットの減少とトリプルAタイトルであるキャメロン監督の「Avatar: The Game」、さらには”いくつかのカジュアルではないWiiタイトル”が挙げられており、今回の予測を元に「Splinter Cell: Conviction」と「R.U.S.E」のリリースが来期へと延期される事になりました。

期待作である「Splinter Cell: Conviction」の正確なリリース日はまだ明らかにされていませんが、4月リリースの予定ではあるようです。UbisoftのボスYves Guillemot氏はAssassin’s Creed 2等、成功したタイトルがいくつかあったにも関わらず目標に達することが出来なかったと発言しています。特にDS市場の縮小はUbisoftを大きく襲ったようで、前年比50%程度にしか達しなかった模様です。

またDS市場の縮小に反して大作志向のハイクオリティなタイトルのセールスが好調で、来期は改めてXbox 360とPS3のフランチャイズを強化していく事を明らかにし、2010~11年度のラインアップの初期情報として、Splinter Cell: Conviction、Ghost Reconの新作、Prince of Persia: The Forgotten Sands、Driver、Raving Rabbids 4、Assassin’s Creedの新エピソードなどを発表しています。

情報元及びイメージ:Joystiq, Edge

噂:BioWareがアクションゲームの未発表タイトルを開発中か?

2010年1月14日 12:38 by okome
sp
BioWare

リリース目前の新作Mass Effect 2や、昨年発売され高評価を受けたDragon Age: Originsなど素晴らしいクオリティのロールプレイングタイトルで知られるBioWareですが、新たにRPGでは無く未発表のアクションゲームが開発されているのではとの噂が聞こえてきました。

先日米国のビジネス系ソーシャルネットワーキングサイトLinkedInで、現在Dragon Age: OriginsのDLC開発チームのデザイナーをしているRob Bartel氏のプロフィールページに2006年から2008年まで氏が未発表のマルチプラットフォーム・アクション・タイトルの開発に関わってたと思われるような記述があった事がわかりました。また、昨年BioWareのシニアプロデューサーDaniel Roy氏も2008年1月から2009年6月に「未発表のオリジナルのIP」が存在した事を明らかにしています。

以上のことから流れた今回のアクションゲーム開発の噂ですが、まさかJade Empireの続編なんて事は……無いですよね。現在のBioWareの技術で再現されるとどうなるんだろうと想像せずにはいられません。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog

ワーナー・ブラザースがMonolithとSnowblind、Surrealのレイオフを敢行

2010年1月13日 17:49 by katakori
sp
「F.E.A.R 2」

昨日Warner Bros. Interactive EntertaimentがFEARシリーズでしられるMonolith ProductionsとBaldur’s Gate: Dark AllianceシリーズやDeath Tankで知られるSnowblind Studios、さらにSurreal Softwareの3スタジオに及ぶレイオフを敢行したことを発表しました。なお、レイオフの規模は明らかにされていませんが、ワーナーは「私たちは小さな機能の為に多くのリソースを持っていました」とGamasutraに明かしており、あくまで整理の一環だった事を強調しています。

情報元及びイメージ:Joystiq

今日のデスメタルはアサシン クリード IIモッシュとニワトリ!

2010年1月13日 16:35 by katakori
sp

説明不要というよりやりようがないデスメタルネタ、ブラストが大事ですからテンポよく行きます。まずはアサシンクリード IIの毒を用いてデスメタルでモッシュする映像です。暴れすぎ、殺しすぎ、あと毒の回り遅すぎ!前から盛られた人の動きみててなんか引っかかってたのはこれだったのか……。

そして2本目はエクストリームもここまで来たか感が漂うデスメタルチキン!超ロングトーンデスボイスのニワトリによるスクリームが素晴らしい逸品です。ニワトリ君の顔が素晴らしく良い顔。

情報元:GamesAjare

なぜその二つを混ぜた……Modern Warfare 2 ミーツ 映画トワイライトなパロディ映像!

