Zed用のスクリーンスペースSSSやフォトリアルな反射など、PC版「Killing Floor 2」のNvidia GameWorks対応がアナウンス

2014年12月23日 23:06 by katakori
sp
「Killing Floor 2」

先日、馴染み深い幾つかの武器から、謎のSci-Fi武器まで登場する新たな開発映像をご紹介したTripwireの人気Co-opサバイバルホラー続編「Killing Floor 2」ですが、新たにNvidiaがPC版“Killing Floor 2”のGameWorks対応をアナウンスし、リアルな反射や夥しい流血表現、実に気持ち悪いZedのリアルな皮膚表現など、対応する幾つかのGameWorks機能と参考のスクリーンショットが公開されました。

(続きを読む…)

超小型Arduinoボード“TinyDuino”用の親指サイズOLEDモニタ「TinyScreen」がKickstarter中、ゲームもプレイ可能

2014年10月7日 0:55 by katakori
sp
「TinyScreen」

2012年10月にKickstarterで初期ゴールの10倍近い資金調達に成功し、多彩なモジュールの発売を実現していたスタッカブルな超小型Arduinoボード“TinyDuino”ですが、新たにプロジェクトを率いるKen Burns氏が様々な用途に使用可能な“TinyDuino”用OLEDモニタ「TinyScreen」のKickstarterキャンペーンを開始し、ゲームまでプレイ可能な多機能ぶりに注目を集めています。

(続きを読む…)

Microsoftが“Kinect 2”を利用した高精度な“手”トラッキング技術のデモ映像を公開、“IllumiRoom”の後継プロジェクトも

2014年10月6日 19:24 by katakori
sp
「Kinect」

予てからウェアラブルやモーションコントロール系のコンピューティングをはじめ、センサーやキャプチャー系技術とその応用、インタラクティブコンテンツとの融合など、多岐に渡る研究開発を進めているMicrosoft Researchが、新たに単一の“Kinect 2”で指の細かな動作まで捉える高精度な“手”のトラッキング技術を開発し、ゲーミングやコンピューティングの未来を感じさせるデモ映像を公開しました。

今回は距離や明るさが大きく変化しても見事に追従するハンドトラッキングのデモンストレーション映像に加え、Microsoftが昨年1月にCES会場でお披露目した“IllumiRoom”技術の後継プロジェクトとして始動した部屋全体に及ぶAR投影技術“RoomAlive”のデモ映像を併せてご紹介します。

(続きを読む…)

多数のビジュアルエフェクトを擁する“Nvidia GameWorks”の一部機能がPS4とXbox One、Androidに対応予定

2014年9月22日 12:06 by katakori
sp
「NVIDIA GameWorks」

先日開催されたGAME 24イベントにて、GTX 900シリーズやNvidia技術を採用するPCタイトルなど、ゲーマー向けの情報を多数アナウンスしたNvidiaですが、新たに多彩なビジュアルエフェクトやライブラリ、開発ツールを包括(新たに発表されたリアルタイムのボクセルGI“VXGI”や広域な草のシミュレート/レンダー技術“Turf Effects”もこれに含まれる)する“Nvidia GameWorks”の一部機能をPS4とXbox One、Android向けに対応させる計画が報じられ注目を集めています。

(続きを読む…)

PC版「Assassin's Creed Unity」と「Far Cry 4」のビジュアルを強化するNvidia機能のディテールが浮上

2014年9月19日 12:47 by katakori
sp
「Assassin’s Creed Unity」

本日、Nvidiaが“PC gaming holiday”と銘打ったPCゲーミングにフォーカスした世界規模の24時間配信イベント“Game24”をスタートし、GTX 900シリーズとMaxewllアーキテクチャ関連の情報に注目が集まる状況となっていますが、新たにPC版「Assassin’s Creed Unity」と「Far Cry 4」に導入される恒例のNvidia機能を網羅したプレゼンテーション資料が登場し、来る最新作に導入される著しい改善の数々が明らかになっています。

レベル環境に適用される各種テッセレーションや、Contact Hardening Shadows的なソフトシャドウ表現を見せるPercentage Closer Soft Shadows(PCSS)、TXAA、HBAO+、God Rays表現など、興味深い改善の数々が確認できる比較イメージは以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

「The Last of Us」の緻密なキャラクターアニメーションや流血表現にスポットを当てた開発映像が登場

2014年9月8日 16:12 by katakori
sp
「The Last of Us」

先日、国内向けのPS4版リマスターもローンチを果たしたNaughty Dogの傑作「The Last of Us」ですが、新たに本作の戦闘において印象的なブルータルなフィニッシュムーブの演出と、現実的な流血表現を実現した手法にスポットを当てたパネル映像が登場し注目を集めています。

(続きを読む…)

