未見のプレイシーンがたっぷりと収められた「Duke Nukem Forever」の過激な新トレーラーが公開

2011年4月22日 11:20 by katakori
sp

6月14日北米リリースの足音がじわじわと近づいてくる「Duke Nukem Forever」、遂に王の帰還が実現する予定ですが、相手はDuke Nukemとあってパッケージを手に取るまで予断は許されない状況となっています。

そんな本作の新トレーラーが登場、未見のプレイシーンをたっぷりと収録し、相変わらず近年のシュータータイトルには珍しい類のバリエーション豊かな戦闘の様子と共に、Duke NukemをDuke Nukemたらしめる過激で猥雑な要素も山盛りの見所満載な映像となっています。

マルチプレイヤーの続報がなかなか登場しないのが若干心配なDuke Nukem Foreverのリリースは北米で6月14日、それ以外の地域では6月10日の予定で、対応プラットフォームはPS3とXbox 360、PCとなっています。

情報元:GameInformer

PC用のモーションコントローラー「Razer Hydra」が6月に140ドルで発売、“Portal 2”を始め125タイトル以上に対応

2011年4月22日 11:03 by katakori
sp
「Razer Hydra」

昨年のCESにて発表され、今年1月に開催されたCESにて正式名称が「Razer Hydra」となったRazerのPC用モーションコントローラー、CES 2011ではHydraに対応した“Portal 2”デモンストレーションなども行われ大きな注目を集めました。

そんな“Razer Hydra”のリリースが遂に決定、今年6月に140ドルで発売されることが明らかになりました。これは前述のHydra版“Portal 2”を同梱した価格で、モーションコントロールに特化した新要素を特色とする6レベルの追加ステージが用意されています。

さらにリリース時には、CESのデモでも自在にMelee武器を振り回す様が見られたLeft 4 Dead 2への対応なども含め、Call of DutyやFallout、Assassin’s Creed、GTAといった大作シリーズからインディータイトルまで、125を超えるタイトルに対応しており、幾つかのプレイ映像なども既に公開されています。

磁気方式によって非常に高い精度を保っていると評価の高いRazer Hydra、開発ツールやゲーム以外での利用方法の充実にも期待したいところです。以下、Razer HydraによるCall of Duty: Black Opsのプレイ映像と、現在判明している122の対応タイトルリスト、商品の詳細な写真をご確認下さい。

(続きを読む…)

Cole Phelpsの昇進にスポット当てた「L.A. Noire」の新トレーラーが公開、美しい街並から人々の表情まで見所たっぷり!

2011年4月22日 10:26 by katakori
sp

遂に7月7日の日本語版リリースも決定したRockstar Gamesの最新作「L.A. Noire」、昨晩新たに主人公Cole Phelpsがロサンゼルス市警察内で昇進していくランキングシステムにスポットを当てた新しいゲームプレイトレーラーが公開されました。

映像は前述のランキングシステムを中心にした紹介と共に、圧倒的なクオリティで再現された1940年代ロサンゼルスの街並や文化、名所が映し出され、キャラクター達のあまりに自然なフェイシャルとモーションも併せて文字通りシネマティックなゲームプレイの様子が確認できます。

Rockstarの期待作”L.A. Noire”の海外リリースは北米が5月17日、ヨーロッパ地域は5月20日、日本語でのリリースは7月7日、対応プラットフォームはXbox 360とPS3となっています。

情報元:Rockstar Games

昨日の海外ゲームニュース注目トピックス(2011/4/22)

2011年4月22日 10:00 by katakori
sp
ダイナミックなステージやジャガーノートのプレイが確認できる「Twisted Metal」の新映像

インディータイトル達を襲った「Portal 2」のポテトARGはそれぞれのデベロッパ達によって自由に開発された

2011年4月21日 18:18 by katakori
sp

先日遂にリリースを果たした「Portal 2」、ローンチ前からのプロモーションや驚愕のARG展開までValveの本気が炸裂する内容でしたが、本編はその期待を軽く上回るサプライズと異常なクオリティに満ちたとんでもないタイトルに仕上がっていました。

