ゲーム開発スタートアップへの投資が前年から36%下落へ

2009年12月24日 13:13 by katakori
sp
arrow

先日ゲーム全体の売り上げが下がってきた事に反してコアゲームの売り上げが伸びているというニュースをお伝えしましたが、今度はゲームビジネスのスタートアップに対する投資金額が大きく縮小傾向にあるというニュースが聞こえてきました。海外ビジネスの情報サイトVventureBeatの調査結果によると2008年のゲーム関係の投資額が9億3680万ドル(約858億円)に及ぶ規模だった物が、今年は600万ドル規模まで縮小したとの事。

ゲームの売り上げに関するニュースとの関連性について論じる事は難しい問題ですが、この内訳を見ると面白い事が見えてきます。今回の調査で最も巨額の投資を得たのがFacebook等のソーシャルネットワーク向けゲームやiPhoneタイトルでも知られるロシアのデベロッパZyngaで投資金額は1億8000万ドルとなっており、なんと調査結果の3割近い金額を得ています。さらに続く2番手もFacebookやMyspace向けのゲームを開発するPlaydom(4300万ドル)、さらにWebゲームを手掛けるSmith & Tinker(2900万ドル)、そして国内ではPlants vs. Zombiesなどのカジュアルゲームで知られるPopCap Games(2250万ドル)と続いています。

去年の投資額と比較すると上から中国のMMO系オンラインゲームパブリッシャ9yo、カジュアルゲームのBigFish Games、MMO開発のReal Time Worlds、そしてROTLOやDDOで知られるTurbineが続いており、去年とはビジネスの様相が完全に変化した事が色濃く表れています。この変化が何を意味するのか、そしてZyngaの巨額投資が無ければ、なんと55%下落という結果になった新規ゲームビジネスへの投資規模の縮小が来年どういった結果に表れるのか非常に興味深い所です。

なお、今回の調査結果にはかなり巨額の資金調達を果たしたであろうOnLiveの詳細が含まれていないそうで、来年度のストリーミングビジネスの流れも今後無視できない大きな潮流の一つと言えそうです。

情報元及びイメージ:Edge

カプコンのメジャータイトルリリースが4月以降に遅れ、投資者向けの発表から明らかに

2009年12月24日 12:08 by katakori
sp
「スーパーストリートファイターIV」

カプコンの年明けビッグタイトルとして期待されている「ロスト プラネット2」と「スーパーストリートファイター」のリリースが来年4月以降に遅れる事が投資者向けの発表から明らかになりました。発表によるとこの2作と海外向けのMonster Hunter Triに遅れが生じるとの事で、第4四半期にリリースされる予定だったこれらが来期会計年度に遅れるとの事。

ある意味年末商戦よりも過酷に見えなくもない2月から始まる年度末商戦の競合を回避して、来年度会計の底上げを狙った物である事も明記されています。Dead Rising 2や未発表のメジャータイトルもまだ控えており、どうやら本気で来年度決算の好転に照準を合わせてきたと言えそうです。

情報元:GameInformer

Epic GamesがiPhone用「Unreal Engine 3」をデモンストレーション

2009年12月24日 11:48 by katakori
sp
Unreal Engine 3

先日Epic Gamesがメディア向けにiPhone 3GSで動作する「Unreal Engine 3」のデモンストレーションを行いました。映像も公開されており、かなり滑らかなフレームレートで動いている様子が確認出来ます。このデモはプレイアブルな部分とフライスルーするオートデモから構成された物で、以前のGDCで見られたUTのマップを利用した物になっています。UIは移動を左手で行い右手でaimをする一般的な物で、映像では実際に敵を倒すシーンも見られます。

まだiPhone用エンジンのライセンスについて発表はされていませんが、お馴染みEpicのボスMark Rein氏はそう遠くないうちにこのiPhone用エンジンをUE3ライセンス取得者が利用できるように準備を進めているとの事。なお、今回のエンジンにはモバイルデバイス等の組み込み向けに去年策定された新しい3D用API”OpenGL ES 2.0″に対応したものである事から、iPhoneの3Gモデルでは動作しない物になっています。

現在iPhone 3GSのPowerVR SGXは65nmプロセスの物が使われていますが、Intelが開発中のGPUを内蔵したClarkdaleでは32nmプロセスのデュアルコアになる予定で、22nmプロセスも現実的に見えてきた今、携帯機の3D表現がXbox 360を越える日がくるのも夢物語では無くなってきたと言えます。

