噂:ワーナー・ブラザーズが「Scribblenauts Remix」のドメインを取得、“スクリブルノーツ”の新作?

2011年8月4日 12:12 by katakori
sp
「Scribblenauts」

先日“Super Scribblenauts”の日本語版“スーパースクリブルノーツ”が10月13日にコナミからリリースされることが明らかになりましたが、本日海外のワーナー・ブラザーズが「Scribblenauts Remix」のドメインを取得したことが判明(参考:whois情報)、何らかの新作が登場するのではと注目を集めています。

今のところ詳細は全く不明ですが、もし何らかの新作が登場するとしてもドメインに見られる“Remix”の文言からは初代“Scribblenauts”と“Super Scribblenauts”を組み合わせたタイトルとも想像でき、規模の小さい5th Cellが現在革新的なシュータータイトル“Hybrid”の開発を進めていることもあって完全新作である可能性は低いと予想されます。いずれにしても再びマックスウェル君と遊べる!となればファンにはとても嬉しいところで、今後の続報に期待したいところです。

情報元:Joystiq

「Scribblenauts」シリーズの主人公マックスウェル君のアクションフィギュアが今年6月にリリース!

2011年3月29日 17:34 by katakori
sp
「Scribblenauts」 マックスウェル

5th Cellの看板タイトル「Scribblenauts」のキュートな主人公マックスウェル君、doope!でも事ある毎にその破壊的な可愛さをプッシュしてきましたが、遂に北米ファンコ社がマックスウェル君のアクションフィギュアリリースを発表、今年の6月に登場することが明らかになりました。

アクション……かどうかは一先ず置いておいて、再現度は上のイメージで一目瞭然、独特なプロポーションと共に、見る者を強制的に癒やす珠のように可愛らしい笑顔が見事に再現されており、既に販売サイトでは予約もスタート。価格は12.49ドルとなっています。

また、ファンコからはぬいぐるみも同じ6月に登場、こちらもゆるめのキュートさに満ちた素敵な仕上がりで、価格は11.49ドル。いずれも熱心なマックスウェル君ファンのハートを鷲づかみにする強力な破壊兵器となっています。

「Scribblenauts」 マックスウェル
情報元及びイメージ:GoNintendo

「Super Scribblenauts」のローンチパーティが10月10日ニューヨークで開催!

2010年9月29日 19:16 by katakori
sp
「Super Scribblenauts」 スーパースクリブルノーツ

DSに書いた単語が”物”として登場する革新的なゲーム性を実現し、主人公のマックスウェル君の尋常ではない可愛さも相まって大きなヒットタイトルとなった5TH Cellの”Scribblenauts”ですが、新たに形容詞が利用可能になり操作性などの大きな改善も施された期待の続編「Super Scribblenauts」がいよいよローンチを迎えます。

前作のリリース時にも素晴らしくキュートなローンチイベントを行った5TH Cellですが、今回も盛大なローンチパーティがロサンゼルスにて開催される事が発表されました。

イベントは10月10日午前11時から午後2時までロサンゼルスのSunset and VineにあるGameStopで開催され、ゲームの販売はもちろん、Super Scribblenautsのコスチュームコンテストや、磁石と店舗の壁を利用したパズルイベント、そして5TH Cellチームも登場する事がアナウンスされています。

今回は参考に素晴らしくハッピーなイベントになった昨年の”Scribblenauts”ローンチイベントの模様をご紹介、マックスウェル君のケーキや購入したプレイヤーの満面の笑みなど、本作の素晴らしさとファン達の愛情深さが端々に滲み出る素晴らしいイベントとなっています。イベントの様子はまた改めてお知らせいたしますので、続報をお楽しみに!