そんな中、リリース前にデベロッパの枠を超えた展開でゲーマー達を驚かせたARGの開発について、AudiosurfのクリエーターDylan Fitterer氏が言及、各タイトルに用意されたPortal 2テーマのコンテンツは全てそれぞれのデベロッパによって開発されたものであることが明らかになりました。

今回の壮大な計画はValveのボスとしてお馴染みゲイブ自らが各デベロッパに依頼したもので、デベロッパの開発には無制限の自由と、Valveが所有する“Portal”IPへのアセットなどに対する様々なアクセスへの自由が与えられたとのこと。

なお、Audiosurfには上に掲載したGLaDOSテーマのキュートなトラックが用意され、最近では同時プレイ数が300前後に落ち着いていたAudiosurfが、今回のARGにより6000人規模まで膨れあがったと報告されています。

情報元:VG247

「Epic Mickey」の素晴らしい未発表アートワークが大量に登場、ハードカバーのアートブックも発売予定

2011年4月21日 17:49 by katakori
sp
「Epic Mickey」 エピックミッキー

ウォーレン・スペクター氏率いるJunction Pointが開発を手掛け、昨年11月26日にローンチを果たした「Epic Mickey」、ミッキーマウスと“しあわせうさぎのオズワルド”の歴史的な邂逅を描いた非常に重要なタイトルとして知られる大作アドベンチャーです。

本作はウォーレン・スペクター氏のタイトルらしいノンリニアなゲーム性を大きな特徴としつつ、同時にミッキーの公式なリデザインというデザイン面でも強烈なチャレンジに取り組んでおり、これまでにお知らせしてきた大量のアートワークや、デザインに関するウォーレン・スペクター氏の示唆に満ちた見解はいずれも素晴らしいもので、多くのファンの心を鷲づかみにしました。

そんなEpic Mickeyの未発表アートワークがフランスの情報サイトに掲載、初期段階で構想が練られたものの実現されなかったミッキーのモラル選択による外見の変化や未登場キャラクター達の姿も確認できます。今回はこれらのアートワークをまとめてお届け、いずれもファンにはたまらないイメージ群となっています。

9月には「Epic Mickey」のハードカバーアートブックも刊行予定

ハイクオリティで大量のアートワークが存在することで知られるEpic Mickeyですが、詳細は不明ながら160ページに渡るハードカバーのアートブック「Disney: Art of Epic Mickey」が刊行予定となっています。

本書の執筆はEpic Mickeyのライターも務めたAustin Grossman氏が担当しており、ウォーレン・スペクター氏も寄稿しているそうで、スケッチやコンセプトアート、最終イメージなど大量のアートワークが収められているとのこと。

という事で、新たに発見された大量のアートワークは以下からご確認下さい。

「Epic Mickey」
「Epic Mickey」

(続きを読む…)

4年ぶりに復活するストラテジータイトル「Might & Magic Heroes VI」のリリースが9月8日に延期

2011年4月21日 17:15 by katakori
sp
「Might & Magic Heroes VI」 マイト アンド マジック

King’s Bountyシリーズと並ぶ代表的なターンベースのファンタジーストラテジーとして知られる“Heroes of Might & Magic”シリーズの最新作「Might & Magic Heroes VI」のリリースが6月から9月8日に延期されたことが明らかになりました。なお、延期の理由は明らかにされていません。

今作の開発はWarhammerのファンタジーRTSタイトル“Warhammer: Mark of Chaos”を手掛けたBlack Hole Entertainmentが担当しており、RPGのMight & Magicシリーズ本編を含め、度々ゲームの舞台が刷新される同シリーズですが、VIでは前作VのAshenを舞台にVから400年前の物語が描かれることが明らかになっています。

情報元:GameInformer

「Battlefield 3」の予約特典に“Battlefield Play4Free”用アイテムが同梱、Patrick Bach氏はデモの登場も明言

2011年4月21日 16:56 by katakori
sp
「Battlefield 3」 バトルフィールド 3

先日驚愕の12分トレーラーが公開されたDICEのシリーズ最新作「Battlefield 3」ですが、新たに本作の予約特典が判明し、今月4日からサービスが開始された基本無料プレイタイトル“Battlefield Play4Free”のインゲームアイテムが同梱されることが明らかになりました。