今回のiPhone対応はそういった先を見越した物でEpicがポータブルマーケットの開拓と拡大を行うフロンティアになるという意志もMark Rein氏は明らかにしています。携帯デバイスはストリーミング端末としても注目されており、携帯ゲームが一体どこまで行ってしまうのか非常に楽しみです。個人的にはバッテリーと操作周りのイノベートが追従してくれれば嬉しい所……です。

情報元及びイメージ:GameInformer, AnandTech

[2009年ありがとう] 年末企画!これはすごかった仰天技術・オブ・ザ・イヤー2009

2009年12月22日 19:31 by katakori
sp
仰天技術・オブ・ザ・イヤー

昨日のおっさんネタに続いて、どんどんゲームと関係ない方向に進んでいる気がしないでもない年末企画ですが、第2段は近年の技術革新による驚くようなネタを集めて仰天技術・オブ・ザ・イヤー2009をご紹介いたします。今年は技術的な面でも様々なニュースがありました。今年に入って拡張現実が一気に現実的な物になり、来年に向けて各社のモーションコントロールの登場する事が明らかになり、そして一気に乱立したクラウドゲーミングサービス戦争の勃発、携帯デバイスの急激な高機能高性能化、3D出力の一般化などなど、挙げていけばキリがない、そして来年には今年蒔かれた種が芽を出し収穫を迎える事になるかと思うと、来年には確実に見えてくるであろう次世代機の登場も含め、今年と来年がゲームの大きな変革の時期に差し掛かる事は間違いなさそうです。

前置きが長くなりましたが、doope!で扱った技術ネタもミドルウェア系のネタから3Dネタ、グラフィックチップ周りからバカ&誰得技術まで、様々な物をご紹介してきました。今回はこれらの中でも先進性が高い物で、かついずれコンシューマレベルでも実現される事になるのではないかという象徴的な技術を集めてみました。ちょっと微妙にそぐわない物が混じってますが、いずれも選りすぐりの近未来技術!一体ゲームの未来に何が待っているのか、それでははりきってどうぞ!

(続きを読む…)

Electronic Artsがジョージア州に新スタジオを開設、30%の税控除が決め手に

2009年12月22日 13:22 by katakori
sp
Electronic Arts

ジョージア州アトランタで発行されるビジネス情報を扱う新聞Atlanta Business ChronicleによるとElectronic Artsがジョージア州で新しいスタジオの開設、開発者、テスター、カスタマーサポート等を含め300人規模の雇用を行う予定にあることが判りました。

これはカリフォルニアで掛かるコスト削減に対する動きだそうで、Electronic Artsの広報を担当するJeff Brown氏によるとジョージア州以外にもフロリダ、ルイジアナでも同様の新スタジオの選定を行っているとの事。さらに同氏はジョージア州が昨年コンピューターゲーム企業に対して30%までの税額控除を決定する法案を可決した事が今回の決定に大きな要因であったことを語っています。

またリクルートに関する状況も大きな要素だそうで、現在70以上のデベロッパが存在し1,500~2,000人がゲーム産業で働くジョージア州には開発者を目指す若者も多く存在し、それに伴う教育機関の質も充実してきています。Electronic ArtsもFlorida Interactive Entertainment AcademyUSC Interactive Media Divisionから多く採用を行っており、また教育機関への財政援助や支援も多く行っているそうです。

情報元及びイメージ:GameInformer

マイクロソフトがプレイヤーの健康状態からアバターを生成する技術の特許を取得していた

2009年12月22日 12:27 by katakori
sp
health avatars

近年ソーシャルコミュニティの流行やWebアプリの一般化などで年々ウェイトが大きくなっている気がしないでもないアバターですが、マイクロソフトが2008年の6月にユーザーの健康状態に基づいたアバターを自動生成する技術の特許を得ていた事が1UPにより発見されました。

これは健康状態のデータ取得用のデバイスや、心拍数や血糖値などのリアルタイムな情報を取得するセンサーなどを用いてアバターの容姿に反映するという物で、まぁ……なんというかWii Fit的な物だと言えば早いのではないでしょうか。

しかしこれが実現されてNatalなどと組み合わされ、海外のソーシャルネットワークの生活への食い込みぶりなども鑑みると、なかなか面白い或いは空恐ろしい物が出来上がりそうな気がしないでもありません。センサー技術が発達すれば高齢者や赤ちゃんへのカジュアルな利用などがされれば非常に面白そうではないでしょうか。