2010年1月13日 16:15 by katakori
sp

アメリカでは女の子向けの大ヒットベストセラーとなっているステファニー・メイヤー原作の学園恋愛ヴァンパイア小説のトワイライトシリーズ、映画化も果たされ去年の年末には日本でも公開されました。そんなトワイライトの美少年吸血鬼エドワードと人狼ジェイコブがModern Warfare 2のプライス大尉とソープと一緒になってきゃっきゃうふふする頭の痛いパロディ映像が登場しました。

人の良さそうなプライス大尉のヒゲが薄い!さらにソープが2回同じ事を言うねちこそうな感じで秀逸に描かれています。こんなソープいやだ……しかしなぜトワイライトシリーズと合わせてみたのか、そこが一番謎ですがおもしろいからいいか。

情報元:G4TV

「Battlefield: Bad Company 2」のコンソール向けデモがリリースされる!PCベータの開始日時も1月28日に決定

2010年1月13日 15:35 by katakori
sp
「Battlefield: Bad Company 2」 バトルフィールド バッドカンパニー 2

FPSタイトルの王座奪還に向けてElectronic Artsの期待を大きく背負ったシリーズ最新作「Battlefield: Bad Company 2」、3月のリリースに向けてベータテストも好評で開発も順調に進められていますが、2月に新しくコンソール向けのデモ版がリリースされる事が公式blogから明らかになりました。

この記事はPS3ベータから130項目以上の変更点や修正が行われる旨が書かれた物で、新要素としてビークルのカモフラージュなども追加される事などが述べられています。さらにPC版のベータが1月28日から開始される事が明らかにされ、続けてコンソールデモの存在が明かされました。まだリリース時期については言及されていませんが、2月中にはリリースされる予定のようです。

意欲的な要素を様々盛り込み、ボリューム感もたっぷりなBattlefield: Bad Company 2、リリースは北米で2010年3月2日、ヨーロッパでは3月5日となっており、対応プラットフォームはPCとPS3、Xbox 360となっています。

情報元及びイメージ:PlayStation LifeStyle

映画スパイダーマンシリーズから離脱したサム・ライミ監督、次作は「Warcraft」か

2010年1月13日 14:57 by katakori
sp
「Warcraft: The Rise of the Lich King」

昨日サム・ライミ監督の離脱が報じられ、なんと高校生からやり直しになる事となった映画スパイダーマンシリーズですが、これにより監督の次回作が「Warcraft」になる可能性が大きくなってきました。最近本作のIMDB情報が更新され、新たに2011年公開の文字が付け加えられています。

さらに海外の映画ファンサイト大手のAin’t It Cool Newsもサム・ライミ監督の次回作がWarcraftであると発言しており、The HobbitやAvatarと並べてWarcraftに期待を寄せています。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog

「Crysis 2」は2011年3月までにリリース、ファイナンス情報から明らかに

2010年1月12日 18:20 by katakori
sp
「Crysis 2」 クライシス 2

前作CrysisではPC専用タイトルとして高い技術でゲームを1ステージ上に進める推進力として大きな影響を与えた作品となりましたが、続編にあたる「Crysis 2」ではエンジンもCryEngine 3にメジャーバージョンアップを果たし、マルチプラットフォーム対応の高クオリティなタイトルへと進化しました。

そんな本作のリリース情報はまだ全く聞こえてこない状況が続いていましたが、先日Electronic Artsが経済アナリストと共に行ったファイナンス関係の会議で同社CEOのJohn Riccitiello氏が初めてCrysis 2のリリースについて言及し、来年度の会計年度の最終月となる2011年3月までにはリリースを果たす旨を明らかにしました。

これに併せてJohn Riccitiello氏はシリーズ最新作の「Medal of Honor」、リメイクを果たす「Need For Speed」、コンソール対応の「Sims」、ワールドカップに向けたFIFAタイトル、イノベーティブなMadden、そして「Dead Space 2」の名前を挙げています。

情報元:G4TV

レーティングに対する妥協は許さず!「Aliens vs Predator」のデモがまもなく登場、さらにAliens RPGの映像がリーク

2010年1月12日 13:05 by katakori
sp
「Aliens vs Predator」 エイリアン vs プレデター

SEGAが展開するエイリアンフランチャイズの一つが、Rebellionが開発を進めているシリーズ最新作「Aliens vs Predator」です。PC版ではDX11にも対応し、非常にクオリティの高い造形が印象的で、海兵隊員、エイリアン、プレデターの三種族でバリエーション豊かなプレイが楽しめるFPSタイトルとなっています。

さらに本作ではかなり強烈なゴア表現も特徴となっており、スクリーンショットでさえ張るのが憚られるようなレベルの物が多く見受けられます。すでにレーティング問題ではおなじみのオーストラリアでは審査が通過できず、続くドイツのレーティングでも同様の事態になると予想されていますが(過去にRebellionタイトルがドイツでBanされています)、RebellionのMartin Kennedy氏とAlex Moore氏は最近行われたインタビューで「レーティング通過の為にゴア表現を和らげるつもりはない」と発言しています。加えて、近々本作のデモがリリースされる事も明らかにしました。