この特典に含まれるのはアバター用のベレー帽とBattlefield 3エディションのショットガン“レミントンM870”となっています。昨今のメジャータイトルに見られるプレオーダー合戦からするといささかパンチの弱い内容だと感じられますが、海外ではこれが今後登場する様々なBattlefield 3用プレオーダー特典の始まりなのではないかとの見解が有力視されています。

プロデューサーのPatrick Bach氏が製品ローンチ前のデモリリースを明言

さらにMS Xbox Worldのインタビューに登場したBattlefield 3のプロデューサーを務めるPatrick Bach氏が、リリース前にデモの登場はあるか?との質問に対して「Yes!」とだけ回答。プラットフォームや時期などの詳細については一切明らかになっていませんが、ベータテストの開催などに関する続報と共に期待が高まるところです。

「Just Dance 2」のラビッツDLCは4月30日まで無料!

2011年4月21日 16:22 by katakori
sp

先日5歳の誕生日を迎えたラビッツが「Just Dance 2」にDLCとして乱入したとお伝えしましたが、本日価格等の詳細が判明、4月20日~30日までの期間はシリーズ誕生5周年を祝い、無料で提供されることが明らかになりました。なお30日以降は300Wiiポイントで利用可能とのこと。

今後もUbisoftタイトルへの侵略が行われるか、今後の動向が楽しみ!です。

情報元:VG247

初代の前日譚が描かれ16人キャンペーンCo-opプレイ可能な「Serious Sam 3: BFE」の新スクリーンショットが公開

2011年4月21日 16:16 by katakori
sp
「Serious Sam 3: BFE」 シリアスサム 3

今年の2月末に新しいスクリーンショットと共に発表されたSerious Samシリーズ最新作「Serious Sam 3: BFE」、発表ではキャンペーンが16人でCo-opプレイ可能という突き抜けた事態が明らかになり、さすがSerious Sam!と言わんばかりの内容でゲーマー達の度肝を抜きました。

そんなSerious Sam 3: BFEの開発を進めているCroteamのボスRoman Ribaric氏がGameSpotのインタビューに応じ、4枚のスクリーンショットと共に以下の様な新情報が判明しました。なお、コンソール版に関する言及も見られますが、現在のところ対応プラットフォームについてはまだ明かされていません。(※ 事前情報からXbox 360版の開発が進められていることが判明していますが、PS3については不明で、当記事では仮のカテゴリを設定してあります)

  • 近接攻撃が大幅に拡張
  • バージョンアップされたSerious Engine 3を利用
  • 16人Co-opはPC版のみの要素
  • しかしコンソール版のCo-op対応人数は昨今の著名なミリタリーシューターよりも多い
  • Co-opモードに加えて、Serious Sam HDで導入されたCapture the FlagやLast Team Standing、My Burdennといったモードが登場
  • リリースは2011年末の予定
「Serious Sam 3: BFE」
「Serious Sam 3: BFE」
「Serious Sam 3: BFE」
情報元及びイメージ:GameSpot

「The Elder Scrolls V: Skyrim」のレベルキャップに関する詳細が判明

2011年4月21日 15:33 by katakori
sp
「The Elder Scrolls V: Skyrim」 エルダースクロールズ スカイリム

昨日はユーザーMODのコンソール対応への言及がなされ注目を集めたBethesdaのTESシリーズ最新作「The Elder Scrolls V: Skyrim」ですが、本日新たに今作のレベルキャップに関する詳細が明らかになりました。

これまでに登場した雑誌インタビューや事前情報では、Skyrimのソフトキャップは50程度で、その後は非常に成長が緩やかになるとだけ語られていましたが、先日ユタ州で行われたBethesdaのショーケースイベントにてEurogamerがディレクターを務めるTodd Howard氏に確認したところ、The Elder Scrolls V: Skyrimは“レベル1~50”のゲームだと改めて発言、50がソフトキャップだと述べ、最終的なレベルキャップは70前後になるだろうと語りました。