情報元及びイメージ:Joystiq

BlizzardのJ. Allen Brack氏が「ある時期からコンソールゲームを作る」と発言

2009年12月21日 17:48 by katakori
sp
Blizzard

World of Warcraftの成功で過酷なMMOビジネスの王位に長い間座し続け、StarCraft IIに続きDiablo IIIと超大作のリリースが控えるBlizzard、PCゲーム開発のイメージが強い同社ですが、いよいよ本格的にコンソール進出の準備を進めている様子です。

World of Warcraftのディレクターを務めるJ. Allen Brack氏によると、StarCraft IIの開発中にコンソールでのリリースを検討した経緯があるとの事で、今後Blizzardが”あるポイント”でコンソールタイトルに取り組む事は間違い無いと発言しています。同士は「私たちはそれぞれのプラットフォームに対して適切なゲームを作りたいだけだ」と述べ、「Blizzardは間違った理由でプラットフォームにゲームを作るべきではない事を知っている」と続けています。

Diablo IIIのコンソール対応も既に話題に出ており、Battle.netの革新的な改装がコンソールにもたらす影響なども考えればBlizzardのコンソール進出は、ビジネス的にもゲームという枠組みにも大きな変化を与える事件になるのかもしれません。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog

ゲーム全般のセールスは毎月下がっているが、コアゲームのセールスは伸びている

2009年12月21日 16:31 by katakori
sp
「Modern Warfare 2」 モダンウォーフェア 2

気がつけばもう年末、今年も血を血で洗うような激しいクリスマス商戦が展開されました。国外ではModern Warfare 2が歴史的なローンチを果たし、国内でもFINAL FANTASY XIIIが発売初日で100万本を突破するなど、派手なニュースが世間を賑わせていますが、NPDの調査結果によると、過去6ヶ月間のビデオゲーム販売は12%ずつ下がっている状況にある様です。さらにそんな状況の中、コアなゲームのセールスが半年間で17%の成長を果たしている事が明らかになりました。

これはNPDの売上調査からBroadpoint AmTechのアナリストBen Schachter氏が発見したもので、音楽ゲームがこの半年間で52%もセールスを落とし、Wiiの販売台数が大きく落ちている状況にある中、このコアゲームの成長は来年の成長に転じる重要な要素になるだろうと述べています。さらに同氏は2010年には全面的な成長が果たされるが、特にコアなゲームのパイプラインを有するパブリッシャーが最も良いポジションを得るだろうと締めています。

ハズブロが「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の権利でアタリを訴える、バンダイ・ナムコがD&Dタイトル?

2009年12月21日 12:14 by katakori
sp
「Dungeons & Dragons」

今年の夏に「Dungeons & Dragons Online」を運営するTurbineが、パブリッシャを務めていたアタリを訴えたというニュースがありましたが、さらに巨大玩具メーカーのハズブロが「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の権利を巡ってアタリを訴えた事が明らかになりました。

これはアタリがNAMCO BANDAI Partnersに対してD&Dのゲームタイトル用にサブライセンスを販売したと言う物で、ダンジョンズ&ドラゴンズの権利を持っているウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の親会社であるハズブロが訴えを起こした形になっています。これに対してアタリは契約を破る範囲の事はやっておらず、ハズブロと共に業務を進めていると主張しています。

ちなみにアタリは1998年以降ハズブロの子会社化されており、さらに2000年にハズブロがインフォグラムに買収された事から両社の関係が一体どのような状況になっているのか、詳細は判りませんが非常に複雑な状況になっている事だけは間違いない様です。Turbineとの事も含めアタリに非があるのか、それともダンジョンズ&ドラゴンズの権利関係が恐ろしく複雑なのか、経緯や関わる人達の事などを鑑みるとこちらもなかなか一筋縄ではいかない様子です。ファンとしてはガイギャックス氏とアーンソン氏が居ない今、あまり権利絡みで揉めて欲しくないなぁというのが正直な所でしょうか。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog

Cliff Bの新作は春先?とりあえずMW2をがんがん遊んでる模様

2009年12月19日 16:21 by katakori
sp
Cliff B

VGA 2009に出席する事がGeoff Keighley氏のTwitから明らかになり、すわ新作か?と噂されたCliff Bですが本人は今の所まだゆっくりと次のプロジェクトを進めているようです。VGAの会場でjoystiqがCliff Bに聞いたところ次回作についてはまだアナウンスは出来ないとの事で、暖かくなってきたらきっと何か報告できるよ!だそうです。