早ければ今年の2月にリリースともされる本作のセールスは、来るエイリアンフランチャイズの第2弾「Aliens: Colonial Marines」のリリースも左右すると言われており、レーティングの絡みもなかなかデリケートな問題となりそうな側面も持ち合わせています。この思い切った判断が吉と出るか凶となるか、今後の展開が気になる所です。

さらに昨日、エイリアンフランチャイズの一角とされ、Obsidian Entertainmentが開発を進めていた「Aliens RPG」の映像がリーク、プリプロ段階ではあるものの開発がある程度の状態まで進められていた事が明らかになりました。Obsidianのマーケティングディレクターを務めるMatthew Rorie氏が公式フォーラムでこの映像が本物である事を明かしています。すでにAliens RPGは昨年の6月の段階で開発がキャンセルされています。さて……この先エイリアンフランチャイズがどういった運命を辿ることになるのか、少なくとも穏やかな波では無さそうです。頑張れSEGA!

情報元:Joystiq, VG247

「Splinter Cell: Conviction」のCo-opパートは画面分割でプレイ可能に!

2010年1月12日 10:19 by katakori
sp
「Splinter Cell: Conviction」 スプリンターセル コンヴィクション
「Splinter Cell: Conviction」 スプリンターセル コンヴィクション

先日までラスベガスで開催されていたCESではチャレンジモードのプレイアブル展示も行われた「Splinter Cell: Conviction」ですが、本作のプロローグが6時間近いボリュームで描かれるこのCo-opモードが画面分割に対応している事が新たに判りました。Splinter CellのFacebook(※閲覧にはFacebookアカウントが必要になります)で公開された画像には新登場のDaniel Sloane-SuarezとMikhail Loskovの二人がしっかり一画面に分割されて登場している様子が確認できます。しかしこれは素晴らしいモード!やっぱり友達とさっくりその場で楽しめるってのは素敵ですね。

Ubisoftモントリオールスタジオが開発を進めているSplinter Cell: Conviction、北米でのリリースは2月23日、対応プラットフォームはXbox 360とPCとなっています。

情報元及びイメージ:The Lost Gamer

DLCの新要素にデカ顔やゾンビモード……?さらに大量のダンカンが復活する「Dragon Age: Origins」のパロディ映像が登場

2010年1月11日 13:14 by katakori
sp

いよいよ拡張パックの登場もアナウンスされ、少しだけ遅れたものの新DLC”Return to Ostagar”のリリースも果たし、さらなる盛り上がりを見せる「Dragon Age: Origins」ですが、なんとDLCの新要素にでぶドレイクに触発されたのかキャラクター達の顔がでかくなるビッグヘッドモード、大流行のゾンビサバイバルモード、本作No1萌えキャラのワンコのカスタマイズ&販売、海外ではビッチビッチと特定の層から叩かれまくってるモリガンをビンタではったおし(モリガン可愛そうに……)、さらにはアリスター君のヒゲを剃り、大量のダンカンが復活、大量のプレイアブル熊が追加されることが新たに……されるかあ!という事でカオスなパロディ映像が登場しました。

これは本作のModツールである”Dragon Age Toolset”を用いて作成されたオモシロ映像で、内容もさることながら、当ツールのカットシーン作成機能のパワフルさがよく判る映像とも言えます。今の所はまだ小粒なMODが大多数を占める本作のMOD事情ですが、こういったMAD的な楽しみ方で盛り上がるのも楽しいかも!

「Prince of Persia: The Forgotten Sands」の初スクリーンショットが公開

2010年1月9日 18:13 by katakori
sp
「Prince of Persia: The Forgotten Sands」 プリンスオブペルシャ

Prince of Persiaシリーズの生みの親Jordan Mechner氏が実に6年ぶりの復活を果たす事となったシリーズ最新作「Prince of Persia: The Forgotten Sands」、すでにトレーラーやアートワークが公開されている本作ですが、昨日初めてのスクリーンショットが公開されました。画像からはQTE的なアクションで壁ジャンプをしているプリンスの様子も納められています。

