10月12日に「Red Dead Redemption」の無料DLC”Hunting and Trading Outfits Pack”が登場

2010年10月6日 19:04 by katakori
sp
「Red Dead Redemption」 レッド デッド リデンプション

日本での発売をいよいよ明日に迎える事となったRockstarの最新作「Red Dead Redemption」に無料の衣装とチャレンジを含んだDLCがリリースされる事が明らかになりました。これは以前にGameStopのプレオーダー特典が投票で選ばれた際に採用されなかった2つの衣装を含む物で、Xbox LiveとPSNの両方で利用可能になります。

The Savvy Merchant(抜け目ない商人)

「Red Dead Redemption」 レッド デッド リデンプション

この抜け目ない商人の衣装は装備する事により、ガンスミスからの購入コストが半額になり、火力を十分満たす事が可能になります。

The Expert Hunter(熟練ハンター)

「Red Dead Redemption」 レッド デッド リデンプション

獣達を恐れない熟練ハンターの衣装は、装備する事により狩りで2倍のスキンとハイドを得る事が可能になります。

「Red Dead Redemption」 レッド デッド リデンプション

さらに”Hunting and Trading Outfits Pack”では、非常に捕らえがたいジャッカロープ(ツノウサギ)が新たに登場、野生動物萌えの鉄板タイトルともなったRed Dead Redemptionに新たな可愛い子が追加される事になりました。

情報元及びイメージ:Rockstar Games

THQと手を組んだギレルモ・デル・トロ監督が数週間の内にタイトルを発表か、ゲームはアートだ!

2010年10月6日 18:16 by katakori
sp
Guillermo del Toro ギレルモ・デル・トロ

8月にヘルボーイシリーズやパンズ・ラビリンスを手掛け、凄まじいオタクとしても知られるギレルモ・デル・トロ監督がTHQと契約を結びゲーム開発に乗り出した事をお伝えしましたが、いよいよタイトルの発表が近づいている事が明らかになりました。

これはMTVのインタビューから明らかになった物で、監督はビデオゲームの分野で何を達成したいか、お気に入りのゲームはあるかとの質問に対し「その問いはクールだ!」といつもの勢いで答え、ビデオゲームは私たち世代のコミックだと興奮気味に語り、インテリ達が「…あぁゲームね」と見下し、リスペクトを得る事のないメディアだと表現、そしてゲームに対して不平を述べる人々に対して「あいつらはゲームを○×※△!プレイしたことがないんだ」と語っています。

監督のこのエネルギーが注ぎ込まれるゲームタイトルは3~4年ほど温めてきた内容との事で、ビッグで革命的で、非常に難しいゲームだと語っています。そしてゲームはアートだと断言、それらが物語のフォームである事からアートとは違うと認識されていると分析しています。

さらに監督は好きなゲームを幾つかピックアップし、ワンダと巨像とICOを最初に挙げ、共に傑作であると評価、さらにBungieの名作Marathonを挙げ、Haloシリーズの熱心なファンである事を明かしています。また監督はマルチプレイで他のプレイヤー達が酷く侮辱的な行為を行っていたのを目の当たりにして以降、マルチプレイを一切プレイせず、専らシングルプレイを楽しんでいるとの事。

そして、今後数週間の内に新タイトルが発表される事を望んでいると発言しています。映画製作ではラブクラフトの代表作とも言える”狂気の山脈にて”に取り組む事が明らかになり、念願のクトゥルータイトルにいよいよ手を付ける事になったギレルモ・デル・トロ監督、ゲームタイトルもラブクラフト的なタイトルが用意されているとも語られています。

映画のゲーム化についてはなかなか名作が生まれない状況があり、ゲームの映画化についても同様の事が言えます。そんな鬼門とも言えるゲームと映画の関係性を生粋のオタクであるギレルモ・デル・トロ監督が破壊してくれる事になるか、今後の発表と動向に期待!です。

情報元:Shacknews

プラチナゲームズが未発表の”ビッグなマルチプレイタイトル”を計画中、稲葉氏が明かす

2010年10月6日 17:34 by katakori
sp
「Platinum」

いよいよ今月21日にVanquishのリリースを迎えるプラチナゲームズが未発表の”ビッグなマルチプレイタイトル”を計画している事が明らかになりました。

これはNowGamerのインタビューにてプラチナゲームズの稲葉敦志氏が明かした物で、これまでのタイトルでマルチプレイ要素を避けてきた事に触れ、様々な計画があると発言、公式に発表していないビッグなマルチプレイタイトルに取り組んでいると明かしています。