今なにしてるの?との質問に対してCliff Bは「Modern Warfare 2を地獄の様にプレイしてるよ!奴ら強いからにっくたらしいんだよね」と発言、がんがん遊んでる模様です。さらにGOTYをゲットしたアンチャ2が燦然と1つ輝く星の様に素晴らしかったと表現、そして以前にも賞賛していたBorderlandsのCo-opプレイがアメージングだよとも語っています。

Cliff Bには素敵なタイトル達の良い所を血肉にして、また素敵な作品を作って欲しい所です!

情報元及びイメージ:Joystiq

Paradox InteractiveがフランスのAge Studioを買収、Ageodの「Rise of Prussia」をリリース

2009年12月19日 10:05 by katakori
sp
「World War One」

Hearts of IronシリーズやEuropa Universalisシリーズでコアなシミュレーションファンにはお馴染みのParadox Interactiveですが、近年では開発だけではなくパブリッシャーとしての側面も目立つようになってきました。最近では東インド会社のシミュレーションタイトル「East India Company」などのリリースも記憶に新しい所です。そんな中、Paradox InteractiveがフランスのAge Studioを買収した事が発表されました。

Age StudioはBirth of AmericaシリーズやWorld War Oneで知られるフランスのシミュレーション専門のデベロッパAGEODの親会社にあたる会社で、この買収によりAGEODが開発を進めていた「Rise of Prussia」は、2010年の第1四半期にParadoxからリリースされる事となりました。同様に現在開発中の19世紀後半をモチーフにした「Vainglory of Nations」もParadoxからのリリースになる模様です。

情報元:Edge

「FINAL FANTASY XIV」はWorld of Warcraftを王位から退けるか?和田氏がインタビューで大きな展望を語る

2009年12月17日 18:23 by katakori
sp
「Final Fantasy XIV」

いよいよベータテストの参加募集が開始された「FINAL FANTASY XIV」ですが、スクウェア・エニックスが描いている成功はやはりファイナルファンタジーらしく大きな様です。先日Developに掲載された和田洋一氏へのインタビューによると、同氏はFINAL FANTASY XIVに対する大きな計画を持っており、その照準をWorld of Warcraftに合わせているのだそうです。

和田氏によると、FF14のリリースによりWoWの課金ユーザー率が落ちる事によって、Blizzardは続編を作成せざる得ない状況に陥るだろうと考えており、この事がタイミングも含めて王位を得る為の手段でもあると考えている様子。Blizzardが未発表MMOの開発を進めている事は間違いの無い事実であり、FF11の長寿命も考えるとこの攻守のタイミングも絶妙な激しい王位争いは、やはり熾烈を極める事は必至と言えそうです。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog

[Update] BethesdaとInterplayの間に起こった「Fallout」シリーズに関する裁判に決着

2009年12月17日 17:55 by katakori
sp
Fallout MMO

[Update] 17日17:30
お昼にお知らせしたBethesdaとInterplayの「Fallout」シリーズに関する争いの結果ですが、どうもまだ泥沼が続くようです。海外の情報サイトから、オリジナルFalloutのクリエーターが今回のInterplay勝利の結果を踏まえ、Bethesdaに対して反訴する準備を進めている事がわかりました。

その内容としては違約や経済的なアドバンテージを固持する為の不法な干渉、契約解除などが上げられており、どうもInterplayの気は収まっていないようで、このまま泥沼化する様相を呈しているようです。Falloutシリーズほど既成概念や権利、体制やルールと言った物を破壊してきた作品は無いはずですが、やはり作り手側はFalloutスピリッツに則って話合いを進める訳にはいかないという事でしょうか。

[以下は元記事] 17日11:49
今年度の初めから続いていたBethesda softworksとInterplayの間に起こった「Fallout」シリーズに関する争いに決着が付き、Interplayが勝利した形で問題が収束した様です。これはメリーランド州の地方裁判所で行われた裁判結果から明らかになった物で、これによりInterplayは「Project V13」の開発を継続、さらには過去タイトルの販売も可能になり、Fallout原理主義プレイヤーには嬉しい結果となりました。