「Scribblenauts」 スクリブルノーツ
「Scribblenauts」 スクリブルノーツ
「Scribblenauts」 スクリブルノーツ
情報元:Joystiq

「Scribblenauts 2」の新要素”形容詞”はこう使う!そしてコントロール方法も強化

2010年3月22日 16:45 by katakori
sp
「Scribblenauts 2」

今月に入り、満を持してその姿を現したマックスウェル君!DSで正統進化を果たす「Scribblenauts 2」がアナウンスされた訳ですが、前作でも恐ろしくフレキシブルなシステムを実現していた本作が、次作では形容詞をサポート、なんとその数10,000個!どんな柔軟なシステムが用意されるのか今から本当に楽しみです。

マックスウェル君が表紙を飾った最新号のNintendo Power誌に、新要素”形容詞”がどんな風に使われるのかが簡単な説明がされていました。解説は牛をベースに”太った”牛、”石化した”牛、”燃える”牛、その他ロボやストライプと用意された上に、それら全てを組み合わせた牛を用意する事も可能な事が描かれています。重ねられるのか……恐るべし!今からあの子やこの子をああやってこうやって、と考えるだけでたまらん素晴らしい新要素となっています。

「Scribblenauts 2」

なお今作ではコントロール方法も改善されている事が併せて明らかにされています。前作ではタッチペンのみだった操作が今作ではパッドとタッチペンの両方の操作に対応、オブジェクトとのやりとりやカメラの移動などをタッチペンで行っている間に、マックスウェル君を方向パッドで移動させてあげる事が可能になりました。

さらに改善される要素として物理要素と重量に関する改善が行われています。今作からはオブジェクトをロープで繋ぐ際に予め決められた頂点ではなく、各オブジェクトの任意の点にロープを結びつける事が出来る様になります。なおレベルエディタは今作でも搭載されているようです。

前作で220用意されていたステージは今作では120と、少しその数を落としています。その分やはり内容が濃くなるという事でしょうか。形容詞だけでも相当にやれる事が増えそうな気配がぷんぷんと漂うScribblenauts 2、今後も新情報漏らさずお伝えしていきますので、お楽しみに!

情報元及びイメージ:Aeropause Games

[GDC 2010] ノーティおめでとう!「Uncharted 2: Among Thieves」がGame of the Yearを含む5つの賞を獲得

2010年3月12日 15:37 by okome
sp
「Uncharted 2: Among Thieves」

先ほどGDC 2010のGame Developers Choice Awardsが発表され、Naughty Dogの最新作「Uncharted 2: Among Thieves」がGame of the Yearを含む5つの賞を獲得した事が明らかになりました。昨年行われたVGA 2009でGame of the Yearを獲得、さらにD.I.C.E. Summitにおいてゲーム界のアカデミー賞とされている”13th Annual Interactive Achievement Awards”の最優秀賞Overall Game of the Yearを含め10の賞を獲得し、2009年のゲームタイトルの賞をほぼ独占している状態の本作がまた1つ大きな栄冠に輝きました。

さらに先日続編のリリースが発表された5th Cellの「Scribblenauts」がBest Handheld Game、Innovation Awardなどの2つの賞に輝きました。マックスウェル君おめでとう!また各賞の受賞作のリストは以下のようになっています。

・Game of the Year
Uncharted 2 (Naughty Dog)

・Best Audio
Uncharted 2 (Naughty Dog)

・Best Writing
Uncharted 2 (Naughty Dog)

・Best Technology
Uncharted 2 (Naughty Dog)

・Best Visual Arts
Uncharted 2 (Naughty Dog)

・Best Handheld Game
Scribblenauts (5th Cell)

・Innovation Award
Scribblenauts (5th Cell)

・Best Game Design
Batman: Arkham Asylum (Rocksteady)

・Best Downloadable Game
Flower (thatgamecompany)

・Best Debut Game
Torchlight (Runic Games)

・Best New Social/Online Game
Farmville (Zynga)

情報元:VGChartz

お知らせ:マックスウェル君がNintendo Power4月号の表紙を飾ります

2010年3月9日 17:02 by katakori
sp
「Scribblenauts 2」 スクリブルノーツ 2

先日満を持して、満を持して発表された「Scribblenauts 2」、マックスウェル君のお知らせをまた出来るかと思うともう……もう本当に色々たまらんです。発表直後に言うのもおかしな話しですが出来るだけ長い事開発して欲しい(※ リリースが済むと寂しいので)と考えてしまう筆者は完全に頭がおかしい事を自覚しています。それくらい魅力的な毒性がScribblenautsには宿されているという事だとご理解下さい。