Vanquishでは所謂洋ゲーテイストに対して非常にチャレンジングな姿勢を見せたプラチナゲームズ、世界中のプレイヤーやファン達の期待を集めるプラチナゲームズが描くマルチプレイが一体どのような物になるのか、続報を楽しみに待ちたいと思います。

情報元:VG247

「Halo: Reach」のプレイリストアップデートの詳細が公開、適用は10月12日か19日のいずれか

2010年10月6日 17:19 by katakori
sp
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ

先日「Halo: Reach」キャンペーン用マッチメイキング機能の登場と共に概要をお知らせしたプレイリストの変更や追加に関する情報の詳細が公式サイトで発表されました。変更の適用は10月12日か19日のいずれかに行われ、この変更でマルチプレイにより公平性がもたらされる事になります。変更点の詳細は以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

「Dragon Age II」は前作セーブデータのインポートが可能に、さらに”Fade”やモリガンに纏わる新情報が

2010年10月6日 15:10 by katakori
sp
「Dragon Age II」 ドラゴンエイジ II

女性主人公が登場する新ビルドの戦闘デモなども行われ、前作のバルダーズゲート的なポーズを多様する非リアルタイム戦闘からアクションRPGかと見紛うようなポップな進化を見せている「Dragon Age II」、プレイヤーキャラクターも前作の3種族×2の計6パターンから、Mass Effect的なシステムになった主人公”Hawke”の男女2パターンに変更され、ビジュアルイメージの大幅な変更も含めた変化の大きさはカジュアル化したとも語られるシーンを見かけます。

そんな中、NowGamerがDragon Age IIのリードデザイナーMike Laidlaw氏にインタビューを行い、外見のポップさの奥に所謂BioWare的な要素が多く見え隠れする興味深い新情報が明らかになりました。

まずLaidlaw氏が明らかにしたのは前作のセーブデータがインポート可能である事でした。主人公がまったく違う人物である事や、舞台がかなり北方へと移動した事など含め薄いと思われた前作との関連ですが、やはりBioWareだけにそんな簡単な話ではないようで、前作の決定や人物・種族の出来事がDragon Age IIの歴史や世界に大きな影響を与えるとの事。

さらに、Laidlaw氏は先日オリジナルのDragon Age: Originsに登場した最新DLC”Witch Hunt”にて、エンディング以降の”その後”が描かれる事となったMorriganについて言及、彼女が抱いた意志は明確にDragon Age IIにも大きな影響を与える事を示唆しています。

そして前作の物語の中でポイントとなる出来事が多く描かれた精神世界の様な空間”Fade”がDragon Age IIに再び登場する事を明言、Fadeに非常に危機的なシチュエーションが用意されている事を述べた氏は、まだこの詳細については多くは明かせないと語っています。

Morriganの登場や前作のプレイ内容の影響等、カジュアル化の印象とは別にBioWareらしさはしっかり裏側で息を潜めている様子で、ますます続報が楽しみになったと言えそうです。

情報元:VG247

Blizzardが10月22日と23日に開催される「BlizzCon 2010」のスケジュールを発表

2010年10月6日 13:10 by katakori
sp
「Blizzcon 2010」
画像をクリックすると大きなイメージで確認できます

Diablo IIIの新情報と最終クラスの発表や未発表MMOの存在などに大きく期待が高まる今年のBlizzConもいよいよ開催間近となり、10月22日と23日にカリフォルニアのアナハイムコンベンションセンターで開催されるイベントの詳細なスケジュールが公式サイトにて公開されました。

オープニングセレモニーは現地時間の午前11時から開催され、注目のDiablo IIIイベントはメインステージで12時から午後1時まで、初日の午後6時からはお馴染みのコスチュームや歌、ダンスのコンテストも開催されます。

その他大量のユーザーイベント等も開催されるBlizzCon 2010、一体どんなサプライズが発表されるか続報をお楽しみに!