なお、本作のリリースは5月とされており、公式サイトでは対応プラットフォームも明らかになりXbox 360とPC、PS3でリリースされる事が判りました。

「Prince of Persia: The Forgotten Sands」 プリンスオブペルシャ
「Prince of Persia: The Forgotten Sands」 プリンスオブペルシャ
イメージ:IGN

相手はノーティとCoD!DICEが「Battlefield: Bad Company 2」でやるきまんまん

2010年1月9日 11:57 by katakori
sp

昨年リリースされたゲームの中で象徴的なタイトルと言えばやはりUncharted 2: Among ThievesとModern Warfare 2の2本が挙げられます。 DICEが開発中のシリーズ最新作「Battlefield: Bad Company 2」がこれらを追撃する気まんまんでプロモーションに望んでいます。

まず本作のプロデューサーであるGordon Van Dyke氏はBad Company 2のグラフィックがUncharted 2を打ち破りはしない事を認めつつも、限りなく近づくだろうと述べています。氏はBad Company 2がUncharted 2と比較される事自体が名誉な事だとノーティに敬意を払いつつ、技術的に接近しつつもBad Company 2が非常に広いエリアのマップを実現している事がアドバンテージだとも述べています。さらに氏はノーティに対して「ノーティ!聞いてるか?俺はお前達のビジョンに挑戦状をたたきつける!」と、なんだかもうプロレス的なパフォーマンスまで行っています。

さらにElectronic Artsの副社長を務めるJens Uwe Intat氏はMCVが行ったインタビューにおいて、Battlefield: Bad Company 2のローンチがCall of Dutyシリーズへの「最初の大きなアタック」になるだろうと宣言しています。恐らくその次の攻撃にはMedal of Honorが控えている事は間違いありませんが、Electronic ArtsのFPSジャンルでの王位奪還に掛ける本気具合が感じられる内容となっています。

ベータテストも順調な本作、PC版のベータもアナウンスされ1月28日から開始される事が明らかになっています。昨今よく取り沙汰される専用サーバの有無やMODツールの扱いもユーザー寄りで柔軟なスタンスで、DX11もフルサポート、後発のメリットを最大限に活かしたBattlefield: Bad Company 2は北米で2010年3月2日にリリース、ヨーロッパでは3月5日に、そして対応プラットフォームはPCとPS3、Xbox 360となっています。

[CES 2010] Valve・Razer・Sixense3社によるPC向けのモーションコントローラーの映像が登場

2010年1月9日 10:50 by katakori
sp

昨日大きなサプライズとして発表されたValve・Razer・Sixense3社によるPC用モーションコントローラーですが、とうとうRazerブースに展示されたデモ映像が登場しました。昨日お伝えしたLeft 4 Dead 2のデモはまだ確認できませんが、両手にそれぞれ持つスティック型のデバイスに受信機、そして実際のコントロールの様子がデモを通じて確認できます。

かなり精度の高いトラッキングが実現されているとの事でしたが、微妙な動きもほんとに違和感無く再現されていますね。発生するラグは40ミリ秒との事で、やはり体感できるレベルで感じられますが、日本刀で勢いよく切るモーションもちゃんと追従されているように見えます。またスティック型のデバイスを両手に持つというこの操作もかなり色々な事が出来そうで夢が広がります。

実際のリリース等について詳細はまだ明らかではありませんが、まだここからクオリティを上げていくとの事で、Natalもソニーのモーションコントローラーもまだ実機を用いたパブリックなコントローラブルデモが登場していない現状で、まさかここまでの完成度でPC用の物が登場するとは本当に驚きです。続報に期待ですね。

情報元:CrunchGear

[CES 2010] 次世代DSはこんなのが遊べる?!Nvidiaが小型端末用の新TegraでUnreal Engine 3をデモ

2010年1月8日 23:13 by katakori
sp

サプライズが連発されているCES 2010ですが、今度はNvidiaがモバイルやタブレット機向けに開発をしている新型の統合型チップTegra 250を正式発表、同チップを用いてUnreal Engine 3のデモンストレーションを行いました。映像ではかなり滑らかに動作するFPSのプレイ映像が確認でき、同チップのパワーを実感する事が出来ます。先日iPhoneでの動作をお知らせした際の物よりもしっかりとゲームとして楽しめそうな印象です。

新Tegraは次期DSに搭載されるとの噂も囁かれており、現行Tegraの4倍以上の性能とも囁かれる性能で一体どんな携帯ゲームが楽しめるようになるのか今からとても楽しみです。

情報元:Joystiq
sp

注目タイトルピックアップ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.