という事で新情報も何もありませんが、マックスウェル君がNintendo Power4月号の表紙を飾る事が判りました。バスタブに乗って飛んでおられる!かわいい……飛ぶバスタブって単語ないよな、これが新要素な形容詞のパワーか!という事で、今から新要素が楽しみなScribblenauts 2、リリースは秋で対応プラットフォームはDSとなっています。

イメージ:All Games Beta

マックスウェル君がDSに帰ってきた!続編「Scribblenauts 2」がパワーアップして登場

2010年3月8日 11:43 by katakori
sp
「Scribblenauts 2」

今月に入ってミリオン達成のニュースが報じられた5th CellのScribblenauts、一躍注目デベロッパとなった5th Cellの次回作はWii版Scribblenautsや未発表のXBLAタイトルなどの噂が挙がっていましたが、昨日Nintendo Power最新号から続編「Scribblenauts 2」がDSでリリースされる事が明らかになりました。

それによるとリリースは秋頃を予定しており、1万語を追加し、120の新ステージが登場するとの事。さらに新たに形容詞が使用可能になる事も記されており、コントロールの改善も図られているようです。内容や5th Cellの動向が気になるところではありますが、新しいマックスウェル君と遊べる!のが何より素敵。また今回も多く登場するであろう萌えアートワークの数々も今から楽しみです。

情報元およびイメージ:Joystiq

[DICE 2010] ゲーム界のアカデミー賞で「Uncharted 2: Among Thieves」がGame of the Yearを含む10の賞を獲得!

2010年2月19日 16:49 by katakori
sp
「Uncharted 2: Among Thieves」 アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団

現在ラスベガスで開催されているのゲーム開発者の祭典D.I.C.E. Summitにおいてゲーム界のアカデミー賞とされている”13th Annual Interactive Achievement Awards”の各賞受賞作品が発表され、先日同アワードにおいて過去最多となる15の賞にノミネートされた事をお伝えした「Uncharted 2: Among Thieves」が最優秀のOverall Game of the Yearを始め、アニメーション、ゲームプレイ、エンジニアリング、アートなどなど、ほぼ総なめと言える10の賞を獲得した事が明らかになりました。

また、革新的なゲームとポータブルゲームの2部門で「Scribblenauts」が受賞、マックスウェルくんおめでとう!!そしてパイオニア賞にピットフォールや懐かしいメガCDのナイトトラップなどを手掛けたDavid Crane氏が、そして功労賞的なLifetime Achievement AwardにESRBのレーティングや巨大ゲームイベントE3の運営を行うESAのDoug Lowenstein会長が選ばれています。

各賞はゲーム業界のスペシャリストであるAcademy of Interactive Arts & Sciencesのメンバーによって投票が行われ、その年に最も素晴らしい功績を残した作品に贈られます。各賞の詳細は以下をご覧ください。

(続きを読む…)

単語を書いて何でも召還アクションパズル「Scribblenauts」がミリオン達成!めでたい!

2010年2月4日 10:42 by katakori
sp
「Scribblenauts」

昨年のイノベーティブなタイトルの代表とも言える5th Cellの「Scribblenauts」、ゲームプレイもさることながらマックスウェル君の破壊的な可愛さに心奪われた方も多いのではないでしょうか。昨晩パブリッシャーを務めたワーナー・ブラザースがScribblenautsのセールスが100万本を越えた事を発表しました。プレスリリースを行ったWarner Bros. Interactive EntertainmentのMartin Tremblay氏はScribblenautsを強いオリジナルブランドと表現しています。

5th Cellの次回作への取り組みにも期待が集まっており、さらにはWii版のScribblenauts登場なども噂されている事からまだまだマックスウェル君の快進撃は止まらなさそうです。がんがん売れてそのうち日本でも……出ないもんだろか。