情報元:VG247

「Call of Duty: Black Ops」が3D立体視に対応、さらにパーティチャットの制限も再登場

2010年10月6日 12:54 by katakori
sp

昨晩公開されたTreyarchのボスMark Lamia氏のインタビューからCoDシリーズ最新作「Call of Duty: Black Ops」が3D立体視に対応する事が明らかになりました。さらに公式サイトでも3D立体視に関するFAQが公開、Xbox 360とPS3、PCの3プラットフォームがローンチの段階で立体視対応を果たす事が判明しました。

インタビューにおいてMark Lamia氏はBlack Opsの3Dビジュアルがとてもクールだと述べ、アイアンサイトを使用する際のエイミングなど非常に臨場感のある効果が得られる事が語られています。

なお、3D立体視への対応はオプション画面から簡単に選択する事が出来るものの、立体視対応モニターが必要である事が明らかになっています。また、PC版の立体視対応にはNvidiaの3D Vision対応モニタが必要となり、その他の立体視技術には対応していない事が明言されています。Xbox 360版ではモニタのHDMI対応が必須で720pモードで動作する事が記されています。

また、海外メディアでは3D立体視によるデモプレイのレビューも登場、ロシア山中が舞台のWMDレベルやマルチプレイモードも少しプレイ出来た模様で、WMDではロープで壁面を降下し窓を破りロシアの施設内に侵入するシーンにおける窓ガラスの飛び散り具合などが非常に印象的だった事や、マルチプレイ時ではプレイ性を損なわないままに楽しさをベースアップする効果があったと報告されています。

さらに、3D立体視でのプレイでしばしば問題視されるフレームレートの低下などは感じられなかった事も併せて記されています。立体視での長時間プレイで起こりやすいとされる頭痛や吐き気などの問題についてMark Lamia氏は、全てのゲーマーがこの技術を使用できるとは限らない事を認めた上で、Treyarchのプレイテスター達が過去数ヶ月間にわたって日に8時間以上の立体視プレイを行っている事を語っています。

また3D立体視で得られる効果としてUIの前面表示や、クロスボウの使用時などで前述のアイアンサイト時と平常時の差がかなりリアルに感じられる事、UI周りのZ軸レイアウトが注意深く考慮された物である事が挙げられていますが、カットシーンではあまりにリアルなキャラクターとフェイスアニメーションにより不気味の谷現象が少なからず感じられた事も報告されています。

Call of Duty: Black Opsでのパーティチャットの制限について

さらにModern Warfare 2でゲームプレイの公平性を問題として禁止されたパーティチャットの制限がCall of Duty: Black Opsでも採用される事がTreyarchのオンラインディレクタDan Hunting氏のインタビューから明らかになっています。

氏はパーティチャットの制限が特定のプレイリストのみに適用され、例として”hardcore Search and Destroy”を挙げています。しかし、制限の範囲はModern Warfare 2と同様では無く、Team Deathmatchなどを含むパーティチャット禁止がさほど意味を持たない幾つかのプレイリストには適用されない事を明言しています。

キャップ映画のゲーム化タイトル「Captain America: Super Soldier」が映画公開に合わせ2011年に登場

2010年10月6日 11:42 by katakori
sp
「Captain America: Super Soldier」 キャプテンアメリカ

来るアベンジャーズの映画化に向けて、マーベル映画の歴史の中で最も大きな盛り上がりを見せる昨今のマーベル作品達ですが、雷神ソーの後にはいよいよ大本命のキャプテン・アメリカ映画が登場する事になります。

昨晩とうとうキャプテン・アメリカ映画のゲーム化タイトル「Captain America: Super Soldier」がスクリーンショットとアートワークと共に登場、本作は映画と同様の内容で第2次世界大戦を舞台に宿敵”Red Skull”と対決するといった内容となっており、シールド攻撃を始めアスレチックな戦闘システムやパズル要素が特徴との事。

なお、開発はWiiでリリースされた”パンチアウト!!”や、ドクター・オクトパスやグリーンゴブリン達が仲間として登場するスパイダーマンタイトル”Spider-Man: Friend or Foe”を手掛けたNext Level Gamesが担当する事が記されています。

発表に併せてスクリーンショットやアートワークが公開、ナチ的なテイストの敵兵やロボット、女性兵士からサイコなんちゃら風の敵まで非常にクオリティの高い物が用意され、スクリーンショットに登場するキャップの姿もなかなかのクオリティで期待が高まる所。

Captain America: Super Soldierのリリースは2011年の映画公開と共に行われ、対応プラットフォームはPS3、Xbox 360、Wii、DS、PSPとなっています。