この問題は、財政難で困窮していたInterplayからFalloutシリーズのIPを575万ドルで購入し、その後大成功を収めた「Fallout 3」をリリースしたBethesdaと、同様のタイミングでFallout MMOと噂されていた「Project V13」の開発を継続し、さらに過去のタイトルが納められたパッケージ”Fallout Trilogy”の販売などを行ったInterplayの間に起こった物で、今年の四月から平行線を辿り続けたまま”Project V13″の開発スケジュールにまでBethesdaから期限が設けられるような泥沼の状況となっていました。

ファンとしてはBethesdaのFalloutへの大きな愛情と共に生まれ変わった新生Falloutシリーズと、Interplayのこれぞ洋ゲー!と言えるカオスさがこれからも両方楽しめるという非常に嬉しい結果に落ち着いたと思えます。InterplayのProject V13もアートワークなどが先日から情報として出てきていますし、Bethesdaも新生Falloutワールドの新作「Fallout New Vegas」の開発を進めており、そう遠くないうちに両社それぞれのきったないBandit達に会えるかと思うと楽しみでなりません。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog

3月に開催されるGDC 2010のカンファレンス内容の一部が発表、ノーティとDouble Fineが講演

2009年12月14日 17:26 by katakori
sp
「Uncharted 2: Among Thieves」 アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団

2010年3月9日から13日にサンフランシスコのMosconeセンターで開催される来年のGDC 2010、本日スケジュールの一部が発表され先日のVGA 2009においてGOTYを受賞したUncharted 2の開発を手掛けたNaughty Dog、そしてティム・シェーファーの新たな代表作となったBrutal Legendを開発したDouble Fine Productionsがそれぞれカンファレンスを行う事が明らかになりました。

ノーティは少なくとも5つ以上の講演が予定されており、ディレクターのBruce Straley氏とリードデザイナーのNeil Druckmann氏によるストーリーテリングとゲームプレイの統合に関する講演等が行われるとの事。

さらにDouble Fine ProductionsはリードプラットフォームプログラマーのPeter Demoreuille氏とVFXアーティストのDrew Skillman氏によるBrutal Legendのビジュアルデザインに関する講演を行う予定です。

さらにタイムトラベルのユニークなシステムで注目を浴びたBraidを開発したJonathan Blow氏によるプログラムに関する講演なども行われる予定で、開発者のためのイベントの側面もそのままにゲームイベントとしても年々重要なポジションになっているGDC、来年も大きな注目が集まりそうです。

情報元:Cinema Blend

[VGA 2009] 今年のGame of the Yearは「Uncharted 2: Among Thieves」が受賞!その他受賞作品はどうなったか?

2009年12月13日 13:00 by katakori
sp
「Uncharted 2: Among Thieves」 アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団

サプライズに大きく注目が集まった今年のVGA 2009、来年も今年以上に大変な年になりそうな気配が早くも漂ってきた所ですが、本来のVideo Game Awardsとしての内容も忘れてはいけません。という事で今年のGame of the Yearが発表されNaughty DogがPS3向けに技術の粋を集めて開発された「Uncharted 2: Among Thieves」が受賞を果たしました!ノーティおめでとう!

さらに各賞は次の様になっています。こうやって並べると今年は本当に豊作だった事がよくわかる結果となりました。

  • ベストボイス:Eddie Riggsを演じたジャック・ブラック(Brutal Legend)
  • ベストキャスト:X-Men Origins: Wolverine
  • 男性ベストパフォーマンス:ヒュー・ジャックマン(X-Men Origins: Wolverine)
  • 女性ベストパフォーマンス:ミーガン・フォックス(Transformers: Revenge of the Fallen)
  • ベストインディーゲーム:Flower
  • ベストダウンロードゲーム:Shadow Complex
  • ベストダウンロードコンテンツ:GTA4: The Ballad of Gay Tony
  • ベストグラフィック:Uncharted 2: Among Thieves
  • ベストサウンドトラック:DJ Hero
  • ベストオリジナルスコア:Halo 3: ODST
  • ベストゲーム映画:South Park: Let’s Go Tower Defense Play
  • ベストマルチプレイゲーム:Modern Warfare 2
  • ベストアクションアドベンチャー:Assassin’s Creed 2
  • ベストドライビングゲーム:Forza Motorsport 3
  • ベスト格闘ゲーム:Street Fighter 4
  • ベスト音楽ゲーム:Beatles Rock Band
  • ベストRPG:Dragon Age: Origins
  • ベストシューター:Modern Warfare 2
  • ベストチームスポーツゲーム:NHL 10
  • ベストインディビジュアルスポーツゲーム:UFC 2009 Undisputed
  • スタジオ オブ ザ イヤー:Rocksteady Studios(Batman: Arkham Asylum)
  • ベストPS3ゲーム:Uncharted 2
  • ベストWiiゲーム:New Super Mario Bros. Wii
  • ベストXbox 360ゲーム:Left 4 Dead 2
  • ベスト携帯ゲーム:GTA: Chinatown Wars
  • ベストPCゲーム:Dragon Age Origins
  • 最も期待されたゲーム:God of War 3
  • ゲーム オブ ザ イヤー:Uncharted 2