Howard氏は比較対象としてOblivionとFallout 3が“レベル1~25”のゲームだと説明し、新たな舞台となるSkyrimが前作Oblivionと同程度の広さでありながら、レベル上昇により困難になるゲームプレイがゲーム全体を前作よりも大きく感じさせると説明しています。

さらにHoward氏は、以前にもお知らせしたダンジョン専門の開発者を8名程に増員したとアピール(※ Oblivionのダンジョンデザインは1人のスタッフが行った)、コピペ感の無いバリエーション豊かな120のダンジョンが存在し、屋外にも100近い興味深いポイントが用意されていると前作を超えて充実するコンテンツのボリュームを明らかにしています。

情報元:Eurogamer

「Diablo III」ベータテストの詳細が5月9日に開催されるQ1会計報告で発表か

2011年4月21日 15:12 by katakori
sp
「Diablo III」 ディアブロ III

6月のE3を皮切りに今年も始まる各種巨大ゲームイベントにてリリーススケジュールやベータテストに関する続報の登場に期待が集まるBlizzardの新作「Diablo III」ですが、5月9日に開催されるActivision BlizzardのQ1会計報告を行うカンファレンスコールにてDiablo IIIのベータテストに関する新情報が明らかになると注目を集めています。

これは2010年第4四半期のカンファレンスコールにてBlizzardのCEOを務めるMike Morhaime氏が予告していたもので、Morhaime氏は2月9日のQ4報告にてDiablo IIIの開発が上手く進んでいるとアピールし、次回の会計報告にてDiablo IIIの来るベータテストに関する幾つかの新情報を共有できることを楽しみにしていると発言しています。

先日から靴屋など新Artisanに関する情報がちらほらと明らかになっており、新ビルドの動きが活性化している模様で、いよいよ具体的なリリースへの足がかりが見られるようになるか、続報に期待!です。

情報元:Gamersbook

スペースシムの名作Xシリーズの再生を図る最新作「X Rebirth」が発表、ゲームシステムをゼロから刷新

2011年4月21日 12:28 by katakori
sp

1999年にリリースされたX: Beyond the Frontierを皮切りに、宇宙を舞台にした戦闘や商売が楽しめるスペーストレーディングとコンバットシミュレーターの名作“Xシリーズ”にフランチャイズを刷新する新作「X Rebirth」が発表されました。

開発はシリーズタイトルを手掛けてきたEgosoftが進めており、これまでのゲームプレイやコントロールシステムからUIに至るまで、ゼロからリデザインされ、Xユニバースの新しいスタートが明言されています。

今作は若い冒険家が主人公で、危機が迫るXユニバースの宇宙を舞台に、女性の仲間とおんぼろ宇宙船1つで冒険が始まることが明らかにされています。

ゲームはキャラクタードリブンな内容に変更され、速い移動が可能な新しい交通システムや、さらに巨大化されたX宇宙、敷居の低い容易な学習とマスターが困難なゲームバランスなど、多くの改善がもたらされるとのこと。

スペースオペラ好きにはたまらない新作となりそうなX Rebirth、対応プラットフォームはPCで、リリースは2011年Q4の予定となっています。

「X Rebirth」
「X Rebirth」
情報元及びイメージ:VG247

「The Witcher 2: Assassins of Kings」の新映像と生産システムが確認できるイメージが公開、DRMに関する情報も

2011年4月21日 11:58 by katakori
sp
IGNが本日公開したビデオプレビュー

日本語対応も決まりリリースに期待が高まる期待のファンタジーRPG「The Witcher 2: Assassins of Kings」に新しいプレビュー映像とデベロッパーズダイアリーが登場しました。共に先日のプレスカンファレンスで見られた新しいActの映像が含まれており、見所満載のゲームプレイがたっぷりと収められています。

こちらは第5弾となるデベロッパーズダイアリー映像

アイテムクラフトの1シーンを含むUI画面が登場

「The Witcher 2」

(続きを読む…)