「Captain America: Super Soldier」 キャプテンアメリカ

なお、次回作として”Thor: The Video Game”の開発が進められているセガによるマーベル映画のゲーム化はキャプテン・アメリカまで確認済みですが、残念ながらこれまでハルクやアイアンマンなど、率直に言って毒にも薬にもならない残念タイトルが多数のプラットフォームに向けてリリースされており、Secret Level Studiosが前身のセガ・サンフランシスコスタジオが手掛けたIron Man 2ではスタジオツアーのトレイラーが登場したその日にスタジオの閉鎖が発表されるなど駄目な方向のセガクオリティを発揮、さらにエイリアンフランチャイズやObsidianのAlpha Protocolなどでもデベロッパのコントロールの悪さに驚きのクオリティの低さを見せつけています。

しかしThor: The Video Gameも今回のCaptain America: Super Soldierも共に作品自身が有するポテンシャルは高く、セガとマーベル両方のファンにとって次こそは!といった思いがあるのではないでしょうか。DC側ではBatmanのゲーム化が大成功を収めた昨今、せめて1タイトルくらいは及第点に届くタイトルがリリースされないものでしょうか。という事で現段階では魅力的に感じられるアートワークとスクリーンショットは以下からご確認ください。大きな期待を込めて頑張れセガ!頑張れNext Level Games!

(続きを読む…)

昨日の海外ゲームニュース注目トピックス(2010/10/06)

2010年10月6日 10:26 by katakori
sp
「Need for Speed: Hot Pursuit」の熱い新トレイラー、デモも登場!

ロンドンで開催された今年の「Eurogamer Expo 2010」、来場者は2万人規模に

2010年10月5日 19:04 by katakori
sp
会場の設営時から収められた会場の様子

10月1日から3日までイギリスはロンドンのアールズコートにて3日間に渡って開催された「Eurogamer Expo 2010」、イベントも無事に終えたEurogamerが今年の来場者数が2万人だった事を発表しました。

今年のEurogamer ExpoではBrinkや、LittleBigPlanet 2、Gran Turismo 5、Killzone 3、Fable III、Dead Space 2などを始めとした注目タイトルが多く出展され、全てプレイアブルの状態で展示されました。さらに新作ゼルダやGears of War 3なども登場しています。

さらに会場で開催されたデベロッパセッションにはお馴染みLionheadのボスであるピーター・モリニューを始め、Eidos Montreal、CD Projekt、Sucker Punch、Ninja Theory、Guerrilla Gamesが登場し様々なデモやプレゼンテーションを行っています。

開催から順調に規模を大きくしているEurogamer Expo、来年も注目イベントとして期待できる物となりそうです。

情報元:VG247

噂:存在が囁かれる「PSP2」、リリースは2011年ホリデーシーズンか

2010年10月5日 18:43 by katakori
sp
「PSP 2」

先日Netherrealm StudiosがPSP2の開発キットを持っていると発言した事から一気に再燃し、以降様々な噂が噴出しているPSP2ですが、先ほどVG247がイギリスの匿名情報筋から2011年後半にPSP2がリリースされるとの情報を得たと報じました。また、この匿名情報筋はリリース時期が既にパブリッシャーやデベロッパに伝えられたとも述べています。

CPUやGPUに関する具体的な情報は登場していませんが、これまでにPSP2の噂として、すでにローンチタイトルの開発が始められ、多数のデベロッパがハードウェアを所有しているという物や、3D立体視対応の計画が無い事、前面と背部にカメラを持ち、タッチスクリーンと物理的なコントロールの両方を有する事などが挙げられています。

今回のリリーススケジュールの件は情報ソースが不明で、その他の情報についても真偽一切不明の噂話ですが、年末商戦や定期的に再燃する据え置き次世代機問題など、市場の望みやユーザーの期待、或いはメーカーの思惑など、何らかのアウトプットの結果とも言える噂話は、ある意味で市場の側面の一部を映す情報だとも言えるのかもしれません。

情報元:VG247

ゲームアナリストのMichael Pachter氏、2011年春にXbox 360が50ドルのプライスカットを行うと予言

2010年10月5日 17:55 by katakori
sp
「Xbox 360」

お馴染みゲームアナリストのMichael Pachter氏、予想が当たらない事で有名な氏のビジネス予想は”予言”と揶揄されネタにされる昨今ですが、大量のアウトプットと氏の果たす役割やポジションを考えると的中率はさほど大事ではないのかもしれません。また、的中率の低さは別の方向に何かを示唆するとも考えられます。

という事で、前置きをしっかりした上お知らせする今回のニュースは、Michael Pachter氏が2011年春からXbox 360がまず50ドルのプライスカットを行い、それにいくつかのプラットフォームが続くのではないかという物。

Pachter氏は50ドルのプライスカットが5%のソフトウェア販売を底上げし、強い影響を与えると予想、さらにKinectとMoveと3DSの販売から付加的な市場での販売上昇が見られるだろう旨を明らかにしています。

KinectはXbox 360の新たなプラットフォームとしてハードウェアを5年近く延命するとも言われており、氏の大予言はあながち無いとも言えない内容にも思えます。時が来る事でしか判断出来ないこの予言、年末商戦以降の動向の参考として頭の片隅に置いておく程度が良いでしょうか。

情報元及びイメージ:Joystiq

「Halo: Reach」の愉快なアサシネーション名場面集!