PC版「Assassin's Creed Unity」は“Mantle”に似た改善もたらす新たなレンダリングアーキテクチャを特色とする

2014年8月27日 13:37 by katakori
sp
「Assassin’s Creed Unity」

先日開催されたgamescomにて、コンソールのベタ移植が目立つ近年の背景を踏まえ、PCプラットフォーム向けに特化したサポートと改善を強化するとアピールしていたUbisoftですが、新たにUbisoftのパイプライン技術ディレクターJames Therien氏がDSOGamingのインタビューに応じ、PC版「Assassin’s Creed Unity」が“Mantle”に似た大幅なパフォーマンス向上をもたらすローレベルの全く新しいレンダリングアーキテクチャを導入すると明らかにしました。

(続きを読む…)

手作業で構築された都市や降水量が変化する天候表現など、「The Witcher 3」のVFXアーティストが明かした技術的な新情報まとめ

2014年8月20日 17:56 by katakori
sp
「The Witcher 3: Wild Hunt」

昨晩、“The Ladies of the Wood”クエストの衝撃的な展開を37分に渡って描いた素晴らしいデモ映像が公開されたCD Projekt REDの人気RPGシリーズ最新作「The Witcher 3: Wild Hunt」ですが、この映像をクローズド上映したgamescom会場でCDPRのVFXアーティストJose Teixeira氏がDualShockersのインタビューに応じ、デモビルドに関する情報やローンチに向けた開発の進捗、今後実装を望むビジュアルエフェクトや天候表現に関するディテールなど、非常に興味深い情報を多数明らかにしています。

(続きを読む…)

Naughty DogのJason Gregory氏によるゲームエンジンの専門書「Game Engine Architecture」に新章を追加した第二版の発売が決定

2014年7月21日 12:07 by katakori
sp
「Game Engine Architecture」

先日、“The Last of Us Remastered”のRC版完成をコマンドラインのイメージで報告し、今もLinuxやCygwin環境のコマンドラインツールをスタジオ内部で多く使用していると語っていた(※ 参考)Naughty DogのリードプログラマーJason Gregory氏ですが、予てから南カリフォルニア大学で教鞭を執り後身の育成に力を入れているJason Gregory氏が大学の授業を想定し2010年に出版したビデオゲームエンジンのアーキテクチャに関する技術書「Game Engine Architecture」に新たな章を追加した第二版が8月5日に発売されることが明らかになりました。

(続きを読む…)

非常にソリッドな動作を実現した「Destiny」のフレームレート検証映像が公開、幾つかの技術的なディテールも

2014年6月16日 11:11 by katakori
sp
「Destiny」

現在PS4ユーザー向けに大規模なアルファテストが実施されているBungieファン期待の新作「Destiny」ですが、新たにEurogamerのお馴染みDigital Foundryがアルファビルドのフレームレートを含む技術的な解析を行い、まだアルファビルドながらPS4版“Destiny”が対戦型マルチプレイヤーを含め、非常にソリッドな30fps動作(ネイティブ1080p)を実現していることが明らかになりました。

今回はこの張り付くような動作が確認できる2本の検証映像に加え、アルファビルドに関する技術的なハイライトをまとめてご紹介します。

(続きを読む…)

Dave Jones氏を迎え復活を果たす新生「Crackdown」はクラウド技術を利用した大規模な破壊表現を導入

2014年6月13日 12:56 by katakori
sp
「Crackdown」

先日、E3会場で開催された“Xbox E3 2014 Media Briefing”にて、Phil Spencer氏が満を持して正式アナウンスを行い、かつてRockstarで“Grand Theft Auto”と“Grand Theft Auto 2”を生んだ初代“Crackdown”のオリジナルクリエイターDavid Jones氏が開発を率いる新作となることが明らかになった新生「Crackdown」(※ 国内ではライオットアクト)ですが、新たにPhil Spencer氏が本作の大きな特色となる新要素に言及し、今年4月初めにMicrosoftがサンフランシスコで開催したMicrosoft Build Developer Conferenceにて、Azureサーバを利用しフレームレートに影響を与えないままビルを粉々に破壊するクラウドの物理演算デモが新生“Crackdown”用に開発されたプロトタイプだったことが明らかになりました。

(続きを読む…)

近い未来の映像技術を紹介する「SIGGRAPH 2014」のプレビュー映像が公開

2014年5月15日 20:25 by katakori
sp
「SIGGRAPH 2014」

今年は8月10日から14日に掛けてバンクーバーで開催されるコンピュータグラフィックス技術の祭典「SIGGRAPH 2014」ですが、新たに今年出展される技術のハイライトを収録したテクニカルプレビュートレーラーが公開されました。

最新の3Dプリンタ利用事例やフェイシャルアニメーションの移行技術、小さなオブジェクトを音波で浮かせ映像表現に利用する驚きの手法、紙やガラスのような薄いオブジェクトの破れ(易い箇所の適用含む)や破壊表現、フォトリアルなfluid表現など、ビデオゲームへの利用にも期待が高まる夢溢れる映像は以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