情報元:Destructoid

[2009年ありがとう] 年末企画!個性的だったゲーム・オブ・ザ・イヤー2009

2009年12月27日 15:41 by katakori
sp
「Bear on a Wire」

いよいよ今年も残すところ1週間を切り残すところ5日となりました。お仕事をされている方は今日からお休みという方も多いでしょうか。年末年始は積み上げたゲームをたっぷりこなす良い機会、積み上げたゲームをこなすもよし、鬼プレイでランクやレベル上げをやるもよし!今年の大作や注目ゲームの総括などは多くの情報サイトやメディアでたくさん見られますので、今回は当サイトならではの個性的だった今年のゲームの注目作良作をまとめて見ました。

(続きを読む…)

[2009年ありがとう] 年末企画第4弾!可愛い子・オブ・ザ・イヤー2009

2009年12月24日 21:26 by katakori
sp
「Scribblenauts」
メリークリスマス!

ここまでおっさん、技術、音ネタと続いたdoope!の年末企画、全然ゲームと関係の無いネタが続きましたが、今回は死人が出るかと思うほどに可愛らしかった今年の印象的な(当サイト視点ですが……)ゲームキャラクター達を大集合させてみました。

今年最大の発見は可愛いは正義!最近”可愛いらしい”という属性に”可愛そう”が足された時にとんでもなくキュートな物が出来上がるという事です。その辺りを気にして見るとまた可愛い子達の少し違った側面が見えてくるのではないでしょうか。それでははりきってどうぞ!

(続きを読む…)

「Scribblenauts」のクリスマス仕様なアートワークが登場!たまらん!

2009年12月8日 10:54 by katakori
sp
「Scribblenauts」

Wii版の噂など嬉しい展開が待っているかもしれない「Scribblenauts」ですが、先日のハロウィンアートに続いてクリスマスバージョンの超絶可愛いアートワークが登場しました。Scribblenautsの魅力的なキャラクター達を生みだしたEdison Yan氏の作品は本当にいつもハイクオリティ!素晴らしいクリスマスプレゼントとなりました。

情報元及びイメージ:Joystiq

5th CellがWii版「Scribblenauts」の可能性について示唆

2009年12月1日 19:38 by katakori
sp
Scribblenauts

先日、2010年のワーナーのリリース予定リストのリークに、WiiとPC版「Scribblenauts」の名前が確認されたニュースをお伝えしましたが、Nintendo The Official Magazineでのインタビューにおいて5th Cellのテクニカルディレクターを務めたMarius Fahlbusch氏はWii版Scribblenautsについて大きく興味があると語っています。

Wiiタイトルの作成を面白いと評価した同氏は「私たちは、まだ実現されていない新しい”何か”を探しています、これからもそれを継続していきます」と発言しています。言葉で書いた物がアイテムとなって召還されるアクションパズルゲームScribblenauts、キャラクター達も恐ろしく愛らしい子達が揃っており、Wiiで生まれ変わるとなるとちょっと目が離せない事になりそうです。続報に期待です!

情報元及びイメージ:VG247

噂:Scribblenautsの新作にF.E.A.R 3にバットマン新作まで?ワーナー関連の2010年タイトルリストがリークか

2009年11月19日 16:53 by katakori
sp
scribblenauts

オランダの情報サイトの情報によるとワーナー・ブラザースが2010年にリリースを予定しているタイトルのリストがリークされた模様で、そこにはDSで大好評を得た「Scribblenauts」のWiiとPC版、そしてホラーFPSのシリーズ最新作「F.E.A.R 3」、さらにバットマンの新作でWiiとDS向けとなる「Batman: The Brave and the Bold」が記載されていたとの事です。

Scribblenautsを開発した5th Cellは次回作としてXBLA向けのダウンロードタイトルを用意している事を既に明言しています。F.E.A.RシリーズのMonolith Productionsは2をリリースして以降、目立った話が聞こえてきていないので現実味はあるような印象もあります。さて、果たしてどこまで本当なのかわかりませんが、ScribblenautsがDS以外でも出るとなると続報が気になる所ではあります。

情報元及びイメージ:Destructoid

「Scribblenauts」にスペシャルなハロウィン画像が公開、たまらん!