2010年10月5日 17:29 by katakori
sp
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ
キック!

Bungieが公式サイトを更新、「Halo: Reach」のアサシネーションばかりを集めた愉快なスクリーンショットを公開しました。いずれのイメージもよくもこんなおかしなイメージばかり揃えたと感心する愉快な物ばかり。これらのイメージを見ているだけでもHalo: Reachの懐の深さが感じられようという物。素晴らしい!

「Halo: Reach」 ヘイローリーチ
俺は頭が痛いんだ
「Halo: Reach」 ヘイローリーチ
へい!俺だ

(続きを読む…)

猫動画:DJ Hero キャット!!!

2010年10月5日 17:16 by katakori
sp

顔www素晴らしい!!!最後の決めポーズも完璧。

「Gaikai」がアプリケーションのマルチタスクにも対応、PhotoshopとDreamweaverの動作デモ映像が公開

2010年10月5日 16:37 by katakori
sp

8月には60日以内にサービスをスタートさせると明言し、日本用サーバがLiveになった事が発言されたゲームクラウドサービスの「Gaikai」、現在の所正式サービスに関する具体的なアナウンスも行われず、日本サーバに関する続報も一切聞こえてきていません。

公式サイトではベータテスターの募集が行われているものの、Twitterでの発言もほとんど行われず、フロントマンであるDavid Perry氏のインタビュー記事が定期的に登場する程度で、Amazonとの提携などについても続報が聞こえて来ない状況が続いています。

そんな中、久しぶりにDavid Perry氏がGaikaiの具体的な新機能についてTwit、なんとゲーム以外にもアプリケーションのマルチタスクに対応するとの事で、PhotoshopとDreamweaverをGaikaiサービスの中で動作させるデモ映像が公開されました。

これらが実用に耐えうるクオリティで気軽に利用できる事になれば、業態によっては年に数度しか使わないようなビジネスアプリを無駄に揃える必要が無くなる革新的なサービスだと言えますが、やはり最近のGaikaiの動きの見え無さが非常に不安な所。そろそろOnLiveに続く正式サービスが必要だとも考えられ、そこに一番近い場所にいるとされるGaikaiの動向が気になる所です。

情報元:Twitter

「FIFA 11」が前作を凌ぎUK史上で3番目のローンチに、先週のUKチャートが発表

2010年10月5日 16:07 by katakori
sp
「FIFA 11」 FIFA 11 ワールドクラスサッカー

昨晩9月26日から10月2日までのイギリスの週間チャートが発表、先週1位に輝いた”F1 2010″が2位にランクダウン、Dead Rising 2は先週に引き続き3位をキープ、そして1位には先日ローンチを迎えたばかりの「FIFA 11」が登場しました。

なお、1位となったFIFA 11は前作FIFA 10のローンチを超え、Modern Warfare 2とGTA IVに続くイギリス史上3番目のローンチを果たした事が明らかになっており、前作からセールスは21%増え、販売収入は36%アップが見込まれています。

1位. FIFA 11
2位. F1 2010
3位. Dead Rising 2
4位. Halo: Reach
5位. Guitar Hero: Warriors of Rock
6位. Tiger Woods PGA Tour 11
7位. Sports Champions
8位. Prince of Persia: The Forgotten Sands
9位. Toy Story 3
10位. Civilization V
11位. Mafia II
12位. Just Dance
13位. Red Dead: Redemption
14位. Kane & Lynch 2: Dog Days
15位. Assassin’s Creed II: Complete Edition
16位. Wii Sports Resort
17位. Super Mario Galaxy 2
18位. Art Academy
19位. New Super Mario Bros. Wii
20位. Modern Warfare 2