続報:コンソール版「Alice: Madness Returns」に前作“American McGee’s Alice”の同梱をEAが発表、単体販売も

2011年4月21日 11:05 by katakori
sp
「Alice: Madness Returns」 アリス マッドネスリターンズ

昨日「Alice: Madness Returns」にコンソールではリリースされていない前作“American McGee’s Alice”のダウンロードコードが同梱されると語ったAmerican McGee氏の発言をお知らせしましたが、本日EAがこれを正式に認め、“American McGee’s Alice”がダウンロードタイトルとしても別途登場することが明らかになりました。

これはPCとMacしかリリースされていなかった“American McGee’s Alice”がコンソール向けにリメイクされたことを意味しており、11年振りの新作Alice: Madness Returnsでファンになった方にはとても嬉しいサプライズだと言えます。なお、“American McGee’s Alice”単体でのリリースは6月14日、PSNとXbox Liveにて行われ、価格は9.99ドル/800MSPとなっています。

情報元:VG247

「Mass Effect 3」のスクリーンショットが遂に公開、さらに情報誌から幾つかの新情報も判明

2011年4月21日 10:48 by katakori
sp
「Mass Effect 3」 マスエフェクト 3

いよいよ具体的な情報が出始めた「Mass Effect 3」、トリロジーの終わりに向けて盛り上がるカタストロフに期待が高まる本作ですが、昨晩Game Informerが遂に初のスクリーンショットを2点公開、さらにスペインのゲーム情報誌からいくつかの新情報が明らかになっています。

なお、ご紹介する新情報については若干のネタばれと、誤りが含まれる場合がありますので、閲覧には十分にご注意下さい。

「Mass Effect 3」

(続きを読む…)

昨日の海外ゲームニュース注目トピックス(2011/4/21)

2011年4月21日 10:09 by katakori
sp
「Portal 2」内に用意された映画“Super 8”のインタラクティブティザー

「The Elder Scrolls V: Skyrim」のユーザーMODをコンソールでも利用できる手段をBethesdaが検討中

2011年4月20日 19:08 by katakori
sp
「The Elder Scrolls V: Skyrim」 エルダースクロールズ スカイリム

Bethesdaが開発を進めているTESシリーズ最新作「The Elder Scrolls V: Skyrim」、エンジンも一新し、多彩な要素と多くの改善をもたらす今年登場する大作RPGの超本命として大きな期待を集めています。

コンソール対応に特化しつつ独創的な新機能を多く盛り込んだ新エンジン“Creation Engine”の登場により、プラットフォーム間に大きな差のないプレイ性を実現することがBethesdaにより何度も明言されていますが、Bethesdaの看板タイトルであるTESシリーズと新Falloutシリーズの大きな特徴としてPC版で利用可能なユーザーMODの存在が挙げられます。

これらMODには武器や装備を追加したりテクスチャの差し替えを始め、中にはゲーム性そのものを大きく根底からオーバーホールするような大型MODも存在しており、幅広いゲーム性と長期的なプレイが楽しめるようになっています。

来るThe Elder Scrolls V: SkyrimでもPC向けのMODツールがリリースされることが明らかになっていますが、先日ユタ州で行われたBethesdaのプレスイベント会場にてTodd Howard氏がユーザー作成MODをコンソールでも利用出来る方法を模索していると明言しました。

Howard氏はまだこれを実現する手段は持ち合わせていないと打ち明けながらも、既にMicrosoftとSonyに実現の可能性について打診を行ったと述べ、ある日突然これが実現する可能性も残されていると語っています。

さらに氏は、Bethesda自身がこれを強く希望していることを強調しており、Bethesdaタイトルプレイヤーの90%を占めるコンソールのオーディエンスに是非とも提供したいと語っています。

クロスプラットフォームのユーザーMODについてはValveが既に“Portal 2”での実現を果たしており、技術的には可能であることが明らかになっています。Bethesdaもこれに続くことが出来るか、今後の奮闘に期待したいところです。

情報元:Edge
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.