「Crysis 2」のシナリオを手掛けるヒューゴー賞作家のPeter Watts氏が逮捕

2009年12月12日 15:15 by katakori
sp

CryEngine 3のリリースも果たし、続編「Crysis 2」への注目も高まっているCrytekですが、今後の開発に影響が出そうなニュースが聞こえてきました。先日アメリカとカナダの国境でCrysis 2のシナリオとアートコンサルタントも務め、2007年にはヒューゴー賞の受賞歴もあるSF作家Peter Watts氏が逮捕されたとの事。同氏はカナダ国民ですが、国境近くで検問を行っていたFBI職員に攻撃を加えたとの罪状で拘留、現在は保釈済みですが、有罪になれば2年を越える刑がまっている様です。

同氏のファンや友人の作家達はこの逮捕が全くの出鱈目であるとPeter Watts氏を支援するための動きを見せ始めています。それによると同氏は12月8日にネブラスカの友人宅を訪れた帰りに、国境付近で行われていた米国のレンタカーを探す為の検問に掛かり、そこで何の理由もなく数人のFBI職員から殴打され催涙スプレーを吹きかけられたとの事。

Crysis 2では重要なポジションを担っているPeter Watts氏の今回の事件が今後の開発にどういった影響をもたらすか明らかではありませんが、国を跨いでいる分裁判等も非常に複雑なようで今後の展開が心配な所です。

情報元:Hellforge

Funcomがソーシャルネットワークを意識したカジュアルMMOを手掛ける子会社”SweetRobot”を設立

2009年12月11日 19:07 by katakori
sp
「The Secret World」

カナダのモントリオールスタジオの新設、そして20%に及ぶ人員のレイオフ、さらに1000万ドル近い損失を計上、そして非常に興味深いFuncomらしいタイトルになりそうな「The Secret World」、さらに苦戦中のAge of Conanの存在と、なかなか悩ましい事情が山積みのFuncomですが、先日Eurogamerが行ったインタビューでFuncomがカジュアルMMOを専門に手掛ける子会社SweetRobotを設立した事を明かしました。

SweetRobotは既にタイトルの開発を進めており、12歳前後の子供達をターゲットにしたペットとモンスターを戦わせるカジュアルなMMOを開発しているとの事。ビジネスモデルはまだ検討中との事ですが、当面は無料ゲームとして運用される様子で、まもなくクローズドなベータテストも開始される様です。

FuncomのボスTrond Arne Aas氏は、「ハイエンドなオンラインゲームに対する情熱と取り組みはこれまでと同じままです」と述べた上で、これまでの経験を活かしてソーシャルゲーミングの市場に進んでいく事も自然に感じていると語っています。ちょっと唐突なイメージも拭えない今回のニュースですが既に開発は2年に渡って行われいるとの事で、この動きが今後どう影響していくか今後の動向が気になる所です。

情報元:Eurogamer

今日のエクストリームゲーマーはプロジェクターを装備してどこでもプレイするぞPS3マン!

2009年12月11日 17:29 by katakori
sp

毎日毎日飽きもせずエクストリームなゲームプレイを行う愉快な人達をご紹介している当サイトですが、今日もやはりエクストリームなおっさんのご紹介です。今日は液晶プロジェクタとPS3をウェアラブル装備にして、いろんな所に投影!そしてプレイ!アイデアもクオリティも、そして道行く人達へのインパクトも素晴らしい!

と、エクストリーム具合に比べて意外な程の高クオリティ、そしてそつない映像の出来、こりゃ凄いと思ったらエプソンヨーロッパのバイラル広告でした。なるほどハイクオリティなわけだ!

情報元:tec.nologia.com
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.