情報元及びイメージ:VG247

「Epic Mickey」で真に重要なのは物語では無くプレイヤーの物語への関与、新映像が公開

2010年10月5日 15:51 by katakori
sp

ウォーレン・スペクター氏率いるJunction Pointが開発を進めているdoopeイチオシの期待作「Epic Mickey」、今作は所謂ウォーレン・スペクターゲームとしてDeus Ex等で見られたプレイヤーの行動による選択と結果が重要なファクターである事がスペクター氏自身から語られています。

そもそも、これまでハードコアゲームのスーパースターであった氏にディズニーが託したのは”ミッキーの再生”で、ここで近年のディズニー”コンテンツ”に見られた凋落のプロセスやピクサーの買収によりジョン・ラセター氏がディズニーアニメのコントロールを行う様になって以降の復活への道が開かれた経緯はあまりにも多岐に渡るので割愛しますが、今回目指すこの”再生”がディズニーにとって非常に大きな意味を持つ事がこれまでにも明らかにされています。

そんな中リリースも11月25日に決まり、改めてEpic Mickeyが目指すストーリーについて語られる映像が公開、映像の中でスペクター氏は本作で重要なのはストーリーでは無いと述べ、重要な事はプレイヤーがどの様に物語と関係するかだと語っています。

そしてこれまでで最もアメージングなストーリーが描かれた本作であろうとも、プレイヤーが作品に関係しなければ意味が無いと述べ、Epic Mickeyはミッキーとオズワルドの二人の兄弟がどのように再び関係を結ぶかを描いた物語であり、これを決定する事はプレイヤーの判断による物だとEpic Mickeyのゲーム性を強調しました。

なお、氏は昨年10月のに行われたインタビューにおいて、前述のプレイヤーの関与と物語の関係について以下の様に述べています。

私はコンテキスト(フィクション)の重要性は2番目であることを理解しました。私はストーリーを”話す”事を愛していますが、最も重要なのはプレイヤーと同調する事と物語を”伝える”事です。

「Epic Mickey」 エピック ミッキー

また、Official Nintendo Magazineの最新号にはウォーレン・スペクター氏のインタビューが掲載、こちらでもゲームのメカニズムや今後の展開と共に、ミッキーとオズワルドの二人について言及されています。まず、氏は今作に登場する様々なキャラクターについて語り、インゲームでは未登場のドナルドの様にまだ多くの未登場キャラクターがいる事を明言、ミッキーの仲間のあの子やこの子達が含まれていないゲームを作りたくは無かったと発言、まだ多くのお楽しみが残されている事を示唆しています。

そして最もこれまで実現しえなかった事がオズワルドとミッキーの出会いだと述べ、ミッキーが人々から忘れられた友人に出会う事について、ミッキーがどのように感じるか、そして、彼ら自身が忘れられた事をどのように感じているか、これらを確かめる事は実に興味深い事だと語っています。

また、今回の映像ではインゲームの2Dパートとも違うテイストの新しいアートワークが数点登場し、毎度お馴染みの悶絶キュートなミッキー達が数多く登場しています。そしてリリースが近づくにつれオズワルドの露出も少しづつ増えており、こちらも強烈な愛らしさと輝きを放っています。また、昨日にはパッケージアートの高解像度イメージも登場、いよいよリリースが間近に迫ってきた事が感じられる段階に入ったと言えそうです。

今回はこのパッケージアートや前述の映像に描かれたアートワークの一部もご紹介、11月25日(北米は11月30日)のリリースまでこれらキュートなミッキーのイメージで辛抱する事にしましょう。

「Epic Mickey」 エピック ミッキー

(続きを読む…)

ファンメイドの「Starcraft II」Terranマリーンスーツが物凄い……

2010年10月5日 12:39 by katakori
sp
「Starcraft II」

PCタイトルでも素晴らしい作品であればしっかり売れる事を実証した「StarCraft II: Wings of Liberty」、対戦の面白さもさる事ながら、レイナーやタイカス、そして世界最狂の悪人トーナメントでも優勝を果たしたケリガンなど、Starcraftユニバースの物語も非常に魅力的です。

今回のWings of Libertyではアナウンス時から象徴的なキャラクターとして描かれてきたタイカス、彼がマリーンスーツを着込む映像のクオリティに度肝を抜かれたファンも多いのではないでしょうか。という事で、ローンチイベント等にもチラと登場していたファンメイドのマリーンスーツコスチュームの映像やイメージが大量に登場、もう呆れる程に凄まじいハイクオリティなスーツが再現されています。格好良い!

「Starcraft II」
「Starcraft II」

(続きを読む…)

sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.