2009年10月31日 11:55 by katakori
sp
Scribblenauts

5th Cellがハロウィンに合わせて「Scribblenauts」のハロウィンテーマな萌え画像を公開しました!か……かわいい。コンソールに移行する5th Cellの次回作もどうか可愛い子たちが沢山でますように!

情報元及びイメーシ:GoNintendo

頭いいな!「Scribblenauts」のマックスウェル君が可愛い女の子に……

2009年10月11日 11:48 by katakori
sp
ウィッグを被ってすっかり女の子なマックスウェルくん
町娘になるマックスウェルくん

「Scribblenauts」のマックスウェル君を女の子に仕立て上げるムービーが公開されました。頭いい!しかも意外にも可愛いらしいのがまたこれ。しかし本当にScribblenautsの遊びの幅が広い事に驚くばかりです。

情報元:GoNintendo

「Scribblenauts」を生み出した5th Cellの新作はビッグなXBLAタイトルに!

2009年10月10日 11:01 by katakori
sp
Scribblenauts

「Scribblenauts」のヨーロッパでのローンチも終えた5th Cell、先日同社が新作について発表を近々行うとのニュースをお伝えしましたが、その予告と思われる情報が明らかになりました。Gamasutraが行った5th CellのJeremiah Slaczka氏へのインタビューによると、次回作はXBLAでのビッグタイトルになるとの事。

Jeremiah Slaczka氏は「これは本当にクールな物になるよ!」と語り、まだ発表の準備が全く進んでいないと続けています。さらにインタビューでは開発当初に単語を書いたらアイテムが現れるというアイデアをゲームプレイに昇華させる事に苦労した事や、それがJeremiah Slaczka氏の見た夢によって解決されたこと、そしてScribblenautsのコンセプト設計からローンチまでなんと1年と3ヶ月という短い期間で出来上がった事などが語られています。

情報元:Joystiq

開発中はこんなだった!あなたが「Scribblenauts」について知らない小ネタ集

2009年10月6日 10:37 by katakori
sp
Scribblenauts

5TH Cellが9月15日にリリースしたWordplayゲーム「Scribblenauts」、Wordplayと言うのは聞き慣れない言葉ですがプロデューサーのJeremiah Slaczka氏が最近名付けたカテゴリの名前です。

Scribblenautsの魅力はもうさんざんdoope!でもご紹介してきましたが、それでも追いつかないほど沢山のニュースや可愛いネタであちらは盛り上がっています。そんな中、GameInformerがリリースには盛り込まれなかった要素やバグの面白い小ネタを紹介しています。というわけで、あなたが知らない……いや5TH Cellしか知らないScribblenautsの小ネタをお届けします。

  • ライオンと他のAIが戦っている時、相手にベーコンを付着させると問答無用でライオンに食べられて戦闘終了。
  • うさぎが2匹いると、どんどん子供が生まれてクラッシュするまで増える。
  • 最後に加えられた単語はlowrider(低車高のアメ車で油圧ポンプでぎっこんばったんするアレ)、5TH Cellお気に入りの一つ。
  • 全てのオブジェクトの呼び出しと削除が可能なスライドショーの様な一覧があった。
  • 銃の弾薬は当初無制限だったが、ゲームバランスのために3発に変更された。
  • サンタを二人呼び出すと互いにプレゼントを渡しはじめ、最後には山の様なプレゼントでゲームがクラッシュ。
  • Wordsmithsと呼ばれる、ゲームに盛り込むオブジェクトを決めるための”言葉の達人”を集めたチームが存在した。
  • レベルロードの際、音楽トラックが見あたらない時は、ロバの鳴き声「ひーはー!」を最大ボリュームでループさせていた。
  • 戦車の弾からダメージを受けないバグがあり、弾に乗って”サーフィン”する事が可能だった。

うさぎとサンタさん……可愛すぎる。Scribblenautsのリリースを終えた5TH Cellの次回作はコンソールへと舞台を移すとされており、近々何らかの発表も行われると見られています。こちらも続報ありしだいお知らせいたします。

情報元:GameInformer
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.