続報:Bungieが「Destiny」の開発にリアルなフェイシャルアニメーションを実現するミドルウェア“Faceware”を採用

2014年3月21日 18:42 by katakori
sp
「Destiny」

先日、ガーディアン達の“顔”に関するクローズドセッションがGDCで実施されるとご紹介したBungieの新作「Destiny」ですが、新たにマーカーレスのフェイシャルモーションキャプチャーを特色とするミドルウェア“Faceware”を手掛けるFaceware Technologiesがプレスリリースを発行し、BungieがDestinyの開発に“Faceware”技術を採用したことが明らかになりました。

(続きを読む…)

Xbox Oneを含む全てのMicrosoftプラットフォームに対応する「DirectX 12」が正式アナウンス

2014年3月21日 7:35 by katakori
sp
「DirectX 12」

本日、GDC会場でMicrosoftが次期DirectX APIとなる「DirectX 12」を正式にアナウンスし、パートナーとなるNvidiaとAMD、Intel、Qualcommが一堂に会する壮観なプレゼンテーションが行われました。

“DirectX 12”は、新たにXbox Oneやモバイルデバイスを含む全てのMicrosoftプラットフォームに対応を果たすほか、前述したパートナーの協力により実現する広範囲な対応とAMDのMantle APIに似た下位レベルへのアクセスに伴うパフォーマンス向上を特色とする次世代ゲーミングAPIで、対応タイトルの登場時期や対応ハードウェアに関する具体的な情報など、大量のディテールが判明しています。

(続きを読む…)

Epicが「Unreal Engine 4」のサブスクリプションモデル採用を発表、新機能のハイライトを収録したGDCトレーラーも公開

2014年3月20日 4:23 by katakori
sp
「Unreal Engine 4」

先日Gears of WarフランチャイズをMicrosoftに譲渡し、新規IPの開発に注力することが報じられたEpicですが、新たにUnreal Engineの公式サイトが更新され、Tim Sweeney氏が「Unreal Engine 4」のサブスクリプションモデル採用を正式にアナウンスしました。

(続きを読む…)

続報:WebGL対応や64bitサポートを含む「Unity 5」が正式発表、新機能プレビューと対応ゲームの紹介映像も

2014年3月19日 11:53 by katakori
sp
「Unity 5」

昨日、Polygonが情報公開のタイミングを誤って発表を一時的に報じてしまったことから存在が明らかになったゲームエンジン“Unity”のナンバリング最新版「Unity 5」が予定通り発表を迎え、公式ストアでアップグレードの受け付けが開始されました。

“Unity 5”は、ダイナミックなデザインを可能にするオーディオツールの刷新や物理ベースのシェーダーシステム、ライティングの強化、64bit対応、PhysX 3.3対応、モバイルゲームの販売を促進するUnity Cloudを用いた広告機能の統合、WebGL APIへの対応など、大量の新機能と拡張を伴う最新版で、多岐に渡る新要素を紹介するプレビューとWebGLのデモ、豊富なUnity採用タイトルを紹介する各種映像が公開されています。

(続きを読む…)

NvidiaがGDCに参加した全ての開発者に最新の開発ツールセット「Nvidia GameWorks」を提供、新たなデモ映像も公開

2014年3月18日 12:45 by katakori
sp
「Nvidia」

本日サンフランシスコのモスコーニセンターでイベントの開幕を迎えたGDC 2014ですが、新たにNvidiaが昨年末に発表した開発ツールコレクション「Nvidia GameWorks」をGDCに参加する全ての開発者に提供するとアナウンスし、ツールの概要と共に幾つかの未公開シーンを含む数本のデモ映像が公開されました。

(続きを読む…)

風や雨までシミュレートする「Watch Dogs」のミドルウェアにスポットを当てた開発映像が公開

2014年3月18日 0:19 by katakori
sp
「Watch Dogs」

5月27日の海外ローンチが決定し、製品版の最終的なクオリティやマルチプレイヤーに関する動向に注目が集まる状況となっているUbisoftの期待作「Watch Dogs」ですが、新たにフランスの情報サイトAbsolute Gamingが本作のミドルウェアにスポットを当てたインタビュー映像を公開し、“Disrupt”エンジンの特徴的な要素として昨年7月に報じられていた風や雨のシミュレートやAIに関する取り組みを実際に開発ツール内で紹介する映像が登場しました。

音声がフランス語であることから細かなディテールは不明ながら、“Disrupt”エンジン内で動作する昼夜の変化や風が対流する様子、雨が風に直接的な影響を与え変化する路面、風により転がる小さなゴミ、NPCのAIに至るまで、様々な要素が互いに影響を受け動的な変化を見せる挙動が確認できる実に興味深い映像は以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.